人気俳優菅田将暉さん主演のドラマ「3年A組 今から皆さんは、人質です」が注目です。

2019年1月6日からの放送で、楽しみにしている人も多いのではないでしょうか?

 

今回ドラマには、ヒロインとして永野芽郁さんが登場します。

NHKの朝の連続テレビ小説「半分、青い」を経験し女優としてステップアップした印象の強い永野芽郁さん。

「3年A組今から皆さんは人質です」ではどのような役を演じるのかまとめていきます。

スポンサードリンク




 

「3年A組今から皆さんは人質です」永野芽郁が演じる「茅野さくら」ってどんな役?

ドラマで永野芽郁さんはヒロインとして登場します。役名は茅野(かやの)さくらです。

菅田将暉さん演じる3年A組の担任教師・柊一颯(ひいらぎいぶき)の生徒役としての登場です。

 

茅野さくらは3年A組の学級委員です。

ドラマは3年A組の担任教師柊が、「今から皆さんには、人質になってもらいます」と生徒たちを教室に監禁。

 

「これから、俺の最後の授業を始める」

柊は数か月前に3年A組のある生徒が自殺した理由を、生徒たちに答えるように求めます。

最後の授業とは、数か月前に亡くなった学園のスター生徒の死について。

 

そして、午後8時までその答えを告げる事。そして、その理由が外れた場合はだれか一人に死んでもらうとも・・・

 

かなり驚愕の展開なわけですが、第一話からいきなりこんな感じです。

 

永野芽郁さん演じる茅野さくらは、学級委員としてクラス代表回答者となったのです。

 

スポンサードリンク




「3年A組今から皆さんは人質です」永野芽郁が演じる「茅野さくら」のキャラは?

 

茅野さくらは、学生が命を絶った理由を探すため生徒側でいろいろと奔走しそうですね。

彼女はどんなキャラクターなのでしょうか?

 

 

 

事前情報によれば

 

本心を隠し、常に空気を読んで行動するタイプ。そのため高校生活“満足度0%”の学級委員。

一つの事件によって心を閉ざしてしまった。

 

と言う事です。

 

私事ではありますが、永野芽郁さんというと、「半分、青い」で演じた主人公・楡野鈴愛の印象が強烈に残っています。。。

多分「半分、青い」を見ていた人ならば、共感いただける人もいるのではないでしょうか?

 

これも個人的な意見ですが、永野芽郁さんは「半分、青い」が終わった後、次のクールのドラマに出ませんでした。

普通だったら、朝ドラで全国区になったので、その勢いで連ドラに出演するのが良いのかと思いました。

 

しかし、実際はそうではありませんでした。

 

もう理由は一つで楡野鈴愛のキャラクターが強烈すぎる事だと思いますw

 

博多大吉が言ってましたけど、

「永野さんと楡野鈴愛の性格が違っていて良かった」

もうかなり強力でしたからね。

 

私なんかは、「半分、青い」全部見たので。UQのCM見てても、永野芽郁さんが楡野鈴愛にしか見えませんでした。

 

まあ「朝ドラ」は半年間ほぼ毎日見るわけで、それくらい印象が残っちゃうと言う事ですね。

 

茅野さくらは自由奔放な楡野鈴愛と違い、周囲の空気を読んで、自分を出さない女の子。

学級委員になる子って、真面目な子か、リーダーシップのある子のどちらかが多いと思うんですけど、前者の方ですね。

 

間違っても「うぎょぎょ!」とか言わなさそうなので、その点はご安心くださいw

 

「3年A組今から皆さんは人質です」永野芽郁さんのコメントは?

今回の出演にあたり、永野芽郁さんは以下のようにコメントしています。

 

「今回、演じる役柄は、私の『素』の部分とは大きく違い、内向的な性格です」

「今回は菅田さんが演じられる先生がどんな風になるのか想像もできないので、撮影がとても楽しみです」

シネマカフェより引用

 

茅野さくらの内向的な性格にもコメントしていますね。

菅田将暉さんとの化学反応は本人にとっても、永野さんにとっても楽しみな感じです。

 

「若い世代の方には今の自分と重ねながら見れる物語だと思いますし、それ以外の世代の方には、過去を思い返して、自分がなぜこの立場にいるのかなどを考えさせられるような物語だと思います。見る方それぞれに違ったメッセージを届けられるドラマになると思いますので、楽しみにしていてください」

シネマカフェより引用

 

ミステリー要素の高いテーマですが、なかなか深く楽しめそうです。

女優として永野芽郁さんがどんな演技をするか期待したいですね!