菅田将暉さん主演のドラマ「3年A組 今から皆さんは人質です」の第1話が放送されました。

生徒が人質になっていく流れと、菅田将暉さん、永野芽郁さんの迫真の演技に引き込まれる人は多いのではないでしょうか?

柊先生はミステリアスさ満点ですね。

 

1話の最後では、ベッドの上に座る謎の女性、初老の男性が登場しました。

この2人はいったい誰なんだー!気になった人は多いのではないでしょうか?

本記事では、謎の女性に関して書いていきます。

スポンサードリンク



ドラマ「3年A組」謎の女性とは?

 

3年A組第1話の最後に出てきた女性が相楽文香とその父相楽孝彦。

この相楽文香がドラマ第1話の終わりに出てきた、何か病んでいるような、不思議な雰囲気を漂わせる女性です。演じる役者さんは土村芳さん。

ドラマの相関図を見ると、相楽文香は”元咲宮高校教師”との紹介になっています。3年A組は柊一颯(菅田将暉)が着任する前は、別の教師が担任をしていたとありましたね。相楽文香は”元咲宮高校の教師”ではありますが、現時点では、3年A組の担任だったのかどうかまではわかっていません。

 

素直に普通に考えれば、相良文香が元3年A組の担任教師であると予想ができます。まあ極めて安直ではありますが・・・

 

3年A組の元担任教師は、「景山澪奈の自殺」によって学校から去っています。ドラマでは、相楽文香がベッドに座るシーンが、なんだか放心状態にも思え心を病んでしまったことを想像させます。

 

 

 

そう考えると、

景山澪奈の件⇒心を病む⇒咲宮高校を辞めた

という一連の流れが想像できます。

 

この相楽文香は、柊一颯と実は密接に関わっているので、ドラマの今後の展開としては非常に重要な役割を担います。

2人の関係性の根拠となる話をこれから紹介していきます。

 

スポンサードリンク



ドラマ「3年A組」謎の女性と柊一颯の関係は?彼女?

 

相楽文香と柊一颯。2人は3年A組の”元担任”(だったとして)”現担任”という関係性がありますが、それだけではありません。まあそれだけだったら脇役の一人と言う感じですよね。

2人の関係性を示す二つの証拠があります。

 

文香の父・相楽孝彦の発言

ドラマ「3年A組」のプロモーションビデオの中で、相楽孝彦が柊一颯に対して以下のように発言しています。

 

「あの男は恐ろしい人間ですよ」

 

上記動画の30秒くらいから、孝彦が一言語ります。

このシーンから、相楽孝彦は柊一颯を知っていると言う事がわかります。

しかも「恐ろしい男」と言うくらいですから、柊に関してはある程度以上の関係が無いとこういった発言出てきませんよね。

キャスト紹介のなかでは、相楽孝彦はあくまで「文香の父」という紹介だけで、詳細は謎のままです。

 

柊一颯のスマホ待ち受けが相楽文香

柊一颯のスマホの待ち受けが相楽文香になっています。

 

この点は二人の関係性を考えるうえで重要なヒントになると思います。

普通ただの同僚や知り合いをわざわざスマホの待ち受けにはしないですよね。スマホの待ち受けになっていると言う事は、普通に考えると彼女。そうでなければストーカーのような危ない人です。

 

私は普通に、そして安直に柊の彼女だと思いました。元カノですかね。

彼女の父親だからこそ、相楽孝彦は柊一颯の事を知っているのだとすれば、合点が行くと思いますね。

スポンサードリンク



 

ドラマ「3年A組」は謎の女性(彼女)をやられてしまった柊の復讐劇??

謎の女性、相楽文香は柊一颯の彼女である。

それを前提に考えると、3年A組の生徒を人質として監禁する柊の見方も変わってきます。

 

表向きは、亡くなってしまった澪奈の原因をクラスメートに考えさせるというもの。

しかし、その裏には澪奈の件によって壊れてしまった(であろう)文香の存在があるわけです。

 

文香を壊してしまったのは、澪奈を追い込んだ3年A組の生徒。

3年A組は柊に向かってくる悪ガキが多いので、文香も担任いじめにあっていた可能性も否定できません。

 

柊にとって文香が愛する女性であったならば、文香を追い込んだ3年A組に対する復讐というストーリーも筋が通ると思います。

 

一話で美人教師森崎先生(堀田茜:演)の誘いを断るのも、文香を思い続けているから、と想像してしまいます。

 

・関連記事

「3年A組」ロケ地・撮影場所・目撃情報