日本テレビ系ドラマ「白衣の戦士!」が2019年4月から放送されます!

主演は人気の中条あやみさんと演技派女優の水川あさみさん。

医療ドラマではありますが「ナースコメディ」と言う事で、前クールの同じ時間枠だった「家売るオンナの逆襲」の後にぴったりの作品ではないでしょうか?

本記事では、「白衣の戦士!」のドラマ脚本家、並びに原作に関して書いていきます。

どちらもドラマの重要な部分なので気になるところですね。

スポンサードリンク



「白衣の戦士!」ドラマの脚本家は?

今回ドラマ「白衣の戦士!」の脚本を手掛けるのは梅田みかさんです。

簡単にプロフィールを紹介します。

 

・プロフィール

名前  :梅田みか

生年月日:1965年2月1日

出身  :東京都

 

 

梅田みかさんは、お父さんが脚本家の梅田晴夫さん、お母さんが元映画女優です。まさに脚本家になるべくして生まれてきたと言ってもいいんじゃないでしょうか。

 

しかし、いきなり脚本家になった訳ではなく、慶応義塾大学を卒業後、日本実業出版社に就職します。

その後、本郷純二さん(フジテレビゼネラルプロデューサー)の勧めもあって、ラジオの構成作家となります。ここから執筆活動がスタートしました。

 

1994年には「恋はどんなものかしら」で脚本家デビューを果たします。

また、作家(いわゆるエッセイスト)としての執筆活動も行い、1998年には「愛人の掟」がベストセラーとなります。

作家としては、恋愛もののエッセイを主に執筆しています。これらは、主に実体験に基づいたものです。

 

ドラマの代表作は、

「CAとお呼びっ!」(2006年 日本テレビ)

「花咲舞が黙っていない」(2014年2015年 日本テレビ)

「37.5℃の涙」(2015年 TBS)

「正義のセ」(2018年 日本テレビ)

などがあります。

 

 

他にも古い作品では、財前直見さん主演の「お水の花道」なども。

懐かしいですねー

 

スポンサードリンク



「白衣の戦士!」ドラマの原作はあるの?

テレビドラマはコミック(漫画)や小説なども多いですね。

前クール(2019年冬)で放送された、「トレース~科捜研科捜研の男~」や「後妻業」は原作をもとに作成したドラマです。

 

今回の「白衣の戦士!」は原作はあるのでしょうか?

「白衣の戦士!」はオリジナル作品です。

 

そのため、いわゆる小説などの原作は無いのですが、しいて言うならば脚本家の梅田みかさんが原作者ということになります。

 

梅田みかさんは恋愛の大家というイメージあり、恋愛物が得意な印象です。
実際に、水川あさみさん演じる三原夏美などは設定が面白いと思います。

 
34歳のベテランナース。見た目のサバサバ感とは裏腹に、実際は彼氏に甘えたい恋愛体質。結婚したくて婚活に励むも上手くいかず・・・

キャラクター設定がリアルだし、見た目と中身が違っている人もいるので、三原夏美がどのように動くのかとても楽しみにしています。

 

これまでも梅田みかさんは様々な作品を手掛けているので、「白衣の戦士!」もきっと面白いのではないでしょうか?

 

彼女のエッセンスが、キャラクターに入って、名作になればよいと思います。

「白衣の戦士!」は原作はありませんが、ベテラン脚本家の梅田みかさんが起用されており、期待が持てるのではないでしょうか?

 
・関連記事

「白衣の戦士!」ドラマの注目キャストを紹介!

スポンサードリンク