新垣結衣さん、松田龍平さん主演のドラマ「獣になれない私たち(けもなれ)」

豪華キャストの出演もありとっても話題ですね。

第5話が放送されましたが、いよいよ「橘カイジ」の正体が明らかになりそうです。

5話を見ていて、橘カイジが誰なのか?とても気になりました!

橘カイジがいったい誰なのか、考えてみました。

スポンサードリンク
 




獣になれない私たち(けもなれ)橘カイジは誰だ?

主人公の深海晶(新垣結衣:演)、根元恒星(松田龍平:演)の2人の関係がなかなか進まず、やきもきする、獣になれない私たちw。

そんな中、橘カイジの正体もドラマ視聴者にとっては誰だ誰だと気になってしまう内容です。

4話から橘カイジの存在をちらつかせ、5話で盛り上がらせた感があります。

 

 

橘カイジは恒星の元カノでもある、橘呉羽(菊地凛子:演)の婚約者ということで、ドラマに登場しています。

公式サイトの「相関図」にもその名前が出ています。もちろん、キャスト情報は無いのですけど。

5話では恒星と晶のキスに興奮した人も多いでしょうが、この橘カイジについて気になっている人も大多数いるでしょう。私もその一人です。

その橘カイジですが、二つ説があると思います。

一つは私は「佐久間久作」(近藤公園:演)説。
もう一つは「上野発」説です。

そう思った理由を書いていきますね。

獣になれない私たち(けもなれ)橘カイジが佐久間の説

橘カイジは、朱里がいつもやっているゲームの中にクリエイターの名前として登場しています。

つまりは、プログラミングに強い、またはその手のシステムをデザインできる人物である可能性が高いです。

実際佐久間は、晶の勤める会社「ツクモ・クリエイト・ジャパン」のSEリーダーですね。

SEであれば、プログラミングの知識もありますし、リーダーなので、リソースを活用してプロジェクトを動かすスキルを持っています。その点に置いて合格です。

 

まだそれだけでは、佐久間が橘カイジである推測としては弱いです。そこで二つ目の理由なのですが、佐久間が転職する事です。

5話の終わりでは「Welcome to new World」とディスプレイに表示され終わっています。

これが佐久間の転職=新しい世界

と言えるのではないかと思っています。

現にそのように考えている方も他にもいるようですね。あながちハズレではないかなーなんて考えています。

もう一つの説もあるので、こちらも書いていきます。

スポンサードリンク



獣になれない私たち(けもなれ)橘カイジが上野の説

もう一つの説は、「ツクモ・クリエイト・ジャパン」新人営業上野発(犬養貴丈:演)が橘カイジであるというもの。

以下のツイートがありました。

「たちばなかいじ」と検索すると、上野くんのツイッターアカウントにリンクするようです。

これを見つけた方がいました!

ちょっとこれって鳥肌が立ちましたよ・・・・

番組公式で仕組んでいたことだったら・・・・・

うわー真実が気になります!!

スポンサードリンク



獣になれない私たち(けもなれ)橘カイジはだれだ!

というわけで橘カイジが誰なのか予想してきました。

もちろん、新たなキャストが登場する可能性もありますが。

「え、この人が橘カイジだったの!!!」

ってなった方が盛り上がりますよね。

という訳で佐久間さんか上野くんが怪しいかなって思います。

正解は6話までお預け・・・ですかねw

 

・関連記事

けもなれ5話の感想!