ドラマ「重要参考人探偵」第7話のあらすじと感想を書いていきます!

ドロドロの四角関係の末に、嫉妬に狂わされた男と女の哀しい物語は、圭が「消えた死体」のトリ
ックを暴いたことで幕を閉じた。

圭がはじめて死体の第一発見者となった20年前のある事件を調べるために、果林は登の指示で石長島に向かうことに。
それと時を同じくして、圭、斎、シモンの3人も運命に導かれるように石長島へ・・・

新たな殺人事件とともに、重要参考人になってしまう男の過去が、いま明かされようとしていた。

【ドラマ「重要参考人探偵」第7話のあらすじ】

温泉旅館のホームページ写真撮影のために、石長島を訪れることになったモデルの圭(玉森裕太)、
斎(小山慶一郎)、シモン(古川雄輝)の3人。
旅館に向かう途中、圭は「俺、この島に来たことがある気がする・・・」と不思議な感覚を覚える。

3人が旅館に到着すると女将の田崎(伊藤かずえ)と番頭の佐久間(モト冬樹)が出迎えてくれた。
田崎から撮影のために一流の撮影スタッフを呼び寄せたことを聞かされ、カメラマンの高江(斉藤
陽一郎)、そのアシスタントの清見(瀬戸利樹)、スタイリストの鍋島(岩佐真悠子)を紹介される。

圭は先ほど感じた不思議な感覚の謎を解くため、思い切って歴史のある旅館の女将・田崎に「俺の
こと知っていますか?」と訊いてみた。
すると田崎は圭の名前を聞いた途端、驚いたような顔を一瞬見せ、番頭の佐久間と顔を見合わせる
と「存じ上げないです」とはぐらかされてしまうのであった。

やがて撮影が始まると、カメラマンの高江はアシスタントの清見を怒鳴りながらこき使う。
その様子を見ていた斎は「カメラマンてどうして弟子に厳しいのかね~」とつぶやき、隣にいたシ
モンも「愛のムチだよ、きっと」と2人の関係性を目の当たりにし、何とも複雑な表情を見せる。

どうやら高江は風邪気味のようで、撮影中から咳き込んだり苦しそうにしていたが、清見からは飴
を、鍋島からは生姜湯をもらい、撮影は順調に進んでいった。

そんな中、女将の田崎から「ここの源泉には不思議な霊力が秘められており、心美しき者の万病を
消し去るが、心悪しき者には死が訪れる」という言い伝えがあることを聞かされ、一同はせっかく
なので飲んでみることに。

圭は親切心で全員分の湯呑みを隣の部屋まで取りに行く。
源泉を湯呑みに注ぎ、それぞれが飲み干し部屋を出て行こうとしたそのときだった。
1人その場で佇んでいた高江に圭が気がつき、声をかけようとすると高江はなんと突然の吐血。
そのまま息絶えてしまい、またしても圭は死体の第一発見者になってしまったのだった。

斎は「お湯を注ぐ前に何者かが高江の湯呑みだけに毒を仕込んだんだ!」と、意図的に毒を高江に
飲ませた殺人事件だと言い放つ。
それは珍しく冴え渡る斎の推理だったのだが、湯呑みを用意したのが圭であったために、圭が毒を
仕込んだ犯人だと却って疑われる結果に・・・

圭は「元々知り合いだった清見や鍋島のほうが怪しい、俺には殺す理由がない」と主張するが、一
同が危険人物だと不安がっていたため、警察が来るまで小屋で1人隔離されることとなった。

その頃、警視庁本部では警視総監の吉倉(松平健)が捜査一課長である古仙(西岡徳馬)に「(圭の)記
憶が戻ったのか?」と何やら意味深な会話を繰り広げていた。

一方、20年前の石長島で圭が最初の死体を発見した事件の聞き込みをしていた果林(新木優子)。
しかし、島民たちは皆一様に口を閉ざす。
そこへ登(豊原功補)から圭たちが仕事で石長島に来ているという連絡が入り、殺人事件の捜査のた
めに急いで温泉旅館へと向かった。

隔離されていた圭は小屋の中で、偶然にも20年前の事件の記事が貼られたスクラップブックを発
見する。
圭が食い入るようにその記事を眺めていると、小屋の鍵が開き果林が話があると入ってきた。

果林から「圭、本当に忘れているの?」と問われ、昔この島に圭がいたこと、20年前の殺害事件
の第一発見者になっていることを告げられる。

すると圭は突然小屋を飛び出し、島中を駆けずり回りながら20年前の事件現場へと辿り着く。
圭の失われていた記憶が完全によみがえった瞬間だった。
一番最初にこの島で発見した死体こそ、警察官であった圭の父親だったのである。

圭は親父が何で殺されなきゃならなかったのか真相が知りたいと、未解決のこの事件を調べようと
するが、その前に高江を殺した犯人を見つけないと自分自身がヤバいことを思い出す。
斎の推理、シモンの聞き込みなどにより、圭の父親と女将・田崎の父親に重要なつながりがあった
ことを突き止めた。

はたして今回の事件と20年前の事件をつなぐものは?警察内部の黒塗りされた資料の真実とは?
記憶を取り戻した圭が20年の時を経て、いま犯人を追い詰めようとしていた。

【ドラマ「重要参考人探偵」第7話の感想】

圭の記憶もよみがえり、事件も大詰めを迎えようとしています。
こんな大事な家族の記憶さえもなくしてしまうのですから、少年の頃に圭が心に負った傷は計り知
れませんね。

ここにきて斎の迷推理、シモンのフットワークの軽さが存分に発揮されていて、いいチームワーク
だな~とあらためて感じます。

これでこそ「重要参考人探偵」。

ですが、圭が追い詰めていると思ったら、やっぱり圭は追い詰められてしまうんですね(T_T)
松平健さんや西岡徳馬さんという睨まれたらチビってしまいそうな2人と、ヘタレっぽい玉森裕太
さんはやり合えるのでしょうかね~(笑)
まあ、そんな彼のキャラだからこそ、このドラマは面白いんでしょうけど・・・

【ドラマ「重要参考人探偵」まとめ&次回のみどころ】

以上、ドラマ「重要参考人探偵」第7話のあらすじと感想でした。

圭の父親がどんなトラブルに巻き込まれていたのかが、事件解決へのカギでしょうね。

次回は泣いても笑っても、捕まっても!? 最終回です。
未解決事件の謎もついに明かされるようです。

圭、斎、シモン、そして果林の勇姿に期待しましょう!