ドラマ「アシガール」ですが、早くも第5話を迎えました!

始めは全く若君に認知されなかった唯ですが、
第4話では「ふく姫」として、若君にかなりのインパクトを与えましたねw

続いて第5話ですが、「走れ、初デート」と言う事で、タイトルにもあるように更なる接近の予感・・・

しかし、その一方で第4話は羽木軍1000とその3倍の兵力を誇ろ高山軍3000が対峙するという展開で終わりました。

いろいろありそうな第5話ですが、話はどうなったのでしょうか!?

ドラマ「アシガール第5話」あらすじ

現代に戻った唯(黒島結菜)は戦局を好転させるために、弟の尊に新兵器の開発をお願いします。

学校へ戻った唯は、歴史に詳しい木村先生に当時の合戦の状況について相談します。

「あと500~1000のの兵がいれば、裏手にある立木山に待ち伏せして、本陣がわざと後を追わせて立木山に敵が入ったところを奇襲すれば勝てるかもしれない」

木村先生は独自の分析で、打開案を話しますが、
しかし、羽木の兵力は1000がいっぱいいっぱいでこの手の作戦は無理だと分かります。

一方で尊ですが、新兵器のために東京にサッカー観戦に行っていたとのことで、
これから1週間こもりきりになるから邪魔しないでと3人に話します。

そして、完成された武器は 幻の兵隊製造機「まぼ兵くん」です。
またまた独特なネーミングセンス。。

でんでん丸の電撃飛距離も伸ばしてもらい、唯は再び戦国時代へと向かうのです。

戦国時代へと戻った唯は、悪丸「まぼ兵くん」を渡して立木山に登るように言いました。

一方で若君忠清(健太郎)は敵に一騎で突撃しようとしていました。
そこへ唯之介が「立木山まで行って敵を返り討ちにする」と進言します。

その作戦にのった若君と唯はでんでん丸で敵を蹴散らしながら、
一気に立木山のへと登ります。

しかし、ここまで二人で奮戦するものの敵はすぐそばへと近づいていました。

その時、悪丸がまぼ兵くんのスイッチを押すと、そこにサッカー日本代表を応援する数万のサポーターの映像が広がりました。

尊がサッカーの試合を見にいっていたのはこのためでした。

高山軍はこの映像を羽木軍の援軍と勘違いし、数万の軍勢と恐れをなし一目散に逃げだします。

撤退する敵兵を見ながら、若君は唯々驚くばかりでしたが、勝利したと分かると皆で喜びました。

城に帰ると、天野信茂(イッセー尾形)が出てきて、今回の戦で活躍した唯をほめてくれました。

そして、お馬番の役割を命ぜられ、また一つ昇進するのでした。

ただ、このお馬番は、若君の馬の世話をする役だったのですが・・・

その日の夜、兄の羽木成之と如古坊は羽木が戦に勝利し、若君が命を落とさないことを悔しがっていました。

こんどこそ若君を亡き者にする手立てを考えろと如古坊に言います。

成之は、如古坊に操られていたのではなく、操っていたのでした。

唯が馬屋で若君の愛馬をしてると、若君がいきなりやってきて遠出について来いと言いました。

若君は馬、唯は走り、これで一緒に山まで向かう訳ですが、
流石はアシガール、脚が速いです。

この遠出は唯と若君の初デートでした。

その後二人で城まで帰ってきて、門の前で別れようとしたとき、

「ところで、唯之介、まだ腹は決まらぬか?」

と言います。

若君は知っていたのですね。

どぎまぎしてると信茂がやってきて唯は逃げ出しました。

そして、唯が馬屋で掃除をしてると、屋敷の片隅で何やら声が聞こえます。

如古坊と高山のものが何やら話をしていました。

「そのとおりじゃ。われら高山にぬかりはござらん」

「では今宵。吉田城にて忠清を」

二人はそそくさと歩いていきました。

唯は如古坊が何か企んでいると悟り、止めようと走り出しますが、如古坊腹を撃たれ気絶させれます。
連れ去られそうになりますが、間一髪、上役がやってきて、唯は助かります。

その日の夕方、若君は和議を結ぶために家来二人を連れて吉田城に向かいました。

唯が気がつくと、すでに夕方になっていました。

若君がすでに吉田城に向かったと聞いて、慌ててでんでん丸を持って走り出しました。

若君が危ない!!

唯が吉田城につくと唯は若君について知らされます。

待ち伏せに会い、矢を放たれ胸に突き刺さってしまったとの事でした。

若君の下に掛けつくと、医者や信茂が周りに居ました。

医者が言うには、容態はかなり厳しい模様です。

唯は決意します。若君を現代の母のもとに送り、若君を助けよう。

唯はそばにあった紙に尊矢母親宛の手紙を書いて忠清の胸の中に入れました。

そして、タイムマシンの起動スイッチの短刀を握らせて、引き抜かせました。

唯の顔を見ながら、若君は聞きました。

「お前はふくであろう。本当の名前は?」

「唯、速川唯です」

(⇒6話につづく)

ドラマ『アシガール』5話の感想

新兵器まぼ兵くん登場!

5話のハイライトはまずは羽木軍と高山軍の戦について。
1000対3000という劣勢を跳ね返すために、唯は弟の尊に新兵器の開発を頼んだわけでした。

そして出たのが「まぼ兵くん」

名前を聞いて、なんじゃこりゃ!と思う訳ですが、

悪丸が実際に使用して初めてその意味が分かるわけですね!

まぼろしの隊」だからまぼ兵くんですね

実際に出てきた映像では、サッカー日本代表のサポーターの大声援でした!

ちょっとこれには笑いましたねw

戦国時代に現代のサッカー日本代表サポーターというミスマッチ感が好きです。
この映像はなかなか見れないです。

サポーターの熱い声援が功を奏し、
見事に高山軍は撤退!和議を結ぶことに成功します。

尊よくやった!という感じでした。

そして、立木山まで、唯と若君が突撃するシーン、
ここはエキストラの関係か、地図上での移動だけでしたね・・・

唯と若君の初デート

唯は戦での戦果を認められ、唯はお馬周りへと昇進します。

言葉を聞いてパッとイメージしたのが、馬を引くお役目。

これで若君と一緒に入れると、私も唯も思ったところでしたが、なんと馬の世話係w

笑わせてくれますね!

そして、若君から遠出の誘いを受け、一緒に山へ出かけるわけです。

道中土手で和菓子を一緒に食べるなど、いい感じの2人。

若君 馬
唯 走り

というここもまたミスマッチ感はありますが、初デートは順調そう。

城へ戻ってきた時の若君のセリフが刺さりました!

「ところで、唯之介、まだ腹は決まらぬか?」

若君知ってたのね。

やっぱり「大牧場はみどり」が効いていたのか、印象が強く残っていたようですw

若君クラスの家柄もよくカッコいい若殿様は、恐らく美人に慣れているのでしょう。

そのため、かえって唯くらいパンチが効いた女子の方がかえって新鮮なのだと思いますね!

しかし、若君がどんどんカッコよくなっていきます。

回を追うごとに健太郎さんの若君は素敵になっていきますね。

兄成之がどんどん悪くなっている

第4話で大分本性の出てきた、兄羽木成之。

これまで如古坊が焚きつけていたのかとも思いましたが、
どうやら成之が如古坊を操っていたようですね。

顔もだんだん悪くなってきましたw

ついに若君暗殺を企てます。

育ちのいい若君とまさに正反対になってきました。

この辺は松下優也さんがうまく演じていると思いますね。

もちろんカッコイイですけどね。

第6話のみどころ

第6話で若君がついに現代へとタイムスリップします。

ここでいよいよファン待望の若君の制服姿を見る事ができますね!

予告でもありますが、大分様になっていました。

若君が板についてきた、健太郎さんがうまく演じてくれると思います。

戦国時代の人が、現代の格好をするので「コスプレ」になるのでしょうか?

若君の逆コスプレ、注目したいです。

こんなツイートもあって、楽しみにしている人多いです!

そして、高山軍に勝利したことにより、松丸家との縁談が前に進み、
ついに阿湖姫(川栄李奈)が登場します。

アシガール視聴者は川栄さんのファンも沢山いるので、
お待たせしました!っていう感じですね。

唯の恋敵登場で恋の行方もどうなることやら。。

第6話も目が離せませんね!

以上アシガール、第6話のあらすじ、感想についてまとめてみました!