NHK朝の連続テレビ小説「半分、青い。」

「東京・胸騒ぎ編」の現在、ヒロイン楡野鈴愛(永野芽郁)と朝井正人(中村倫也)が急接近していまね!

鈴愛も正人の魔力に落ちてしまいそう・・・

ドラマでは鈴愛は将来は結婚するのですが、その相手が誰なのかとても気になるところです。

正人ととってもいい感じの鈴愛ですが、正人と結婚するのでしょうか。

鈴愛が誰と結婚するのか?予想を含めてまとめていきます。

ネタバレ要素も含みます

 

スポンサーリンク


「半分、青い。」鈴愛は正人と結婚するのか。

まずは改めて「正人」について紹介、鈴愛と正人の恋愛模様(ネタバレ含む)も含め、二人が結婚に至るのか予想していきます!!

朝井正人(あさいまさと)について

まず、正人について紹介していきます。
正人(朝井正人は)律(佐藤健)と同じアパートの住人で西北大学法学部に同級生です。

出身地は北海道、地方出身という事もあり、同じ地方出身の律とも気が合います。

さらには、私立高校受験の日、二人はニアミスしていたのです。

受験の当日、律は道端に倒れている犬を病院に連れて行ったため、受験することができませんでした。

その犬を助けたのは、なんと正人だったのです。

 

3年の時を経て、二人は東京で再開するのですね!

そんな正人は「ふわふわホイップクリーム男子」とドラマの台本では形容され、女の子にモテモテなんです。

誰にでも優しく、気が付く男子でその甘さに女の子たちが溶けてしまう感じです。

ドラマでもとってもモテモテで、彼女が何人もいます(笑)

 

正人の優しさは、自分の利益の為ではなく本当に相手を思っての優しさなので、相手の心に刺さりますね。

二人は鈴愛が律を訪ねてきた時にであいます。

秋風先生のネーム(漫画の設計図)をなくしてしまい、秋風ハウスから出ていくことになった鈴愛が、律を頼ってマンションに訪れたときでした。

「神田川に飛び込みそうだったから保護した」

鈴愛を部屋に入れた理由でした(笑)

 

「半分、青い。」鈴愛と正人の恋物語

出会った2人がどう展開していくのか、ネタバレも含めて書いていきます。

 

 

律が外出中だったため、優しい正人は鈴愛を自宅に入れてあげ、律が帰ってくるのを一緒に待ちます。

律と正人はその日「マハラジャ」にダンスしに行く予定でした。

正人と律は鈴愛の話を聞いたのち、結局3人でマハラジャに行きます。

翌日鈴愛は岐阜に帰るのでした。

 

その後、鈴愛が捨てたと思われたネームが秋風ハウスの電子レンジの中から見つかります。

秋風が酔っ払ったまま、電子レンジに入れたのでした。
しかも、そのネームは対して面白くないというおまけつき。「やってもうた!」

 

自分の非を認めた秋風は、鈴愛の実家まで迎えに行くことにします。

酷い方向音痴だった秋風は道に迷わないように律を連れていき、そこに正人も同行するのです。

 

秋風は鈴愛の実家に謝罪に訪れ、鈴愛は飯アシではなく、正式に漫画家志望者として秋風ハウスに戻ることになります。

これまでとは違い、秋風もボクテ、ユーコ、鈴愛の3人を情熱をもって指導します。

こうして、漫画家への道を一直線・・・・

 

 

ところが世の中そんなに甘くはなく、3人の中で鈴愛は落ちこぼれてしまいます。

自分が書いた漫画を秋風に添削してもらったとき「【あなたは私の王子様】、そんなセリフを言うやつがいるか!!」
と激しくダメだしされてしまいます。

流石に落ち込んだ鈴愛は喫茶「ともしび」に行くのですが、そこにいたのは「ともしび」でウエイターとしてアルバイトを始めた正人でした。

話を聞いてもらっていると、ふと鈴愛は自分の書いた漫画のセリフを口にします。

「あなたは私の王子様」

正人を目の前にしてそういうと、なんだか正人に対して「恋」が芽生える鈴愛でした。

優しい正人は落ち込んでいる鈴愛を元気づけようとチョコレートパフェをご馳走します。

プレゼントされたパフェを美味しそうに食べる鈴愛。

正人はケーキに花火をつけてあげようと、花火を買いに行きます。

その後、「ともしび」のマスターに、パフェ用の花火があると聞き、パフェ用の花火をもらいます。

鈴愛のに喜んでもらおうとサプライズをするのでした。

買ってきた花火が余ってしまったので、「もしよかったら」と鈴愛にそのまま手渡します。

「よかったら、この花火、一緒にやりませんか?」と鈴愛は正人を誘います。

笑顔で「いいね」と答える正人。

 

その後鈴愛は電話で正人を花火に誘います。

2人は花火をすることになりました。

 

そのころ律は大学の体育の授業中にある人と再会します。
あの弓道部の美少女・清です。

律は清と再会したことを電話で鈴愛に話します。
それを聞いた鈴愛はとても興奮して、

「カッコいい!律。それ、運命だ!
運命の再会だ!私も、頑張る。私も、正人君に電話する!」

律は鈴愛が正人を好きなことを知るのです。なんだか複雑な気持ちでした。

 

翌日、鈴愛と正人は花火をすることになりました。
菜生(奈緒)に上京するときにもらった蛙のワンピース(デートの時に着ると言っていた)を着て、鈴愛上京後初めてのデートです。

暗い夜に花火の明かりはとてもキレイで、雰囲気の良いデートになります。

そして、正人は鈴愛の頬にキスをします。

花火デート後、鈴愛の母・晴(松雪泰子)が上京してきました。
鈴愛は、正人を好きになった事を晴に話します。

 

「鈴愛は律くんかと思っとった」
と言う晴に

「鈴愛が律でも、律は違う。
律と私じゃ月とすっぽんや。律にはちゃんと好きな人がいる」

と鈴愛は答えました。

 

一方で律は清と付き合い始めます。

正人は吉祥寺に引っ越すことになり、準備を始めていました。

鈴愛は正人に自分の気持ちを告白をします。

しかし、鈴愛は振られてしまいます。

 

 

正人に振られてしまった鈴愛はショックで泣きじゃくりました。

ボクテ(志尊淳)とユーコ(清野菜名)が鈴愛をなぐさめます。
そして、ユーコがそのことを律に電話で鈴愛が振られて泣いていることを知らせてあげました。

 

それを聞いた律は正人にどうして鈴愛を振ったのか、話を聞きました。

「律の好きな人と、付き合えないよ」

それに対して正人はこう返事をするのです。

「何言ってんの?お前。俺には、清がいるし、鈴愛は正人が好きじゃないか!現に!」

 

律は鈴愛が心配になり、秋風ハウスに行きます。泣き続ける鈴愛に背中を貸してあげるのでした。

これが鈴愛の恋でした。

 

・関連記事

「半分、青い。」正人のキスなど名シーンまとめ

 

スポンサーリンク


「半分、青い。」鈴愛は正人と結婚するの?

鈴愛は優しい正人のことを好きになるのですが、結局振られてしまいました。

たくさんの女の子と付き合う正人なだけに、別に鈴愛と付き合ってもよかったのかもしれません。

しかし、正人はそうせずに、鈴愛のことを振ってしまいます。

 

正人は律が鈴愛のことを好きであることを知っていました。

いや、知っていたというのは正しくなく、感じていたのだと思います。

 

現に律は、正人に律が鈴愛を好きであると言われると、
真っ先に否定していますよね。

俺が好きなのは清(さや)で現に付き合っていると。

 

梟町(ふくろうちょう)に帰省した時もそうでしたが、
正人は律が鈴愛と付き合わないのか聞いていましたね。

正人には何となくわかっているのですが、
律本人はその気持ちに気づいていないという事なのでしょうか。

若い時は気づかない事ってありますからね。

 

正人は律の鈴愛に対して特別な気持ちがあると思っているわけですから、
鈴愛とは付き合ったりしないのでしょう。

女の子にも優しい正人ですが、友情にも熱い男です。

鈴愛のことはある程度好きかもしれませんが、
そこはその他大勢のガールフレンドと大差ないでしょう。

 

そうなると、律に気をつかって正人は今後も鈴愛とは付き合わないでしょうね。

よっぽど好きであれば、別でしょうけど、そうではない気がします。

正人は鈴愛と結婚しなさそうな気がしますね。

「半分、青い。」鈴愛の結婚相手候補

そうなると、鈴愛の結婚相手は誰何なのでしょうか。

そこでヒントになるのが、
「半分、青い。」の制作発表でのドラマのあらすじになります、

追っていきましょう。

結婚して一人娘を授かるものの、家計は火の車。ついには夢追い人の夫から離婚されてしまう。

うー、読んでてつらいです・・・

 

鈴愛はマンガ家の夢に破れて、結婚して梟町に帰ります。

その時に誰かと結婚するのですが、
ここでヒントになるのは「夢追い人の夫」という点です。

夢を追いかけるる反面、生活は苦しいよくあるパターンです。

生活力はないけど夢は見させてくれる。

こんな男は実はけっこうモテますね。

 

鈴愛はそういう男と結婚するようです。

ハマってしまうのかなあ・・・

夢追い人、そうなると正人は違いますし、律ももちろん違いますね。

「東京・胸騒ぎ編」の次は「人生・怒涛編」へと入ります。

ここで鈴愛は文字通り、鈴愛に怒涛の人生がやってくるのです。

「マンガ家の夢挫折」「結婚」「出産」「妊娠」

まさに人生の重大イベントが目白押しとなってきます。

鈴愛はこの「人生・怒涛編」で結婚するのです。

そして、「人生・怒涛編」では、新たなキャスト達が登場します。

しかも、彼らには「魅惑の”だめんず”たち」という意味深なキャッチコピーが付きます。

”たち”とついているので一人ではなさそうですね。

どんな”だめんず”たちなのか気になります。

まずは一人目です。

森山涼次(もりやまりょうじ)を演じる、間宮祥太朗さんです。

森山涼次とは、映画の助監督で映画会社「クールフラット」に所属しています。
映画監督・元住吉祥平の家に居候という情報がありますが、これ以上の情報は今のところありません。
性格は優しいみたいで、鈴愛と相性がよさそうな気がします。

そして二人目ですが、映画監督の元住吉祥平(もとすみよししょうへい)役の斎藤工さんです。

斉藤工さんかっこいいですね。髭がめっちゃ似合います。

見た目はかっこいい二人ですが、森山と元住吉がどのような人物なのかかなり気になるところです。

 

結婚しても夢を追って家計にダメージを与えるようなので、「映画監督」というのがなんともピッタリな感じです。。。

映画を作る夢を追いかける一方でお金は入ってこない。。。

なんてことになるのでしょうか。

 

これまで何人かの男子は登場してきましたが、そんな感じの男子は出てきませんでした。

他だとブッチャーがいますけど、実家はお金持ってそうですもんね。

私としては、この二人のどちらかと鈴愛は結婚するような気がしてしまいます。

 

・関連記事

鈴愛はこの人と結婚する!?

 

スポンサーリンク


まとめ「半分、青い。」鈴愛は誰と結婚するのか?

話の展開を見ていくと、鈴愛は正人と結婚しなさそうですね。

「東京・胸騒ぎ編」が終わると、物語は「人生・怒涛編」に入り、鈴愛はそこで結婚するようです。

婚約者のキーワードは「夢見る夫」という事なので、
結婚する人は新キャストである森山涼次か元住吉祥平のどちらかであると予想します。

家計が火の車とか、離婚とか聞くと、これまで明るかったドラマが暗くならないか、とっても心配です。。

そしてもう一つ、鈴愛の結婚といえば、忘れてならないのは律です。

「半分、青い。」の制作発表会では次のような事も言っていました。

”もう半分の自分 ~約半世紀ごしの恋 ”

”それぞれ一度は別の人と結婚するものの、約半世紀に渡ってつかず離れずの微妙な距離で互いを見守り続け、やがて扇風機作りをきっかけに「ふたりメーカー」――公私共にパートナーとなっていきます。 ”

これって、律と鈴愛のことじゃね?

なんて思ってしまうのです。

つかず離れずの微妙な関係って、まさに律と鈴愛じゃないですか。

そう考えると、律と鈴愛はいつかくっつくのかな。

2人にくっついて欲しい人は多いと思うし、私もそうなってほしいと思います。

だめんずとの結婚もそうですし、

今後の律と鈴愛の2人の動向にも注目ですね。

以上、「半分、青い。」正人と鈴愛は結婚するのか?についてでした。