毎週、いやいや毎日楽しみに見ています「半分、青い」

ドラマは進み鈴愛(永野芽衣)も大分漫画家の卵として馴染んできた感じですね。
周りの人もなんだかんだでいい人ばかりで良かったです。

さてさて、律(佐藤健)の友達である、朝井正人(中村倫也)と鈴愛の距離が近づいていきましたね。

私の興味は、

「この二人は付き合っちゃうの??」

ってことです。

ちょっとネタバレにはなってしまいますが、正人君と鈴愛が付き合うのか、この二人がどうなるのか調べてみました。

2人の恋の行方と、朝井正人役の中村倫也さんについても書いていきます。

「半分、青い」 中村倫也の役柄は?

「半分、青い。」での中村倫也さんが演じる役、朝井正人についてです。

浅井正人は鈴愛の幼馴染である律(佐藤健)が上京した時に住むマンションの隣人です。

律と同じ西北大学の一回生で法学部です。

岐阜県出身の律に対して、正人は北海道の出身。共に地方出身という事もあり、2人は意気投合します。

(同じ高校を受験し、犬を通じて関わっていたこともありました)

正人はとても優しい性格で、女性に対しても同様です。

その雰囲気で女性を虜にしてしまう典型的な「モテ体質」なのです。

複数の人と同時に付き合ってしまうちょっと悪い面も。

あるシーンでは「この服○○ちゃんが置いていったんだよね」なんてしれっと言ってしまいます。

でも全く嫌味な所はなく、そのフワフワした雰囲気も手伝ってか、許せてしまいます

 

 

「フワフワしたホイップクリームみたいな男子」と「半分、青い」の台本には書かれているんだとか(笑)

 

この正人君のフワフワしたモテオーラが、鈴愛の心を揺さぶるのです。

また、北海道なまりを隠すためにゆっくり話しますが、逆にそれが余裕が感じられて素敵だと思います。

 

今後の正人と鈴愛がどうなってしまうのでしょうか?気になります。

スポンサーリンク


半分、青い 朝井正人(中村倫也) 楡野鈴愛(永野芽衣)が付き合うの?ネタバレ含む

正人君と鈴愛は付き合うの?どうなるの?

我々視聴者がとっても気になるポイントですね。

ここでは少し先回りして、鈴愛と正人君がどうなってしまうのかまとめていきます。

*一部ネタバレを含みます。

正人と鈴愛の出会い

まずは二人の出会いから書いていきます。(こう書くと馴れ初め見たいですね)
「半分、青い」の第7週に、鈴愛と正人は初対面します。

あの秋風先生の「ネーム捨て事件」が起きた時ですね。

鈴愛はカリスマ漫画家である秋風羽織(あきかぜ・はおり 豊川悦司:演)のネームを捨ててしまったことで、秋風オフィスのアシスタントをクビになってしまいます。

ネームとはマンガのコマ割りセリフ、コマごとの構図、キャラクターの配置などを大まかに示したもので、いわば漫画の設計図とも言える重要なものです。

鈴愛はなんとそれをゴミと勘違いし、捨ててしまったのです・・・

失意の鈴愛は、行く当てもなく律のマンションを尋ねました。

マンションの前で、子供のころから使っている笛で律を呼ぼうとしますが律はいません。代わりに出てきたのは、律の隣人で友人の浅井正人でした。

事情を説明すると、正人は部屋鈴愛を待たせてくれることになりました。

この正人は律と同じ大学で法学部。北海道出身で律と同い年です。
そして、いわゆる「ゆるふわ系」のイケメンで、女の子に対してとても優しいため、とってもモテます。
複数の彼女がいる、天性のモテ体質です。

ちなみに、律と正人はかつて私立高校の受験の日にニアミスしていたのです。

律は受験日に車にはねられた犬を病院に連れてったため受験を受けられませんでしたが、その犬を助けていたのは正人だったのです。
正人は助けた犬を道端に置いて、受験に臨みましたが犬の事が気になり受験に落ちています。

そして、正人と鈴愛が部屋で待っている、律が帰ってきます。

律は変な恰好をしていました。

そうです。今日は正人と2人で「マハラジャ」にダンスをしに行くため、気合を入れていたのでした。空回ってか、ちょっと変な服をチョイスしてました(笑)

その後気晴らしも兼ねて3人でマハラジャに行き、ダンスをし盛り上がります。

そして、鈴愛は岐阜の梟町(ふくろうちょう)に帰るのでした。

そのころ、秋風オフィスでは、新作のネームを捨てたのが鈴愛でないことがわかります。
実は秋風が酔っ払って電子レンジに入れていたのでした。

そのため、秋風は鈴愛を迎えに行くために菱本(井川遥)と共に梟町行くことに。

大のつく方向音痴の秋風のため率が案内役として同行、そこに正人もついて行きます。

律は秋風を鈴愛の実家「つくし食堂」に案内すると、実家の萩尾家に行きます。

訪れた律と正人の2人を、和子(原田知世)と弥一(谷原章介)は歓迎します。

特に母和子は喜びました。

梟町で律と2人になった正人は律に問いかけるのです。
鈴愛と付き合わないのかと。

律は言います。

そういうこと、考えないでもなかったけど、今がいちばんいい……ような気がする。

まっ、向こうの気持ちもあるしね。

それに、俺、好きな人いるんだ。

*NHKドラマ・ガイド「半分、青い。」より引用*

律が言う好きな人とは、かつて一目惚れした弓道部の美少女・伊藤清(いとう・さや 古畑星夏)のことでした。

鈴愛が正人にときめく?二人が急接近?

秋風オフィスに戻った鈴愛は、仲間と共に漫画家になるために精を出します。

しかし、鈴愛は落ちこぼれてしまいます。秋風にダメ出しも受け、へこんでいました。

そんな鈴愛は、喫茶「おもかげ」に行くことに。

そこでは、正人がウェイターとしてアルバイトをしていて、鈴愛にチョコレートパフェを出してくれました。

ふと、鈴愛は「あなたが私の王子様」というセリフを正人言ってみます。

秋風にダメ出しを受けた鈴愛の描いた漫画のセリフでした。

すると、なぜだか鈴愛は正人にときめいてしまうのです。

正人はチョコレートパフェに花火を立ててあげようと、急いで花火をか買ってきました。

しかし、「パフェ用の花火があるよ」と聞いたので、買ってきた花火を「もしよかったら」と鈴愛にそのまま手渡します。パフェ用の花火をもらったので、買ってきた花火を使わなくなってしまったためです。

鈴愛は「よかったら、この花火、一緒にやりませんか?」と正人を誘います。

笑顔で「いいね」と答える正人。

その後、鈴愛と正人の話を聞きつけた秋風はこう言います。

「鈴愛、恋をしろ。リアルを拾うんだ。想像は、負ける。好きなやつがいたらガンガンいけ」

と焚きつけます。

創作のためには、体験が必要不可欠と考える秋風ならではです。

後日、鈴愛の恋愛話を聞きつけた秋風は「鈴愛、恋をしろ。リアルを拾うんだ。想像は、負ける。好きなやつがいたらガンガンいけ」と焚きつけます。

律が恋する美少女・清と再会、そして・・・

律はとある体育の授業中にあの美少女・清と再会します。

そのことを律は電話で鈴愛に話します。
それを聞いた鈴愛は興奮して、

「カッコいい!律。それ、運命だ!
運命の再会だ!私も、頑張る。私も、正人君に電話する!」

その時律は、鈴愛が正人に恋をしていると知り、少し複雑な気持ちになります。

翌日、鈴愛は正人と花火をすることになりました。菜生(奈緒)にもらった蛙のワンピース(デートの時に着ると言っていた)に初めて袖を通しました。

2人にとっての初デート。花火デートで雰囲気もよくなり、正人は鈴愛の頬にキスをします。

 

デート後、東京に鈴愛の母・晴(松雪泰子)が上京してきました。
鈴愛は、好きな人ができた事を晴に話します。

「鈴愛は律くんかと思っとった」
と言う晴に

「鈴愛が律でも、律は違う。
律と私じゃ月とすっぽんや。律にはちゃんと好きな人がいる」

と答える鈴愛。

そして律は清と付き合い始めます。

一方で、正人は吉祥寺に引っ越すことになり、準備を始めていました。

 

・関連記事

正人の「キス」をはじめ、名シーンまとめ 

鈴愛と正人はどうなる・・・?

鈴愛が正人に愛の告白!結果は……

晴は秋風オフィスや鈴愛の部屋を掃除していましたが、鈴愛の父・、宇太郎(滝藤賢一)から店に大口の注文が入ったとの電話があり、予定を前倒しして岐阜に帰っていきました。

その晩に、鈴愛は正人に愛の告白をします。

その結果は・・・・

なんと、振られてしまいます。

正人に振られて泣いている鈴愛をボクテ(志尊淳)とユーコ(清野菜名)がなぐさめます。そして、ユーコがそのことを律に電話で知らせました。

それを聞いた律は正人に話を聞きます。

「リツの好きな人と、付き合えないよ」

正人はこう返事をしました。

「何言ってんの?お前。俺には、清がいるし、鈴愛は正人が好きじゃないか!現に!」

鈴愛が心配になった律は秋風ハウスに行きます。泣き続ける鈴愛に背中を貸してあげました。

「半分、青い。」朝井正人と楡野鈴愛のネタバレでした。

スポンサーリンク


「半分、青い。」鈴愛と正人、今後はどうなる?

鈴愛と正人はいい雰囲気になるようですが、残念ながら振られてしまうようですね。

うーん残念・・・

しかし、振った理由が注目です。「律の好きな人とは付き合えない」この一言がとても刺さりますね。

女性にモテモテの正人君は、きっと人の心を察するのも得意なのでしょう。

律と鈴愛の日常を見て、律が本当に好きなのは鈴愛では?と感じているのだと思います。

しかし、律はそのことを否定していますが、本音の所はどうなのでしょうか。

もともと「周囲に本音」を話さない律ですから、律の心がこれからどうなるのか注目したいですね。

一方で鈴愛。母、晴との絡みで、律の事を好きなような匂わせ方をしています。。

「月とすっぽんや」

と自分たちの関係をいい、「そもそも鈴愛は律と釣り合わん」と心にフタをしていそうですね。

小さい頃からの幼馴染で、近すぎるがゆえに相手に対しての気持ちがわからないのかもしれません。

これも青春かもしれませんね。

鈴愛は正人に振られたわけですが、結局これも正人の優しさという事でしょう。

親友律の気持ちも感じたうえでの答えだと思いました。

「半分、青い。」朝井正人役 中村倫也とは

続いて、朝井正人を演じる中村倫也さんについて紹介します。

プロフィール

生年月日 1986年12月24日(31歳)

身長  170cm

血液型  A型

デビュー 2005年

旧芸名  中村知也

 

「半分、青い。」では大学生役を演じていますが、実は31歳です。

見えませんね。

中村倫也さんは、カメレオン俳優と呼ばれるほど、高い演技力で注目されています。

前クールで出演していた「ホリデイラブ」ではモラハラ夫・井筒渡役を演じました。

この役は妻に高圧的にあたる役で、「半分、青い」の正人君とはかけ離れています。

私は「ホリデイラブ」も見ていたので、この印象が強かったです。

それだけに、「半分、青い。」を見た時は、そのギャップに衝撃を受けました・・・

ちなみに、ダイワハウスのCMにも出演しています。
上野樹里さん演じる妻と頼りない夫。

その頼りない夫が中村倫也さんです。

こちらもギャップが凄くて驚きです!!

ちなみに2018年春ドラマでは、「崖っぷちホテル」に出演しています。

総料理長・江口竜二の役で、料理の腕は良いが、手抜き仕事ばかり、しかも競艇狂い・・・という、また難しい役を演じています。

まさにカメレオン俳優ですね!!

まとめ

正人君に鈴愛は振られてしまうようですね。

鈴愛はあれだけ泣きじゃくっていたので、本当に好きだったみたいです。

ちょっと可哀想でした(><)

ただ、律の本音に対する指摘もあって、
今後の恋という意味でどうなるか気になる展開でした。

今後も楽しみですね!