爆発的な人気で第4シリーズまで制作され、その全てで高視聴率を叩き出したドラマ「医龍」。

天才的な腕をもつ心臓外科医を主人公として、前例のないオペを成功させていく医療ドラマです。

主人公をサポートし共に戦うチームのメンバーもまた才能あふれる面々。

今回はそんな医龍シリーズから、2006年に放送されたシリーズ第一弾のストーリーを追っていきます。
ドラマ「医龍」第4話のあらすじ、ネタバレ、感想について書いていきます。

スポンサーリンク



「医龍」(ドラマ) 第4話のあらすじ

藤吉(佐々木蔵之介)の娘のオペがなくなり、頼みの綱であった加藤(稲森いずみ)が持ちこんだ近隣病院の患者のオペは、ライバル病院である北日本大学付属病院に取られてしまった。

その事実に野口(岸部一徳)は酷く機嫌を損ねていた。

その矛先は加藤へと向き、朝田(坂口憲二)もろとも切り捨てるつもりだと言う。

それを阻止するため、加藤は必死でバチスタ患者を探すことになった。

外を歩いていた伊集院(小池徹平)。

そこへ一人の女の子が歩いてくる。女の子の頭からは血が流れていた。

伊集院が急いで明真へと運び、処置を行うことに。

傷口を縫合しようとした伊集院に付き添っていた母親は露骨に不安そうな表情をみせる。

そこに現れた朝田は伊集院に変わり、女の子の髪の毛を使ってガーゼを固定した。

縫わずして傷が塞がるのを待つという処置に母親も安堵する。

朝田は傷の程度により柔軟に処置を変えていくのも外科医として大切なことだと伊集院に指導した。

朝田がどうして自分をチームに誘ったのか、伊集院は不思議に感じ、ミキ(水川あさみ)にその答えを求める。

ミキは外科医に一番大切なものは何かと伊集院に聞いた。

そして一番必要なのは臆病さだといい、優秀な外科医は常にビクビクしていると続けた。

怖さが技術向上や丁寧さに繋がる。

そしてその怖さに負けない強さが大切だ。

当直していた朝田と伊集院のもとに急患が運ばれてくる。

それは不整脈発作の患者で、似たような症状で立て続けに3人運ばれてきたのだ。

重度の不整脈患者が立て続けに搬送されてきたことに違和感を感じたミキ、朝田、伊集院は3人のカルテを確認、
3人とも疲労が重なっての不整脈だと思われ、その他の共通点はなさそうだ。

しかし朝田はこれらの患者の担当医が全て沖(袴田吉彦)ということに気づいていた。

調べ続ける朝田は一つの共通点を見つける。

それは3人が倒れた場所にあった。

一人は電動麻雀機の前、一人は炊飯器の前、そして一人はエレベーターの前。

これらは全て微小電磁波を出すもので、完全なペースメーカー不全がわかるものだ。

明真でペースメーカーを入れた患者が急変し、心不全と診断されているケースが多いことにも気がつく。

担当医の沖はペースメーカー不全を隠していたのだ。

朝田とミキは極秘裏に別のペースメーカーを用意する手はずを組むことに。

朝田は沖に扱うペースメーカーを直ちに変えるよう伝えるが、

朝田が不良品だというペースメーカーを推薦しているのは野口であり、変えられるはずがないと沖は言う。

その騒ぎを知った野口は朝田を一週間、系列病院の手伝いと称して明真から一時朝田を追放した。

考え込んでいた伊集院の前に藤吉が現れ、三ヶ月後に鹿児島の病院れ飛ばされることが決まったと告げる。

自分がいなくなるその前に、バチスタを成功させたいと笑う藤吉に、どうしてそんなに強いのかと伊集院は聞いた。
藤吉は誰だって強くないと答え、でも誰かのためなら強くなれると言う。

自分を必要としている人がこの世の中にいると思えば怖いものは無い、伊集院だってひとりじゃない、必要としてる人は必ずいると。

朝田が担当するペースメーカーの植え替えを予定していた少年が急変する。

伊集院はすぐに朝田を呼ぼうとするが、沖はそれを阻止した。

さらに、朝田が新しいペースメーカーの準備を依頼していた医師にすら裏切られ、これまでと同じペースメーカーが用意されてしまう。

これではこの先同じことの繰り返しだ。

伊集院は意を決してオペを阻止。

この子を救うのは自分しかいないと沖たちの前に立ちはだかった。

そこに朝田が到着。

朝田は不良品のペースメーカーを踏みつけ、藤吉とミキに手配させた別会社の最新機種ペースメーカーを植え替え、無事に手術を終えた。

そしてついにバチスタ患者が見つかった。

バチスタに備えた朝田のイメージトレーニング風景を見ていた伊集院にミキがイメージトレーニングの意味を話す。

優秀な外科医は脳内の完璧なイメージの中でオペをしデモンストレーションをすると。

そしてイメトレを終えた朝田。

今のイメトレだと10人中3人落とすかもしれない、でも伊集院がいれば2人に減る。

このチームにはお前が必要だ、そう伊集院に告げる。

伊集院がチームドラゴンに入った瞬間だった。

スポンサーリンク



「医龍」 (ドラマ)第4話の感想

今回はペースメーカーについての回でした。

優先席付近や病院では携帯電話は禁止、などというのはよく知っている話ですが、最近ではペースメーカーも新しいものになりどんどんその意識は薄れていっているのも事実ですよね。

実際、携帯電話の使用が許されている病院も多く、だったら優先席付近でも大丈夫なのではないかと思ってしまいがちです。

しかし今回のように、不良品であったり、比較的古い型のものをつけている患者の前で微小電磁波を出してしまえば、重度な不整脈として大事に至ってしまう危険性があるということがよくわかった回だったのではないでしょうか。

ペースメーカーを付けている人全員が最新モデルを付けているわけではないんですよね。

これは生活していく上で常に意識するべきことなのではないかと考えさせられました。

「医龍」(ドラマ) 第4話のまとめ

推薦されてから悩んでいた伊集院でしたが、今回で正式にチームドラゴンのメンバーになりました。

そして決まったバチスタ患者。

物語が動き始めた次回、どんな展開となるのでしょうか。

以上、ドラマ「医龍」第4話のあらすじ、ネタバレ、感想についてでした。