爆発的な人気で第4シリーズまで制作され、その全てで高視聴率を叩き出したドラマ「医龍」。

天才的な腕をもつ心臓外科医を主人公として、前例のないオペを成功させていく医療ドラマです。

主人公をサポートし共に戦うチームのメンバーもまた才能あふれる面々。

今回はそんな医龍シリーズから、2006年に放送されたシリーズ第一弾のストーリーを追っていきます。
あらすじ、ネタバレを書いていきます。

スポンサーリンク



「医龍」(ドラマ) 第2話のあらすじ

大学病院のルールからはかけ離れすぎている朝田(坂口憲二)の存在が脅威になっている「ボクちゃん」こと伊集院(小池徹平)。

そんな伊集院の心情など知らない加藤(稲森いずみ)は、先日の急患に対する朝田の勝手な行動をもみ消すため、
担当医だった木原(池田鉄洋)から出された当直免除の要望を叶えるべく伊集院と朝田に当直を任せる。

不安が隠せない伊集院だったが、コールが鳴りオペ室へと呼び出されることに。

そこには急性虫垂炎の患者がいた。

朝田はこの患者オペを伊集院に任せると言う。

研修医という立場で自分の経験にも腕にも自信が無い伊集院は激しく抵抗するが、難しいオペじゃないと看護師たちからも呆れられてしまった。

渋々執刀することになった伊集院。

習った通りにはいかない事態になると伊集院は焦りすぎてしまう。

朝田は最低限のアドバイスだけをさ、突き放した。

オペを終えた伊集院に、教科書通りの症例などない、だから外科医は実践して力をつけるしかないと朝田は助言した。

医局に戻ろうとしていた時、病室から聞こえたうなり声を耳にし、朝田は患者の元へ駆け込んだ。

苦しんでいたのは佐々木文子(加藤治子)で、末期ガンの患者だ。

遅れて駆けつけた看護師により、文子が苦しんでいるのは抗がん剤の副作用だと聞かされる。

文子に使用されている抗がん剤は、その副作用の強さから患者をも殺すと言われているもので、使用を中止する病院があとを立たないというものだ。

ましてや文子は治る見込みのない末期ガン患者であり、医者の都合で患者を実験台にそれていることは明白だった。

どうしてそんな抗がん剤を担当医は使ったのか、

その理由は二つあり、ひとつどうせ助からないからなんでもするという理由、

もうひとつは製薬会社と病院の癒着が上がる。

実際、明真大学付属病院心臓外科医教授の野口賢雄(岸部一徳)は、この抗がん剤の製薬会社から株を受け取っており、株価を上げ儲けるために症例集めの手助けをしていたのだ。

朝田はミキ(水川あさみ)に頼み、文子のカルテを確認する。

病院の都合で患者を苦しめること怒りを覚える朝田は、自分たちに出来ることなどないと藤吉(佐々木蔵之介)や伊集院に、医師としてではなく、やれることはあると言った。

朝田は文子の病室を訪ねていた。

手を握り話を聞く。文子は伊集院のことを話していた。

以前伊集院が愚痴を漏らすために入った病室を間違え、文子の元を訪れたことがあったのだ。

文子は様子を見にくれたと感謝、その光景を伊集院は見ていた。

朝田は文子の担当医に対し、抗がん剤投与をやめるべきだと直談判するも聞く耳などもつはずがなかった。

そんな時、院内を歩いていた伊集院は看護師からホットラインを受け入れていいかと聞かれる。

自分はERの人間ではないものの、明真は救急指定病院であるという理由で許可を出したことにERの医師から酷く叱られてしまう。

理由は金だった。

患者は国籍不明の外国人であり、おそらく保険証もない。

治療費を払えないと判断し断るべきだったと言うのだ。

病院についた患者を救急車に押し戻し、受け入れを拒否するERの医師。

しかし去ろうとした救急車の前に立ちはだかったのは朝田だ。

朝田は即座に損傷箇所をみつけ、極めて難しい手技により的確に処置。

たまたま駆けつけた荒瀬もオペを見つめていた。

手伝っていた伊集院に対し、他の損傷箇所をみつけろと朝田は伊集院に指示していたが、伊集院は損傷箇所を見逃してしまう。

それによる突然の大出血に焦り狂う伊集院。

だが、朝田は極めて冷静に処置を追加、損傷箇所を見つけるための時間稼ぎをとった。

しかし当の伊集院は震えて動けない状態だ。

そんな伊集院に対し、朝田は伊集院が落ち着くよう語りかける。

落ち着きを取り戻した伊集院は無事損傷箇所を見つけ、患者は一命を取り留めた。

心を入れ替えた伊集院は文子に積極的に関わるようになる。

文子に携帯の使い方を教え、天気が良い日は散歩に出た。

文子は自分が予後の短い末期ガンだということに気付いていた。

文子が心配してたのは夫の事だった。

自分が苦しむと夫に心配をかけてしまう、もう少し楽に死にたい、と文子は伊集院に漏らした。

それを聞いていた朝田は夫に現在使用している抗がん剤は副作用に比べ効果は期待出来ないと伝える。

夫は抗がん剤の中止と転院を担当医に告げた。

文子が抗がん剤を中止すると症例が集められなくなり、自分のキャリアが終わってしまうことに焦り血迷った担当医は、寝ている患者に無許可で新薬を投与しようとするが朝田はそれを阻止。

患者はモルモットじゃないと担当医に怒りをぶつけた。

文子が転院してから時が経ち、文子が亡くなったという知らせが入った。

伊集院は携帯に届いていたメールを確認し泣き崩れる。

文子から伊集院に、今朝メールが届いていたのだ。

そこには慣れない平仮名だらけの文章で、伊集院に対する感謝の気持ちと、転院してからの幸せな時間が綴られていた。

朝田は伊集院に、このメールはお前の勲章だと声をかけた。

スポンサーリンク



「医龍」(ドラマ) 第2話の感想

今回は急患の外国人や末期ガンの患者など様々な症状の患者が登場しました。

文子が亡くなったとの一報を受け、各方面で問題を起こす朝田に対し、これが本当に正しかったのかと問いただした加藤でしたが、
伊集院に届いた文子のメールから最善だったということがわかりましたね。

涙なくしては見ることのできない回でした。

「医龍」(ドラマ) 第2話のまとめ

最後に朝田は加藤に、二人目のチームドラゴンのメンバーは伊集院にすると告げました。

何も出来ない伊集院だからこそ、自分が育てるという意気込みのようです。

次回はどうなるのか、注目ですね。

以上ドラマ医龍1あらすじ、ネタバレ、感想についてでした。