シリーズ1から絶大な支持を集め、放送されたシリーズは全部で4つという大人気医療ドラマ「医龍」。

今回は最後のシリーズとして放送された「医龍4」第6話のあらすじ(ネタバレ)を感想を含めて紹介していきます!

スポンサーリンク



「医療4」第6話のあらすじ(ネタバレ)

L&Pの経営コンサルタントである岡村(高橋克典)の思惑通り、荒瀬(阿部サダヲ)はL&Pの院長に就任するべく、桜井総合病院を去った。

体調が心配される桜井病院の院長、桜井修三(平幹二朗)は荒瀬のはからいでL&Pでの診察を受けることに。

そんなとき、桜井が不在となった桜井病院に、以前桜井の診察を受け心臓病と診断された患者の平山(李千鶴)が怒鳴り込みにきた。

平山の主張は桜井の謝罪で、

桜井に心臓病と診断されたことで大切なプロジェクトから外されてしまったが、

L&Pでセカンドオピニオンを受けた結果気管支喘息と診断されたため、誤診により仕事を外されたと酷く怒っている様子だ。

院長代理として、朝田は平山にもう一度検査をさせてほしいと頼むが聞く耳をもたなかった。

一方L&Pで検査を受けた桜井の状態が荒瀬から朝田に告げられ、思っていたよりもかなり深刻な状態だとわかる。

心臓以外にも深刻な脳動脈瘤もみつかり、状況は最悪。

桜井の誤診は有り得ないと信じているスタッフたちも、脳動脈瘤が原因で誤診してしまったのではないかという思いがよぎった。

日を変えて、朝田はもう一度平山に掛け合うつもりでいたが、その足を止めるように入ってきたのは厚生労働省の医療監査だった。

それは野口(岸部一徳)が平山にけしかけ起こした事態で、野口は桜井をヒーローと信じている朝田が落胆する桜井の秘密が見つかるだろうと含ませながら言った。

監査のため桜井病院のスタッフ全員分の医師免許や資料等の提出を要求され、それぞれが迅速に対応するなか、桜井の医師免許が見つからない。

それに加え、桜井病院の未収金の多さや入院患者の死亡率の高さなども指摘されるが、それは桜井の優しさで貧困な患者からは医療費をとらないなどの対応をしていたため。

しかしその主張は疑いの目に潰されてしまう。

監査に付き添っていた野口は朝田に桜井は無免許医だと言い出した。

昔、大学側がインターンと称して医学生を無給で働かせていた時代、その奴隷のような制度を廃止させるべく学生運動が行われた。

そのリーダーが桜井であり、野口も当時その運動のはしくれとして活動していたという。

しかし最終的に桜井は逮捕、退学処分となってしまった。

桜井の帰りを待ち続けた野口たちだが、その後桜井が戻ってくることはなく、他の医大にうつった事実もない。

よって桜井は国家資格をもっておらず、もちろん医師免許も持っていない無免許医だというのが野口の主張だった。

この監査でその事実が明らかになれば、桜井病院は確実に閉院となる。

野口は朝田をL&Pの医師として迎える用意があることを伝えた。

監査が続くなか、誤診を訴えていた平山が倒れた。

すぐに朝田が診察をし、気管支喘息ではなく心臓喘息だと診断。

心臓喘息として処置を進めようとするが野口が激しく反対をする。

しかし朝田は桜井のカルテと自分の見解を信じ処置を続行、平山の発作はおさまった。

そして桜井の医師免許もナースの猪原(キムラ緑子)によって発見される。

それは物置にしまわれており、そこから出てきた桜井の医師免許はハーバードの医大から発行されたものであった。

鬼頭はアメリカにいた時、同じくアメリカで医師をしていた桜井の評判を耳にしていた。

桜井は天才外科医と呼ばれていたという。

鬼頭は悔しがる野口に、本当は自分が一番、桜井のような医師になりたかったのでは?と投げかけた。

スポンサーリンク



「医龍4」第6話の感想

今回は桜井病院の危機についての回でしたね。

ハーバードの大学を出たという桜井は、これまで誰にもその経歴を明かしてきませんでした。

それは患者を救うために医師になった桜井にとって、経歴などはどうでもいいものというあまりにもかっこよすぎる理由なわけですが、

その桜井に育てられた朝田も同じ考えの持ち主ですよね。

朝田は自分が執刀したオペの手柄を横取りされても患者が助かったならどうでもいいという考え。

そしてそれはチームドラゴンのメンバーにも受け継がれているように感じます。

体調が心配される桜井の状態も明らかになりました。

荒瀬や朝田が想像しているより大幅に深刻だった桜井の心臓と脳。これからどうなっていくのでしょうか。

個人的には監査スタッフの男性が終始けんか腰で物をいう姿にイライラさせられましたが、最後の最後で未収金の理由や死亡率が高い理由を知り、途端に敵意を見せなくなった瞬間が心に残りました。

見た目は怖いけど実はいい人だった、というような感覚かもしれません。

「医龍4」第6話のまとめ

とりあえず桜井病院の危機は免れましたが、桜井院長の容態は安心できません。

そして協力関係にあるはずの岡村と野口の関係性も少しずつ変わってきたようにみえますので、その点も含め、今後の展開にも注目です。

以上「医龍4」第6話、あらすじ(ネタバレ)感想についてでした。