熱烈なファンが多くシリーズ1、シリーズ2と大反響で最終回を迎えたドラマ「医龍」シリーズ。

シリーズ1の放送から4年後に放送された「医龍3」も大人気ドラマとなりました。

そんな「医龍3」、第8話では屋上からの転落事故によって過去のトラウマを潜在的に思い出してしまった朝田(坂口憲二)が、PTSDになってしまい苦悩する様子が描かれました。

無事にトラウマを乗り越え心臓外科のエースとして復帰した朝田。

第9話ではどのような活躍を見せてくれるでしょうか?

「医龍3」第9話のあらすじ(ネタバレ)と感想をまとめていきます。

スポンサーリンク



ドラマ「医龍3」第9話 あらすじ

研修医の真柄(谷村美月)は先日行われた徹(今井悠貴)のオペでチューブのコネクターを誤って抜いてしまったミスを引きずり落ち込んでいた。

明らかに元気のない真柄だが、術後の容体も安定してきた徹はオペに入ってくれた真柄に助けてくれてありがとうと純粋に伝えてくる。

真柄の医師としての自覚は少しずつ変化してきていた。

突然帰国した野口に鬼頭(夏木マリ)は中国に左遷したはずの野口がどうしてロシアにいたのかを問いだした。

野口は中国に飛ばされたおかげでロシアのお偉いさんとのパイプができ、外国から明真へ人間ドックをうけに訪れたいという患者リストを持ち帰っていた。

それに伴って外国人医師を明真によぶというプランまで考えていたのだ。

しかし日本の法律では外国人医師を日本に呼ぶことはできない。

野口はその政策すら根底から変えてしまおうとしていた。

カテーテルの名医である黒木(遠藤憲一)の元には高瀬清(渡辺いっけい)という男が訪れていた。

妻が心臓の病に侵されている高瀬は黒木にカテーテルをしてほしいと頼み込むが黒木は話しすらまともに聞こうとしない。

落ち込む高瀬が中庭で過呼吸を起こし倒れこんだところを発見したのは朝田と伊集院(小池徹平)。

落ち着きを取り戻した高瀬は伊集院と朝田に黒木と話を繋いでほしいと土下座をして懇願した。

高瀬は黒木の元同僚だった。

黒木が病院を追われた事件をその場でみていた人物だ。

当時教授の力は絶大で、無理なオペをしようとしていることは誰もがわかっていたが、教授相手に反対をすることなど誰もできなかった。

結果黒木の婚約者は死に、その責任全てを黒木は追うことになった。

高瀬はその一件以来黒木とは会っていないという。

高瀬の妻の病状は重篤だが、人工心肺は避けたいという考えがあり今回黒木を頼って明真に来たということだった。

一方黒木も過去の事件を思い出していた。

信頼していた高瀬に自分たちはチームだと言われ嬉しかったこと、教授の無理なオペで婚約者が死んだこと、そしてその責任を押し付けられたこと…

そんな黒木に朝田は過去にどんな事情があったにせよ患者は患者だと声をかけるが、凍ってしまった黒木の心の中を変えるのは難しそうだ。

予定していた黒木のカテーテル処置の日、黒木の様子は誰が見てもおかしかった。手元が震え、体調も悪そうだ。

オペを見学していた藤吉(佐々木蔵之介)はいち早くその異変に気が付く。

周りが抱いていた不安は大きな形となってしまった。

黒木のミスにより患者が急変、命の危険に晒されてしまったのだ。

いち早く朝田にフォローを要請した藤吉のおかげで急変後すぐに朝田らがオペ室に到着、黒木の前で完璧なチームワークをみせる。

朝田と黒木が協力しながらするオペは完璧に終了した。

スポンサーリンク



オペを終わらせた黒木の元に再び高瀬が訪れた。

今回は黒木への謝罪をするために来たという高瀬に、黒木は口を開く。

高瀬と黒木が共に働いていた病院のチームは最低だったが、明真には最高のチームがある。

高瀬の妻の症状ではカテーテルはもう意味をなさないが、チームドラゴンなら助けてくれるかもしれないと、チームドラゴンへの話を通す役回りをかってでたのだった。

黒木から高瀬の妻のオペを依頼された朝田はその話を快諾、心臓外科で受け持つことになった。

高瀬妻のオペを控えるチームドラゴンの元に野口が持ち帰ってきた外国人患者のオペの話が入る。

そのころ伊集院は見つけた一枚のカルテを持って荒瀬の元へと走っていた。

屋上では黒木が倒れていた…

スポンサーリンク



ドラマ「医龍3」第9話 感想

第9話は黒木の異変が大きく現れた回でした。

黒木は外科医に対する敵対心が強くその理由は前回明らかになりましたが、その時に共にオペ室にいたという同僚が黒木を頼ってやってきましたね。

悩んでいたのは黒木だけではなく、高瀬もその他のスタッフもみな黒木を追うように病院を去り、高瀬にいたっては現在製薬会社で勤務しているという悲しい連鎖も聞けました。

その話を聞いてからまた朝田と黒木の共同オペシーンをみると、朝田からなんとも言えない大物感というか、安心感が感じられました。

黒木のなかで確実に何かが変わり、チームを信じる心が取り戻せたというのが良かったですね。

それにしても黒木の体調が心配です。

「医龍3」第9話 まとめ

黒木がようやくチームドラゴンを信じはじめた矢先、屋上で黒木は倒れていました。

そして伊集院が見つけたカルテ…

どうなってしまうのでしょうね。

以上、ドラマ「医龍3」第9話のあらすじ(ネタバレ)感想についてでした。

最終話も注目です。