2006年にシリーズ1が放送され瞬く間に人気を集めた医療ドラマ「医龍」。

2007にはシリーズ2が放送され、3年経った2010年には待望のシリーズ3が放送されました。

シリーズ3となる「医龍3」の第3話では、医療版ミシュランと言われるIMAの取得のため世界の名医を集めて行ったライブデモンストレーションの主導権を巡って、

朝田(坂口憲二)の外科手術を推す加藤(稲森いずみ)と

黒木(遠藤憲一)のカテーテル手術を推す野口(岸部一徳)の一騎打ちとなったわけですが、

朝田のオペを採用したライブデモンストレーションは患者の気持ちを第一に考えた朝田らによって中断。

その代わりにモニターに映し出されたのは黒木でした。

続く第4話ではどのような展開になるのでしょうか?

「医龍3」第4話のあらすじ(ネタバレ)と感想をまとめていきます。

スポンサーリンク



「医龍3」第4話のあらすじ(ネタバレ)

朝田らがカメラのスイッチを切ってしまった為中断してしまったライブデモンストレーションの会場はざわついていた。

鬼頭(夏木マリ)が戻ってくるまでの時間稼ぎを頼まれた野口。

怒りの声が響く会場で野口はライブデモンストレーションの準備ができたと言う。

モニターに映し出されたのは黒木だった。

黒木はこれまでカテーテルでは不可能と言われていたオペを順調に進めていく。

黒木の腕に誰が息を飲んで注目していた。

これまで年齢や体力面の問題で外科手術を諦めていた患者にも行える希望があるオペの成功に拍手喝采がおこった。

ライブデモンストレーション後の会見で野口は、黒木のカテーテル手術は事前から決定しており、朝田らのロス手術はあくまでも黒木の前座にすぎないと発言。

黒木は一躍時の人となった。

これで明真はカテーテルを前面に推していく経営となり、胸部心臓外科は飼い殺し状態となることは目に見えている。

朝田の元にはロス手術の詳細を聞かせてほしいと有名な医師が集まったが、執刀医ではない伊集院(小池徹平)はどこからも必要とされない状況であった。

暇になった心臓外科、救急外来であるERの医師が足りないため伊集院はERの助っ人に回された。

明真にはIMAの最終審査が迫っていた。

最終審査は3人の審査員が実際に明真を訪れ、ランダムに病院スタッフに話を聞くというもの。

誰にどのような質問をするのかは非公開のため最難関の審査でもある。

最終審査当日、伊集院はERに運ばれてきた男性の診察をしていた。

肩の痛みを訴えて救急車を呼んだという男性はとても救急搬送されてきたとは思えないほど元気そうに見える。

伊集院は男性をまず整形外科へと回し肩の痛みの原因を探ることにする。

一方IMAの審査員は清掃員から食堂の職員にまで話を聞いていた。

IMAの審査に対する受け答えの教育を徹底していたおかげで問題なく進んでいた審査だが、

全患者のカルテの中から審査員が気になる患者の治療方針を担当医に聞いていくという審査において担当医のずさんさが露呈し、評価に影響するのではないかと思われていた。

肩の痛みを訴えていた男性は整形外科での異常が見られず、伊集院の指示によりERへと戻ってきていた。

異常がないなら帰れると思っていた男性に、異変があっては困るという理由で3時間病院待機をするよう伝えた伊集院。

男性は怒り散らすが、3時間後の検査の結果狭心症の数値が出たため緊急入院することになる。

その判断がIMA審査員から高い評価をうけ、明真無事IMAに認定された。

伊集院の手柄を使い加藤はオペを取ることに成功。

自分の手柄にもかかわらず朝田の名前ばかりが出ている状況に伊集院は不満気だった。

そんな伊集院に黒木が声をかける。

心臓外科はチームプレーと言われているが、難しい手術の名前には執刀医の名前が付けられていて、伊集院のような前立ちや助手などにスポットが当たることはない。

心臓外科医だった自分には伊集院の気持ちがよくわかると言った。

翌日、朝田の横を通り過ぎたのはチーム黒木のメンバーとして黒木につく伊集院だった。

スポンサーリンク



「医龍3」第4話の感想

今回は難関手術ではなく心情面で話が進んでいきました。

過去にも何度も自分と朝田の違いに落胆し浮き沈みを繰り返していた伊集院ですが、今回は完全に黒木の言葉に撃ち抜かれたようですね。

ERに行くということに、自分が学びたいのは心臓だと抵抗心を持っていた伊集院ですが、朝田は過去にERにいたときに書いたノートを伊集院に渡します。

古いノートいっぱいに書き込まれた朝田の文字をみると、天才心臓外科医と言われている朝田の天才なる所以のようなものを見れたような気がしました。

朝田は天才であり努力の人ということを伊集院ももう少しわかってくれないものかと…

でも、何をやっても朝田にしか注目がいかないという状況にふてくされたくなる気持ちも多少理解はできますよね。

「医龍3」第4話 まとめ

突然黒木派になった伊集院をみて驚いた表情をしていた朝田。

チームドラゴンは一体どうなってしまうのでしょうか?

以上、医龍3「第4話」あらすじ(ネタバレ)

続く第5話にも注目です。