シリーズ2から3年の時を経て待望のシリーズ3が放送された「医龍3」。

前回放送された第1話では世界に本の数例しかない難病の最難関オペを成功させた朝田(坂口憲二)らでしたが、麻酔医の荒瀬(阿部サダヲ)が倒れ危なく命を落とす寸前という状況に追い込まれました。

朝田の代わりに荒瀬を助けたのは野口(岸部一徳)が呼び寄せた天才カテーテル医の黒木(遠藤憲一)でしたね。

第2話ではどのような展開が待ち受けているんでしょうか?

あらすじと感想をまとめていきます。

「医龍3」第2話 あらすじ

黒木の手によって無事一命を取り留めた荒瀬。

荒瀬のオペを担当したのはチームドラゴンを潰すため野口がアメリカから呼び寄せた黒木だった。

黒木のオペはカテーテルを使って行うもので、朝田達外科医が4時間かけて行うオペをたったの45分で終わらせたという。

野口は不審がる鬼頭(夏木マリ)にカテーテルの魅力を語り始めた。

開胸することなくオペを実行できるカテーテル手術は傷口ができないため患者の負担が少ない。

そして短期間の入院ですむためベッドの回転率も格段に上がり、所要時間も外科手術の半分以下で済むから1日に行えるオペ数自体が上がるという。

病院版ミシュランと言われているIMAの取得を目指し将来は世界の富裕層を狙った医療の実現が野口の考案だった。

一方外科病棟ではエレベータ―を待つ伊集院(小池徹平)と木原(池田鉄洋)、そして研修医の真柄(谷村美月)の姿があった。

到着したエレベーターから倒れこんできたのは父のお見舞いに来ていた根岸紗江(松下奈緒)だ。

奈緒はASD(心室中隔欠損)という症状で、心臓内に穴が開いている危険な状態。

即刻オペが必要な病状だ。

紗江に病状を説明しオペの必要性を訴えるが、退院は状態が良ければ二週間という日数を聞いて紗江の表情は曇る。

そしてもう一つ、どれくらいの傷跡が残るかもひどく気にしている様子だった。

紗江の父は末期の胃がんで余命1ヶ月ももたないという宣告がされていた。

なるべく早く結婚式を挙げたいという思いから紗江は自身の体調の異変を無視し続けてきたのだ。

しかしこれ以上は待てない状態であるのも事実だった。

スポンサーリンク



そんな紗江の元に訪れたのは黒木。

カテーテル手術の説明をし、これであれば傷が残らず退院も3日でいいという。

翌朝カテーテル手術を受けるという紗江の決断を聞いた加藤(稲森いずみ)らは今回のオペをカテーテルで行うことのリスクを説明。

夫の説得もあり外科手術を受けると紗江は決断した。

医局では伊集院が真柄に、命がかかっているときに傷跡の事を気にするなんておかしいとぼやくが、真柄はそう考えるのは医者のおごりであって、傷跡が残らない方が重要という人もいるのではと言い返す。

病室では朝田と紗江が話していた。

結婚してすぐに妻を亡くし、自分のことはそっちのけで昼夜問わず自分のために必死に働いてきた父が余命宣告をされた、何のための人生だったんだろうと考えていることを漏らす。

紗江の手帳には若き日の父と母の結婚写真が入っていた。

父が一番幸せだった時だと言い、母のドレスをきて結婚式を挙げているところを見せたかったために傷跡を気にしていたと語った。

朝田らはハイリスクのため避けていた術式を紗江に提案する。

傷口を最小限にとどめるもので退院も5日で済む。

紗江のオペはその術式に決まり早速デモンストレーションを重ねた。

しかしオペ当日、紗江を執刀したのは黒木だった。

本人の意思だと言われ何もできない朝田達であったが、それをよそに黒木は驚異のスピードでカテーテルによる手術を進める。

その傍らサポートする麻酔科医の席には荒瀬の姿が。

紗江が直前でカテーテルに決めたのには黒木の観察眼と腕があったからだった。

不整脈にも悩まされていたことを見抜いた黒木は、今心臓に開いている穴を利用して不整脈までもを治してしまうと約束した。

そして言葉通りの完璧なオペを完遂したのだ。

野口は鬼頭に言う。チームドラゴンの年俸や人手はカテーテルであれば格段に少なく済む。それでも今の明真にチームドラゴンは必要か?と。

朝田は黒木に、患者のQOLを考えれば最善のオペだったと称賛した。

そしてエレベーター内で偶然会った藤吉と黒木。

藤吉は15年ぶりだなと黒木に声をかけるが黒木は昔話はやめろと一蹴。

今の俺は藤吉の知っている俺じゃないとまでいう黒木に、まだ外科医を恨んでいるのか?と藤吉は聞くが、黒木はそれにこたえることなくエレベーターを降り藤吉を睨み付けた。

厚労省に持参する改革案の資料を、自分が当初掲げたチームドラゴン主流のものか、野口が持ち込んだカテーテル主流のものにするかを考えていた鬼頭。

鬼頭が選んだのは野口が持ち込んだ改革案だった。

スポンサーリンク



「医龍3」第2話 感想

今回は事情がありカテーテル手術を決断した女性の話でした。

命と傷跡どっちが大事なのという伊集院の言葉もわかりますが、自分の身に置き換えて考えたとき、胸を大きく開ける必要もなく傷口が残らず、術後の痛みも激減、そして早くに退院できると言われたらカテーテルを選択してしまうような気がするなと考えてしまいました。

もちろん外科手術でしかどうにもならないオペもあるので、どちらかではなくうまく共存していってくれることが患者側としては安心ですよね。

「医龍3」第2話 まとめ

すっかり経営の鬼となってしまいそうな鬼頭のこの先の決断も気になりますが、黒木のオペを当たり前のようにサポートしていた荒瀬の今後の選択も気になります。

今後の展開からも目が離せません。