2006年にシリーズ1が放送され、大好評を受けて続編が放送されたドラマ「医龍」

2007年に放送されたシリーズ2は完全オリジナルのストーリーとあって、

原作ファンの方も新鮮な気持ちで観ることができたのではないでしょうか。

医療ドラマは人気が出やすく、各クールで様々な医療ドラマが放送されていますが、

そのなかでも「医龍」シリーズは手術シーンなどの生々しさが大いに表現されていて、

本格的な医療ドラマとして今でも絶大な人気を集めています。

今回は「医龍2」第一話のあらすじとまとめ、感想を紹介していきます。

2時間超の拡大版として放送された第1話。

どんな内容だったのでしょうか。

まずはあらすじからどうぞ。

「医龍2」第1話 あらすじ

チームドラゴン解散後、難民キャンプで医師をしていた朝田龍太郎(坂口憲二)。

難民キャンプでもその腕の良さは健在で、10%を100%に変える奴という評価を受けていた。


*https://matome.naver.jp/より引用*

一方明真に残った伊集院登(小池徹平)は研修医を終え外科医として働いているが、

研究ばかりで手術の腕が全くない上司の手術を勝手にリカバリーしたために上司のメンツを潰す結果になり、地方に飛ばされる危機に直面していた。

同じく明真に残った里原ミキ(水川あさみ)は意欲的に仕事をしているものの明真の経営不振の実態を不安視している。

麻酔医の荒瀬門次(阿部サダヲ)は明真にいるというだけでやる気がみられずただ毎日をこなす日々を送っていた。

藤吉圭介(佐々木蔵之介)は地方の病院で勤務していて明真にはいない。

チームドラゴンが注目を浴びていた時代は患者数も多かった明真は今じゃ閑古鳥が鳴いていて、いよいよ病院の存続自体も危ぶまれるというのが現状だった。

そんな時元チームドラゴンのメンバー相手に一通のメッセージが届く。

書かれていたのは実にわかりやすい内容。

明真を立て直すため、チームドラゴンを再集結させようといったものだった。

匿名で送られてきたそのメッセージだが、伊集院や里原はまたあのメンバーで集まれるという期待に胸を弾ませていた。

しかし一足先に帰国したのはチームドラゴンの宿敵、野口賢雄(岸部一徳)だった。

経営不振の明真を立て直すことを目的にリスクマネジメント統括部長として帰ってきたのだ。

ちょうどその頃、明真近くで発生したひき逃げ事故により一人の患者が搬送されてきた。

運ばれてきた患者の片岡一美(内田有紀)は医師たちもあきらめが先立つほどの重症を負っていた。

手術中やはり片岡は心停止し、手術は残念な結果で終わったと思われたその時、

手術室に入ってきたのは朝田だったのだ。

朝田は一人で極めて難しい手術をやってのけ、片岡は蘇生。一命を取り留める。

朝田が戻ってきたと喜ぶ伊集院たち。

やる気を完全に失っていた荒瀬までもが覇気を取り戻し、藤吉も臨時職員として戻ってきた。

チーム再結成の瞬間だった。

藤吉は一人の患者の手術を持ち込んできた。

拡張型心筋症を患っている妊娠7ヶ月の妊婦、富樫ゆかり(りょう)。

それでなくても難しい手術であるのに富樫は妊娠していて子供は諦めないというため、

どの病院からも門前払いされてきた患者だ。

子供を諦めないと手術ができないと誰もがあきらめかけたが、朝田は妊娠9ヶ月になったタイミングで赤ちゃんも母体も救うという決断をする。

その手術の承諾を得るため野口の元へ向かった藤吉と朝田。

しかし野口は首を縦には振らず、野口が企てていた公開オペの執刀を自分がするという条件を出すも結果は変わらず。

手術のため北洋病院の手術室を使わせてくれないかと打診しに行った伊集院もまた振るわない結果で北洋を後にする。

しかしひき逃げされた自称医療ジャーナリストの片岡に相談するとその事態は激変。

とんとん拍子に手術ができるようになったのだ。

手術まで残り1週間。公開オペの前日、富樫の容体が急変。

翌日に予定されている公開オペ終了を待てない状態になってしまう。

朝田は考えた末、通常2時間かかる手術を45分で終わらせると断言。

それからすぐに富樫の手術に入るといい、驚く藤吉もその言葉を信じるしかなかった。

オペ当日、全国の医療界から著名な客人が見守るなか公開オペは始まった。

ところが45分が経とうとしているその時患者に新たな異変が見つかる。

しかし朝田は自分の手術はここまでだと呼び寄せた霧島軍司(北村一輝)にバトンタッチ。

自身は野口の手術へと向かった。

帝王切開によりまずは赤ちゃんを取り出しバチスタへと移る。

その時赤ちゃんに10万人に一人と言われる先天性の心疾患が見つかる。

何もしなければ死んでしまう状態だといい、朝田はそちらの手術に向かうことに。

野口のバチスタは伊集院に任された。

公開オペの執刀を代わった霧島と初めてのバチスタを執刀することになった伊集院、

そして未経験ながら独自の術式で新生児を救おうとする朝田。

それぞれの手術は誰一人命を落とすことなく終了した。

翌日の朝刊に載った一つの記事。

それは明真が野口親子を救ったといったものだった。

そもそもの約束は成功しても失敗に終わっても、明真の名前は一切出さないというものだったのにどうして、と伊集院は考える。

そんな伊集院の様子に医師の木原(池田徹平)が漏らした一言を聞いて伊集院はハッとしなにかに気が付く。

木原が伊集院にいった一言、それは北洋と明真が業務提携したというもの。

はじめにチームドラゴンのメンバーへメールを送ってきたのは誰だったのか、

何の目的で再集結させたのか。

野口と手術成功を祝ってワインを嗜んでいた人物、

それは片岡一美だった。

「医龍2」第1話 感想

チームドラゴンが何者かのメッセージによって再集結することになりましたね。

それは医療を使って金儲けをしようと企てる黒幕のシナリオだったのかもしれない、といったところで一話は終了しました。

だとすれば腹立たしい話かもしれませんが、医龍ファンにとってはとりあえず再結成を叶えたチームドラゴンの懐かしい手術シーンに喜びたい気持ちもあるのではないでしょうか。

朝田の目の前の命を必ず救うという熱意にひどく感動しました。

はじめてバチスタを執刀した伊集院もなんだかたくましく見えましたよね。

「医龍2」第1話 まとめ

2時間18分という拡大枠で放送された第一話のあらすじを紹介しました。

チームドラゴンはビジネスのために利用されようとしているのでしょうか。

片岡はやり手と皮肉される北洋のオーナーで野口と共謀しているという事実が分かった今、

チームドラゴンのメンバーはどう行動していくのでしょうか。

圧巻の手術シーンも見ごたえありの「医龍2」第1話まとめでした。

関連記事 ドラマ「医龍2」を無料で見たい方はこちらの記事へ↓

 ドラマFanfan 
人気ドラマ・あの名作ドラマ動画を無料で見る方法を紹介します!
http://dramafanfan.xyz/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/%e4%ba%ba%e6%b0%97%e3%83%bb%e3%81%82%e3%81%ae%e5%90%8d%e4%bd%9c%e3%83%89%e3%83%a9%e3%83%9e%e5%8b%95%e7%94%bb%e3%82%92%e7%84%a1%e6%96%99%e3%81%a7%e8%a6%8b%e3%82%8b%e6%96%b9%e6%b3%95%ef%bc%81/
ドラマと言えばフジテレビ系と言われるくらい、同局系では沢山の人気ドラマがありますね。今回はフジテレビ系の人気ドラマや映画の動画を無料で見る方法を紹介したいと思います。先日放送された「コード・ブルーシリーズ」などの最新の人気作品から、「医龍シリーズ...