高橋一生さん主演のドラマ「僕らは奇跡でできている」(僕キセ)

ホッとするストーリーに引き込まれてる人が続出です。

 

僕らは奇跡でできている』の第7話やこれまでの回の見逃し動画を無料で見る方法を紹介します!

・7話を見逃がしてしまった。。。

・あ、録画を忘れてた。。。

・録画してたはずのに消されてた。。。

 

そうなったら最悪ですね。。物語も中盤に差し掛かり、前の話が分からないと折角の話が分からなくなります。ドラマをフルで楽しめません。

 

そんなあなたに無料で見逃し動画を見れる方法を紹介します!

 

FODプレミアムであれば、お試し期間に1300ポイントゲットできるので、そのポイントを使う事で『僕らは奇跡でできている』の第7話を無料で見る事ができます。(1話あたり300ポイント必要)

もちろん1話から最終話にも使えるので、とってもオススメです!
FODプレミアムで『僕らは奇跡でできている』を見る方法 公式サイトはこちらから

 

また、DailymotionやパンドラTVでも見れないかも調べてみました。

 

 

2018年11月時点の情報です。詳しくは公式サイトで確認ください。

 

僕らは奇跡でできている(僕キセ)の第7話見逃し動画を視聴する方法はこちら!

『僕らは奇跡でできている』7話の動画ですが、最新話の放送から1週間以内であれば、カンテレドーガで無料視聴ができます。

カンテレドーガは関西テレビの動画配信サービス。『僕らは奇跡でできている』の製作は関西テレビなので、こちらで無料配信されています。ただし

但し、視聴できるのは最新話の放送日から1週間だけ!

1週間過ぎてしまったら見れないので注意が必要です。

ここは気を付けてください。

 

カンテレドーガはこちら

 

では、1週間過ぎてしまった場合はどうするのでしょうか?

 

そんな時こそFODプレミアムの登場です。

FODプレミアムはフジテレビ系の動画配信サービス。月額888円(税込み)で、動画や雑誌の読み放題、電子書籍を楽しめるサービスです。

 

今ならFODプレミアムに登録後の無料お試し期間(1か月)で『僕らは奇跡でできている』(僕キセ)の1話から最新話1話300ポイントで見る事ができます!

このお試し期間に最大1300ポイントゲットできるので、ポイントを使う事で実質無料で見る事ができるという訳です。

FODプレミアムではもちろんフル動画で配信されます。これで7話の見逃し動画もばっちり見れますね!

 

無料お試し期間の条件は簡単!Amazon ID(Amazonアカウント)で申し込めばOKです!条件はたったのこれだけです!みなさんお馴染みのAmazonです。

無料お試し期間は簡単に利用できます!

 

FODプレミアムで『僕らは奇跡でできている』を見る方法 公式サイトはこちらから

 

FODプレミアムでポイントをゲット!『僕らは奇跡でできている』7話の見逃し動画を見よう!

FODプレミアムでのポイントゲット方法を紹介します。

ポイントのゲット方法は以下の2種類があります。

 

・月初め、または入会時の100ポイント

・8のつく日の400ポイント

 

上記で月初め・または入会時の100ポイントは自動的にポイントがゲットできます。一方の8のつく日の400ポイントは以下の方法でゲットが可能です。

 

 

 

引用:http://fod.fujitv.co.jp/

入会時のボーナスポイントについては何もしなくても自動的にゲットできるのですが、8のつく日のポイントに関しては、FODプレミアムのサイトにアクセスしてボタンをクリックすることでポイントがもらえます。

上記画像の画像の赤枠囲ったところのボタンです。

ボタンのクリックを忘れてしまうと、400ポイントはゲットできないので注意が必要です。

400ポイントはかなりお得なので、忘れずにクリックしてポイントゲットしましょうね!

 

ポイントゲットの具体例を紹介します。例えば11月1日にお試しキャンペーンに申し込んだとしますね。そうすると、以下の感じで1300ポイントがゲットできます。

ポイント獲得の例

11月1日 100ポイント(入会ポイント)

11月8日 400ポイント

11月18日 400ポイント

11月28日 400ポイント

合計  1300ポイント

こうしてみると、8のつく日のポイントが大きいのが改めてわかります。

もちろん月の途中(例:10月27日など申し込み)でも同じよう8のつく日にポイントがゲットできますのでご安心を!

*上記情報は2018年11月現在のものです。詳細は公式サイトでご確認ください!*

 

PandoraTV(パンドラ)やDailymotion(デイリーモーション)は危険!!

『僕らは奇跡でできている』をPandraTVやDailymotionなどの無料サイトで見ようとしていませんか?

無料で公開されているので、一見かなりお得に思えるのですが、実はそれってかなり危険な事知ってました?

 

理由は二つあります。

一つ目は違法アップロードされている動画であるという事。動画にはもちろん著作権があるので、これら無料サイトのコンテンツは著作権を無視しています。普通に動画を配信する場合は著作権料の支払い義務が出てきます。これを無視している訳。

 

違法アップロードは動画コンテンツを、アップロードした方だけでなく、見る方もアウトなので注意が必要です。見る方も違法になるので気をつけましょう。

 

引用:https://www.photo-ac.com/

加えて二つ目ですが違法アップロード動画は

・動画視聴中に何度も広告が出る

・画質が荒い

だけでなく

 

開いただけでスマホやパソコンがウイルス感染するリスクを含んでいます!

引用:https://www.irasutoya.com

 

このウイルス感染は非常に怖いです。

ウイルス感染する事で、カード情報などの大切な個人情報が流出したり、パソコンが故障してしまい修理になることも・・・・

個人情報が抜き取られるのはとても怖いですね。

過去にはこんな報告も・・・・

 

 

PandraTVもDailymotionもサーバーは海外にあります。何をされるかわからないので、このようなリスクは負わないことがベストです。

広告は入る、画質は悪い、ウイルスにも感染する・・・・

只より高い物はないってこのことじゃないでしょうか?

『僕らは奇跡でできている』の見逃し動画は安全な動画が配信されるFODプレミアムで見る事をおススメします!

 

*上記情報は2018年11月現在のものです。詳細は公式サイトでご確認ください!*

 

FODプレミアムのメリット

FODプレミアムには、動画が安全であるだけでなくたくさんのメリットがあります!

【動画】

人気ドラマを始め、映画、バラエティー、アニメ、スポーツなどたくさんのコンテンツが見れる

【雑誌】

Domani、Steady.、VERY、Cancam、nonno、などのファッション誌を始め、女性セブン、週刊文春、フライデーなど100以上の雑誌が読み放題

【漫画】

電子書籍サービスで、ドラマの原作漫画などが見れる。しかも20%ポイント還元!

 

 

動画作品だけでなく、雑誌は無料、電子書籍が安く読めるのもメリットだと思います。特に雑誌読み放題はお得ですね。

ファッション誌などは意外に高かったりするので、毎月購読している雑誌があればFODプレミアムを使う事で、定額で読むことができます。

週刊誌であれば、一冊400円だとして、1か月5週でもう2000円です。けっこうな出費です。

 

しかも他に読みたかった雑誌も読めるので、かなりお得なんですね!

スマホ一つで雑誌やドラマ、電子書籍と言ったたくさんのコンテンツが見れるのです。

引用:https://www.pakutaso.com/

 

人気のドラマがたくさん見れる!

FODプレミアムはフジテレビ公式の動画配信サービスです。たくさんのドラマ作品を視聴可能です!

誰もが知っている名作も、FODプレミアムで視聴ができます。

 

・グッドドクター

・コードブルー

・絶対零度

・僕たちがやりました

・テラスハウス

・やまとなでしこ

・医龍シリーズ

などなど

 

先のクールで話題になった『グッドドクター』や大ヒットシリーズの『コードブルー』などたくさんの人気ドラマが見れます!

 

もちろんドラマ以外にも、アニメやバラエティなど家族で楽しめるのがFODプレミアムの魅力です!

 

電子書籍がいつでも20%ポイント還元

引用:https://pixabay.com/

FODプレミアムは雑誌の読み放題に加え、電子書籍の購入ができます。

これは他の動画配信サービスにはないお得なポイントです。

 

しかも、電子書籍には全て20%のポイント還元つき!

 

実質20%引きで欲しいマンガや書籍を読むことができます。

 

これもFODプレミアムが多くの人に使われている理由の一つです。

 

ちなみに、20%ポイント還元はキャンペーンではないので、契約している間であればずっと利用ができます。

FODプレミアムの無料お試し期間はいつまでかわかりません。

できるだけ早く申し込まれることをおすすめします!

 

*上記情報は2018年11月現在のものです。詳細は公式サイトでご確認ください!*

 

「僕らは奇跡でできている」(僕キセ)第7話のあらすじ

 

 

リスの為の橋が完成し、リスが渡っていく光景を一緒にみた相河一輝(高橋一生)と水本育実(榮倉奈々)。

 

育実が一輝に話したのは自分はウサギだという理由で、それは自分に自信がないゆえに、自分のすごさを証明したいというものだった。

 

その考えは一輝のなかにはなかったようで、一輝は驚いている。

 

そんな一輝に育実は、一輝はウサギじゃないからわからないと言うが、それは一輝によってやんわりと否定された。

 

 

大学での一輝の講義は日に日に人気を増し、いつのまにか教室は満員となっていた。

 

それは生徒達から一輝のゼミを熱望する声まで出るほど。

 

一輝は講義のなかで、ダチョウは「飛べない」のか、はたまた「飛ばない」のかという話をし、その観点に生徒達はまた気付くことがなかったそれぞれの思いを見つめ直すことになる。

 

 

そんなある日、いつものように一輝の元なの虹一(川口和空)が訪れた。

 

一輝は完成したリスの橋をリスが渡っていく様子を撮影したものを虹一に見せると、虹一は自分が書いたリスの絵を一輝に見せる。

 

一輝は虹一の世界観がよく出ているその絵を褒めた。

 

 

しかし虹一は塾をサボって一輝の元へと通っており、そのことは母に全てバレてしまっている。

 

母は虹一を咎め、翌日虹一は腹痛を理由に学校を休むことになった。

 

学校を休み部屋で寝ているはずの虹一の姿は一輝の元にあった。

 

部屋にある防災ロープを使って、以前母と練習したことを実践し家を抜け出したのだ。

 

それに気付いた母は一輝の元にいるのではないかと勘ぐり、一輝の連絡先を聞くべく育実の元を訪れた。

 

少し遅れて一輝も育実のクリニックに訪れ、虹一は自分の家にいると母に告げた。

 

 

一輝から事情を聞いた母は虹一を連れ帰ろうと一輝の自宅を訪れる。

 

虹一はもちろんそれを強く拒否。

 

母は虹一が勉強に遅れをとっていること、学校で悪目立ちしていることを打ち明け、母として人並みにできるように促してあげるのが役目だと言うも、一輝にはそれが理解できない。

 

一輝は自分は虹一のいい所を100個言えると宣言し、根負けした母親は一晩虹一を一輝に預けることに決めた。

 

 

翌日虹一と一輝は森を訪れ、興味の向くままに行動し絵を描いた。

 

帰宅した二人を待っていた育実と虹一の母。

 

母は虹一はやればできる子なのにやらないことが理由で勉強についていけないんだと説明し、金輪際虹一と会うことはやめてほしいと頼み込んだ。

 

しかし一輝はやっても出来ないのかもしれないと、これまで見てきた虹一の特徴を母に話す。

そして自分のこれまでを静かに話し始めた。

 

 

一輝も幼い頃学校で怒られてばかりいたこと、

 

周りの普通が自分にはできなかったこと、

 

それが理由でなかなか友達もできなかったこと、

 

しかし理科は大好きで、中学では理科クラブに入ったこと。

 

 

理科クラブで研究の発表をしたことをきっかけに、周りから褒められ始めたことが嬉しくて、

 

もっと褒められたい、もっとすごいと言われたいと理科クラブで頑張ることを決め、自分を馬鹿にした人達を見返すことも考えていた。

 

 

その思いは次第に、この分野では人に負けたくないという意地や、もっとすごいと言われることをしなければならないという焦りに変わっていき、

 

これまでは楽しくて仕方がなかった生き物の観察がつまらなくなってしまったという。

 

そんな一輝を救ったのはやっぱり祖父で、「やりたい」ならやればいい、「やらなきゃ」と思うならやめればいいと言われたことで、理科クラブをやめても、生き物の観察をしなくなったとしても、自分は存在していていいのだと思えるようになったと明かした。

 

それは以前育実が「ウサギじゃないからわからない」といった時の一輝の否定の意味だった。

 

 

後日、虹一の母が一輝の元を訪れ、虹一が教科書を読むと頭が痛くなるのは目が光を強く感じすぎてしまうからだと、受診した眼科で明らかになったと報告する。

 

明確な原因があったのに、虹一はダメな子だという先入観で物事をみてしまっていたと反省する母の姿。

 

見えない敵を自分で作って、こうしなければならないという思いに囚われていたと語った。

 

 

 

「僕らは奇跡でできている」(僕キセ)第7話の感想

 

 

今回は虹一と一輝の回でした。

 

そして序盤からはっとさせられる二択が飛び出しましたね。

 

「飛べない」のか「飛ばない」のか。

 

「やりたい」のか「やらなきゃ」なのか。

 

 

ここまでに一輝に何度か考えさせられていた付箋もしっかり回収する形になった第7話でした。

 

 

一輝は今回、虹一と育実に、すごいところを100個伝えていました。

 

その影響で、虹一は母に同じように100個のすごいところを伝える幸せの連鎖がおこりましたね。

 

一輝が伝える100のすごいところは育実曰く「誰にでもできること」がほとんどで、でも一輝は「誰にでもできることができるということはすごくないのか」という純粋な返答をするんです。

 

何度はっとさせられたかわからないほどでした。

 

 

そして気になるのが最後の一輝の言葉。

 

家政婦の山田さんに向かって、自分は山田さんから生まれたのかと問いかけるシーンで第7話は終了したのですが、兎にも角にも続きが気になりますね。