2018年秋ドラマも次第に物語が動き始めましたね。

今人気絶好調の高橋一生さん主演、榮倉奈々さん出演で、

大人気シリーズとなった「僕道シリーズ」や「救命病棟24時」、「フリーター、家を買う」などの高視聴率ドラマを手掛けてきた橋部敦子さんが脚本を担当したことでも注目を集めているドラマ「僕らは奇跡でできている」の気になるストーリーを紹介していきます。

今回は10月30日に放送された第4話のあらすじ(ネタバレ)と感想をまとめていきましょう。

 

スポンサードリンク
 




「僕らは奇跡でできている」第4話のあらすじ(ネタバレ)

いつものように相河一輝(高橋一生)の講義を受ける生徒たちだが、生徒の一人である新庄龍太郎(西畑大吾)が突然歯痛を訴え、それに気付いた青山琴音(矢作穂香)は一輝が通っている歯科クリニックを紹介してもらおうと一輝に声をかけた。

抜歯の際に歯の大切さに気が付いた一輝はその場でクリニックへ連絡を入れ、すぐに新庄を連れていった。

一輝がクリニックについてきたのには理由があった。

動物園の一件から会えていない虹一(川口和空)を一輝は気にしており、予約を虹一がいる日に入れようと試みるも、個人情報保護の理由でさせてもらえない。

そこへ家政婦の山田(戸田恵子)から連絡があり、おでんをつくるのにこんにゃくを買い忘れてしまったという山田のためにこんにゃくを買って帰ることに。

一輝が買ってきたこんにゃくをみて山田は開いた口がふさがらない様子だ。

一輝は値段や色、原材料などがちがうこんにゃくを不思議に思い、店頭に並んでいるこんにゃく全種類を買ってきたのだ。

 

 

翌日、大学に一輝の姿はなく、新庄に一本の電話が入った。

電話の相手は新庄の母で、一輝が新庄の実家にいるという。

新庄の父が一輝を泥棒と間違えてしまったという理解しがたい内容であり、新庄は実家へ帰ることを拒否するも、青山たちの強い希望により新庄、青山、尾崎(北香那)、須田(広田亮平)の4人で群馬にある新庄の実家へ向かうことになった。

新庄の両親はこんにゃくをつくり生計をたてており、こんにゃく芋からつくるというこだわりのこんにゃくをつくっている。

一輝は新庄の父からこんにゃく芋が育つのは3年という期間がかかること、.3年かけて育てても動物も食べないほどにえぐみが強く、製造過程で石灰を混ぜなければ食べることもできない芋だということ、それだけ苦労してやっとこんにゃくが完成することなどを学び感心している。

新庄ら4人が到着したときには一輝のこんにゃくに対する興味は最高潮になっており、一輝はこれだけ面倒な過程を繰り返しこんにゃくをつくっている新庄の両親に尊敬の意を示した。

それと同時に沸き上がった一つの疑問は、帰宅しても一輝の脳を支配することになる。

一輝は寝ても覚めてもこんにゃくはどうして絶滅しなかったのかという疑問を考え続けていた。

奈良時代からあるというこんにゃくは、味もなければ製造過程もいばらの道で、そこまでしなきゃならないこんにゃくはいつ絶滅してもおかしくなかった。

 

 

一方水本歯科クリニックの院長である水本育実(榮倉奈々)は恋人である鳥飼雅也(和田琢磨)からの突然の連絡に驚いていた。

クリニックが終わっても仕事をしていた育実にたこ焼きを買って現れた雅也だが、すぐに帰って行ってしまう。

育実は直前に雅也に届いた女性からの親密そうなメールが目に入ってしまったことを言えずに、翌日も会いに来た雅也に対し冷たく当たってしまう。

しかし後日雑誌の編集者から偶然聞いた話では、雅也は育実の躍進を自分のことのように喜んでいたという情報だった。

そんな時偶然一輝と育実は出くわし、一輝は育実に新庄の家から譲ってもらったこんにゃくをおすそ分けする。

こんにゃくは味もそっけもないからいらないという育実に、一輝はこんにゃくをつくるうえでの大変さを語った。

そして、一輝がずっと不思議だったこんにゃくは何故絶滅しないのかという独自の答えを育実に伝える。

 

 

こんにゃくは意識しなければ思い出すこともないようなもので、味もそっけもないと思ってしまえばそれ以上にはなりえないもの。

でもそんなこんにゃくの内部をよく見て観察すると、そこには想像もしなかった苦労や歴史、人の想いや奇跡などさまざまなことが見えてくる。

こんにゃくが絶滅しなかったのはこの気持ちを忘れさせないためだと。

 

 

それにハッとした育実はやはりこんにゃくを受け取ることはなかったが、雅也の想いと自分の浅はかさに心底気が付いたようだった。

こんにゃくをかっこ悪いと嫌っていた新庄は一輝に「自分もこんにゃくをつくったほうがいいのか」と聞いた。

なぜそう思うのかと聞いた一輝に、一輝がこんにゃくを褒めるから、そして両親が喜ぶからと答えた新庄。

 

 

一輝は新庄の返事を聞いて少し考えたあと、自分が新庄なら作らない、と答える。

聞いて損をしたと言っていた新庄だが、一輝がどうして作らないと言ったのかはちゃんと気が付いているようだった。

スポンサードリンク
 




「僕らは奇跡でできている」(僕キセ)第4話の感想

今回はこんにゃくの回?新庄くんの回?とにかくかなり深い回でした。

何故一輝がこんにゃく製造をみていたかということですが、一輝はもともと流星群をみるため展望台を目指しており、その車中から見つけたイノシシを追っていたところ新庄家のこんにゃく畑に侵入、泥棒と間違えられる…という経緯でした。

理由はどうであれ、こんにゃくには想像もしなかった苦労や歴史があり、

ものごとの表面だけでなく、側面、内面などもあるということを忘れさせないためにこんにゃくは絶滅を回避し存在し続けるんだという一輝の解釈はさすがとしか言えません。

そして新庄にこんにゃくをつくった方がいいのかと聞かれた一輝の答えもとても感慨深いものがありました。

誰かが褒めたから、誰かが喜ぶから、ではなく、自分の意思がどこにあるのかということを一輝は伝えたかったのかもしれませんね。

スポンサードリンク
 




 

「僕らは奇跡でできている」(僕キセ)第4話あらすじ・ネタバレ・感想のまとめ

いかがでしたでしょうか。

第4話のあらすじ(ネタバレ)と感想をまとめてきました。

生徒との距離は確実に縮まり、育実も一輝の言葉に影響を受けることが増えてきましたね。

今後の展開が気になる「僕らは奇跡でできている」は毎週火曜日21時から放送中です。

・関連記事

僕らは奇跡でできている第3話のあらすじ

僕らは奇跡でできている無料で動画を見る方法