今人気絶好調の高橋一生さん主演、榮倉奈々さん出演で話題のドラマ「僕らは奇跡でできている」

大人気シリーズとなった「僕道シリーズ」や「救命病棟24時」、「フリーター、家を買う」などの高視聴率ドラマを手掛けてきた橋部敦子さんが脚本を担当したことでも注目を集めているドラマ「の気になるストーリーを紹介していきます。

今回は10月9日に放送された第1話のあらすじと感想をまとめていきましょう。

 

・関連記事

僕らは奇跡でできている第2話のあらすじ

 

「僕らは奇跡でできている」第1話のあらすじ(ネタバレ)

都市文化大学で動物行動学の講師を務めている相河一輝(高橋一生)は幼少期、祖父が陶芸をしているアトリエがある森の中でよく過ごしていた。

木々に囲まれる自然豊かなこの土地には、さまざまな命が存在しており、一輝は夢中になって虫や動物を追いかけた。

夢中になるあまり、祖父が作った陶芸の器を割ってしまうこともあったが、祖父は一輝の理解者であり、割れた器を見て叱るどころか、どうすれば割れてしまった器がまた輝くのかと一輝に問いかける。

その割れた器のカケラは、一輝が大人になった現在で一輝が飼育している亀の水槽の中で生き続けていた。

家政婦の山田(戸田恵子)が用意した朝食を食べる時から一輝はいたってマイペース。

人の気持ちを察するよりも先に、自分が食べたいもの、自分の興味が沸くものが最優先で、山田は一輝のそんな姿に怒ったような態度をとるが、一輝の性格を深く理解しているためそれはフリにすぎないのだ。

 

マイペースに仕事の準備を進め勤め先である大学へと向かう。

しかしその道中にも一輝にとってワクワクするような生き物の声がたくさんあり、ついつい寄り道をしてしまう。

案の定遅刻をしてしまった一輝を事務長の熊野(阿南健治)は咎めるが、一輝はさして気にしていなかった。

務めて若干半年の一輝の授業は、生徒たちからはまだまだ受け入れられず、一輝がただ楽しそうに動物について語る中、思い思いに時間を潰す生徒たちの姿が目立った。

昼食を食べようとしていた一輝はしばらく前から感じていた歯の痛みを強く感じ、歯科クリニックへ訪れる。

 

そのクリニックの院長である水本育美(榮倉奈々)は容姿端麗で若くして歯科クリニックの院長というエリートだが、

悪意なくきつい物言いをしてしまうため人間関係を構築することが苦手で、自分の関心のままに話し続ける一輝とはなかなかかみ合わない。

歯の治療方針に納得がいかない一輝は帰ってしまったが、すぐにまた歯科クリニックへの予約を入れた。

緊急扱いでクリニックに予約を入れてしまった為、時間厳守と言われていたのにもかかわらず恐竜の模型を組み立てることに熱中してしまい時間を忘れてしまう一輝。

育美は予約していた料理教室をキャンセルし一輝の治療にあたったが、一輝に悪びれる様子はなく違和感を覚える。

育美は父から譲り受けた水本歯科クリニックの休診日に、審美歯科クリニックでも勤務していた。

仕事にまじめな育美は自身の実績を積むことへの努力を惜しまない。

 

そんな時頑張る女性の特集を組むという雑誌編集者から育美に取材の依頼があり、それを受けた育美は自分へのご褒美として高級ジュエリーを購入。

それをつけて交際相手と高級ディナーへ行くが、店の選出も支払いも全て育美が勝手に進めてしまう。

そんな育美に交際相手は自分を見下していると怒った。

相変わらず自分が一番楽しみながらの授業を続ける一輝。

 

歯医者で出会った少年の言葉が一輝にとってトレンドワードになっているようで、その解釈を生徒たちにも考えさせた。

それはうさぎと亀についての謎で、うさぎを抜いた亀はどうしてうさぎに声をかけなかったかというもの。

もしかすると居眠りではなく倒れていたかもしれないのにという少年の言葉に一輝はハッとしたのだ。

一方交際相手がどうして怒ったのかわからない育美。

モヤモヤを隠せない育美の前に、予約時間より1時間も早く一輝が訪れた。

 

時間を忘れてしまっては困るからという一輝。

育美は時間を守ることは人として当たり前の事だと一輝を責めた。

治療を終えた一輝は育美に、育美はうさぎだと言い出し、少年と話したうさぎと亀の謎についての解釈を話し始める。

亀ははなからレースの勝敗になど興味がなく、ただ自分が歩く景色を楽しんでいる、それに対してうさぎは始めから、亀を見下すためだけに走っている、と。

 

・関連記事

僕らは奇跡でできているの動画を見る方法

 

「僕らは奇跡でできている」第1話の感想

「僕らは奇跡でできている」第1話のあらすじを紹介してきました。

さすが橋部敦子さんと感じざるを得ない独特のセリフ回しはどれも、ハッとしてしまうものばかりでしたね。
特に記憶に残ったキャラクターは一輝の祖父でしょうか。

抜歯しなくてはならなくなり落ち込む一輝に、「よかったな」と声をかける祖父。

これで歯の大切さがわかっただろ?というセリフが続くんですが、なんとも言えないというか、マイナスをプラスに変換する天才ですよね。

一輝が一輝らしくいられるのはひとえに祖父の存在の大きさがあるのかもしれません。

そして最後の方にかけて、暇つぶしでしかなかった一輝の授業に生徒が関心を持ち始めたと感じる描写がいくつかありました。

答えではなく、想像する面白さを重視している一輝の授業に生徒自身が気付き始めたんですね。

これから生徒たちの登場回数も増えていきそうですから、先が楽しみです。

「僕らは奇跡でできている」第1話あらすじ(ネタバレ)感想のまとめ

いかがでしたでしょうか。

「僕らは奇跡でできている」の第1話を紹介しました。

とても深いセリフが多く登場する興味深いドラマでしたね。

「僕らは奇跡でできている」は毎週火曜日夜9時から放送中です。

ドラマを見逃してしまった!もう一度見たい方にはFODプレミアムがとってもオススメです!

・「僕らは奇跡でできている」を見逃した・・・・
・再放送もやってないしどうしよう・・・・
・話が分からなくなってしまった・・・・

かなりショックですよね・・
そんな時におススメなのが「FODプレミアム」です。

 

僕らは奇跡でできているは関西テレビの製作という事でフジテレビ系列です。

そのフジテレビが運営している「FODプレミアム」では僕らは奇跡でできているの動画視聴が可能です。

 

FODプレミアムの会員になれば名作ドラマの視聴も可能です。

・グッドドクター
・コードブルー
・テラスハウス
・シグナル 長期未解決事件捜査班
・絶対零度~未然犯罪潜入捜査~

他のフジテレビ系ドラマ作品が見放題!付属の電子書籍サービスで雑誌も読み放題!

それで価格も月額888円なのでとってもお得ですね!

今なら無料のお試し期間もあります!



無料期間はいつ終わるかわからないのでお早めに!

見逃し配信をつかってストーリーに追いつくことができるうえに、たくさんのコンテンツが見れるのでとってもオススメなんです!