平成最後のドラマが次々と発表されていますね。

2019年4月8日スタートの月9ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科のレポート~」は医療系月9ドラマとして注目を集めていますね。

本記事では「ラジエーションハウス~放射線のレポート~」から出演するキャスト情報や気になる内容などを紹介していきます。原作キャラとのギャップはあるのでしょうか?

 

 

「ラジエーションハウス~放射線科のレポート~」の内容は?

 

2019年4月8日月曜日からスタートする新月9ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科のレポート~」はどのような内容なのかを紹介していきましょう。

ドラマ名からもわかるように、舞台は病院。

主人公たちは放射線技師として勤務しています。

病院へ受診する患者の印象に残るのは主治医や看護師たちなど直接関わる回数の多い人になりがちですが、CTやレントゲンなどを扱う放射線技師や、その映像から病変を見つけ出し診断をくだす直接の判断をする放射線科医など、多くのいわゆる「縁の下の力持ち」といえる職種の人も多いんです。

「ラジエーションハウス~放射線科のレポート~」では、放射線技師の主人公からみる医療ドラマというあるようでなかった視点で今から注目が集まっているんです。

 

 

「ラジエーションハウス~放射線科のレポート~」主要キャスト

 

では「ラジエーションハウス~放射線科のレポート~」に出演するキャスト勢を紹介していきましょう。

 

五十嵐唯織 (いがらし いおり) → 窪田正孝

 

五十嵐唯織は放射線技師として働いています。

放射線技師としての腕は天才的ではありますが、人間関係は少し苦手のようです。

いわゆるコミュ障という部類の人です。

 

そんな五十嵐唯織を演じるのは窪田正孝さん。

窪田正孝さんといえば高い演技力で知られていますよね。

シリアスな演技からコミカルな演技までなんでも演じ切る演技力は若手俳優のなかでもトップレベルです。

これまで多くの作品に出演してきた窪田正孝さんですが、意外なことに月9への出演は初めてとなります。

初めてにして主演、そしてそれが「平成最後の月9」ということで期待は高まるばかりです。

 

唯織はなかなか個性の強いキャラクター。キャストとして窪田正孝さんはピッタリなのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク





 

甘春杏 (あまかす あん) → 本田翼

 

甘春総合病院で放射線科医として働く甘春杏は甘春総合病院前院長の娘です。

放射線科医と放射線技師のボーダーをきっぱりとわけて考えています。

杏の幼馴染で、杏に憧れを持っている唯織との温度差は凄まじく、杏は唯織が幼馴染だということにも気が付いていません。

この幼馴染という設定は原作と同じですね。

 

演じるのは本田翼さんです。

2015年に月9ドラマ「恋仲」でヒロインを演じた経験がある本田翼さんが初の医師役として月9に戻ってきました。

モデルや女優として同性からの圧倒的人気を誇っていた本田翼さんですが、最近では自身のYoutubeチャンネルを立ち上げゲーム配信をするなど「ゲーマー」としての顔も注目を集め、可愛いだけじゃないとゲーム好きの男性からも人気を伸ばしているときの人ですね。

 

普段は明るい印象がとっても強い本田翼さん。今回はキャラクター的にとてもツンツンした役になるので、どんな風に演じるのかはとっても見どころです。

原作の杏はロングヘアが印象的。ショートヘアの本田さんですが、本田さんらしい甘春杏を演じてほしいですね。

 

 

広瀬裕乃 (ひろせ ひろの) → 広瀬アリス

 

唯織や杏が勤務する甘春総合病院で新人診療放射線技師として働く広瀬裕乃。

新人放射線技師として懸命に働いています。

唯織のことを意識しているとか…

 

 

演じるのは広瀬アリスさんです。

広瀨すずさんのお姉ちゃんという印象が強い広瀬アリスさんですが、もう「お姉ちゃん」とは言わせないほどの経歴、実力を持っていますよね。

2018年は大活躍で「正義のセ」「探偵が早すぎる」「東野圭吾 手紙」などに立て続けに出演。

「ハラスメントゲーム」ではヒロインを演じました。

24歳という実年齢で新人医師の役は年齢的にもぴったりですね。

 

 

辻村駿太郎 (つじむら しゅんたろう) → 鈴木伸之(劇団EXILE)

 

整形外科医の辻村駿太郎は容姿端麗で将来を期待されるモテ男です。

杏を狙っているため、唯織にとってはライバル的存在になります。

演じるのは鈴木伸之さんです。

身長185センチという高身長と端麗なルックスで辻村役にもってこいの俳優ですね。

劇団EXILEに属しており、多くのドラマに出演していて、今勢いが止まらない若手俳優です。

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」や「今日から俺は!!」など人気の作品に幅広く出演しています。

 

スポンサードリンク





 

「ラジエーションハウス~放射線科のレポート~」で脇を固めるベテラン勢

 

主要キャストを紹介してきました。

ここからはドラマの土台を固めるベテラン勢を紹介していきましょう。

 

黒羽たまき (くろはね たまき) → 山口紗弥加

 

放射線技師の面々を取り仕切っている黒羽たまき。

性格は超ドS毒舌でボス的存在、結婚はしていないというドラマに一人は必ずいる欠かせないキャラクターです。

 

原作ではスタイル良さが印象的なところがあり、この辺は少し違うところですね。

 

 

 

演じるのは山口紗弥加さんです。

大ベテランといってもいい山口紗弥加さんの演技力は説明するまでもありませんが、毒舌で愛想がない上司的な役は山口紗弥加さんの代名詞と言ってもいい得意な役なのではないでしょうか。

ドSキャラの山口紗弥加さんはとっても怖そうですね・・・

 

鏑木安富(かぶらぎ やすとみ)→浅野和之

 

鏑木は、地位や名声をほしがり、院長の座を狙う野心の強い男です。そのため、トラブルを起こす五十嵐唯織は彼にとって邪魔な存在。病院から早く追い出したいと思っている。

演じるのは浅野和之さん。

名脇役と言っていい大ベテランです。コウノドリ(2015)では院長役で出演していました。見覚えのある人もいるかもしれませんね。

 

大森渚 (おおもり なぎさ) → 和久井映見

 

甘春総合病院の院長です。原作では、唯織の実力を認め、理解者でもあります。

唯織の秘密を知っていたりもします。

 

演じるのは和久井映見さん。

1990年代のドラマでヒロイン枠を総なめしてきた和久井映見さんが今はドラマの土台を築くベテラン枠で出演します。

 

 

「ラジエーションハウス~放射線科のレポート~」キャスト紹介まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

平成最後の月9ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科のレポート~」のキャストを紹介しました。

若手俳優からベテラン勢までが出演する「ラジエーションハウス~放射線科のレポート~」、ますます期待が高まりますね。

キャラクターは大方原作に忠実だと思いました。
 

ドラマでは恋愛要素もバランスよく含まれていて、医療ドラマとしてだけではなく、恋愛模様も見どころの一つではないでしょうか?

 

第一話は2019年4月8日月曜、夜9時から放送スタートです!

 

スポンサードリンク