米倉涼子さん主演の人気ドラマ「ドクターX」2017、第3話のあらすじ・感想について書いていきます。
第2話ではゆとり世代の若手医者の1人、伊東亮治(野村周平)が、記者会見で大門未知子(米倉涼子)の執刀をバラし、大門こそみんなが目指すべき医者だ!という発言をし、医者を辞めてしまいました。
その事で腹を立てた内神田景信(草刈正雄)…。
今回どんな行動に出るのか…。

ドクターX 2017 キャスト紹介

大門 未知子 役 米倉 涼子

大門未知子:神原名医紹介所のフリーランスの天才外科医。医師免許が不要な仕事は「一切いたしません!」の、趣味・特技が手術という女医。

蛭間 重勝 役 西田 敏行

蛭間重勝:今シリーズでは東帝大学病院・知床 分院の院長から始まるが、東帝大学病院の院長へと返り咲く。
温和な見た目とは違い、逆らう者は切り捨てる冷血な男。

神原 晶 役 岸部 一徳

神原晶:神原名医紹介所の所長で、大門未知子の師匠。しかし、過去に医師免許剥奪されている謎の男。
メロンと請求書を差し入れるシーンで毎回お馴染みなキャラクター。
第3シリーズで未知子に命を救われる。

城之内 博美 役 内田 有紀

城之内博美:フリーランスの麻酔科医。シングルマザー。
第4シリーズでは完全除去不可能と言われる局所進行膵ガンにかかりオペで完全除去し、助けられた。

海老名 敬 役 遠藤 憲一

海老名敬:東帝大学病院の外科副部長。
院長達にひたすら尽くすが、いつも最後には大門に手を貸してしまうような憎めない男。

原 守 役 鈴木 浩介

原守:東帝大学病人の外科医。
「帝都医科大学付属第三病院」時代、大門に協力したせいで地方の分院へ飛ばされる。
(前作)久保東子副院長に呼び戻され東帝大学病院で外科医をする。
患者の心に寄り添う医療を目指す暖かい男。

その他のキャストとゲスト出演者

森本 光 役 田中 圭
猪又 孝 役 陣内 孝則
鳥井 高 役 段々 安則
内神田 景信 役 草刈 正雄

″ゆとり世代の新人医師″
西山 直之 役 永山 絢斗
有馬 亘 役 中林 大樹
黒川 慎司 役 上杉 柊平

″秘書″
中谷 惠子 役 是永 瞳
ソンタくん(ロボット) 声:岩崎 ひろし
と個性豊かなキャストが出演しています。

ドクターX2017 第3話ゲスト出演~

三鴨 寿 – 平田満

「東帝大学附属第八幼稚園」の園長である。肺腺がんを患っていて、猪又のもとで化学治療を受けている。

毎回たくさんの大物芸能人が出演するのが「ドクターX」の見どころです。

ゲスト出演する俳優さん達も楽しみですね‼

「ドクターX」2017 第3話 あらすじ

幼稚園の園児検診に訪れていた大門未知子と森本光(田中圭)、原守(鈴木浩介)。
大門は園児達に暴言を吐き…園長室へ謝罪に行くが逆にお詫びと感謝をされる3人だった。
その帰り際、園長・三鴨寿(平田満)が倒れ、大門が駆けつける。

その頃院長室では外科副部長の3人が集められていた。
蛭間院長は3人に若手の教育をやり直すよう指示!!
そして「すぐキレるな。忍耐こそが人望ある医者を育てる」と話す。だが3人の″御意!″が小さいことに誰よりもすぐにキレる蛭間だった…。

そして外科副部長3人の回診の前を、三鴨園長を連れ通りすぎる大門達。
病室で三鴨に病状を説明する大門は、すぐに手術すれば治ると話す。だが三鴨は主治医に今は手術より薬でと言われていたのだ。

そして、そこへ主治医の猪又孝(陣内孝則)が入ってきた。
「私の患者だ!見立ては正確に、バイトのお前は…」ともめる中、三鴨は「他の病院でセカンドオピニオンを聞いてみたいんですけど?」「半年経っても腫瘍が小さくならない…」と話す。
猪又は承諾するのだが…。

その夜、神原名医紹介所に現れた三鴨。
どの病院に行っても「猪又先生の見立てなら…と見てもらえなかった」と話す。
プライドが高くメンツにこだわる猪又が裏で手を回していたのだ!
そこで神原に手術を頼み、大門が執刀することに。

翌日、院長室を訪れる神原晶(岸部一徳)は、
″患者の持ち込み″と院長に週刊誌の記事を見せる。
そして大門の執刀で患者を受け入れさせるのだが…。

術前カンファレンスで、院長は執刀医は大門と伝えると、大門の「御意!」
大門の御意にみんな驚く中。
猪又が「待ってください!」と立ち上がる。
院長の誘導で猪又は「私がやりましょう!」と手術することを宣言。

そこで院長は執刀医を猪又に、第1助手を大門にと命令するのだが、猪又は「バイトなんかと…!」と拒否。大学も拒否し、5時になったと部屋を出ていく。

しかしその帰りに大門の前に園児達が現れる。「お前凄いんだろ!手術しろ!」と言われる。そんな中1人の女の子が、「園長先生歌が上手いのに、最近は声がかすれるからって歌ってくれないの」と話すのが気になっていた。

そして翌日、大門は森本に何やら頼みごとをするのだが。
夜、神原名医紹介所を訪ねてきた森本は大門に三鴨の検査結果を見せる。
結果を見た大門は「私もオペに入る!」と言い出した。

そして手術当日。
猪又は大門に「君と同じオペに入るのは不本意だ!」と話す。そして若手の3人に「オペをよく見とけ」と話す。

オペが始まるとスムーズに進める猪又だったが、すぐに血管を損傷させ出血を…大門が指示を出すと、分かっていたフリをしながらオペを進め、自分の手柄のように手術を終わらせる。
大門に縫合を命令するのだが…「致しません!」
「まだオペは終わってないので」と、猪又を退けると、術式変更「甲状腺主腫瘍摘出」と、ガンの転移を明かし手術を進める。

猪又に「私セカンドオピニオンも失敗しないので」といい放ち手術は成功。
プライドを傷つけられた猪又だった…。

その後またも院長室に呼ばれた外科副部長3人。蛭間は猪又に症例報告すぐ書けるか?と聞くのだが、プライドの高い猪又は、「バイトの手柄を取るほど落ちぶれてません!」という。
しかし他の2人に論文を取られそうになり、「書かせて頂きます!」と蛭間に頼むのだった…。

そこにいつものメロンと請求書を持った神原が現れる。
その上園児達を呼び込み上手く、蛭間を言いくるめていた…。

「ドクターX」2017 第3話 感想

今回はプライドの高い猪又との争いが凄かったですね。でもいつものように大門の凄さが分かる手術で、それを見ていた外科副部長やゆとりの若手医者達。

猪又のプライドを潰すシーンはスッキリしました。

そしてその後の蛯名と鳥井の2人の「大門初体験ですからね」と手を合わせるシーンは笑えました!

2人は既に大門にプライド潰されているんだなと…。過去を思い出してしまいました。
そして私の好きなシーン!最後の屋上での術後の大門のシーンは格好いいですね!

あとこんなのもw

まとめ 次回の見どころ

第3話は若手医者の1人・西山直之(永山絢斗)の大門を見つめる屋上シーンが気になる終わりでした。

そして第4話は婚活パーティーで森本光が出逢った女性が倒れ、森本が助けようとする話。大門は手を貸して助けるのか?

そしてその女性は内神田景信の元妻の娘で…。
大門に頭を下げる外科副部長3人の姿も。

大門を潰そうとしている内神田との間にも変化がありそうな?
気になる第4話も見逃せませんね!!

以上「ドクターX」2017第3話のあらすじ・ネタバレ・感想でした。

第4話も楽しみですね。