米倉涼子さん主演人気ドラマ『ドクターX2017』~第5話~ あらすじ(ネタバレ)・感想についてです。

第4話では森本光(田中圭)が婚約者・内神田四織(仲里依紗)の命を救うため奮闘。大門未知子(米倉涼子)の力を借り手術は無事成功しました。
蛭間院長(西田敏行)は、娘の命を救ったことで内神田景信(草刈正雄)に恩を売れると思っていたのですが…

四織は内神田の娘ではありませんでした。

彼女の正体は結婚詐欺師、森本先生はもう少しで騙されるところで…。
傷心する森本医師ですが、どんな人でも救うのが医者だと‼

第5話では天才棋士・五反田五郎(間宮祥太郎)が将棋ロボット・マングースと対局中に右手に痙攣を起こし意識不明で搬送。
一方、東帝大病院では五反田の病名が分からず、人工知能AI・ヒポクラテスを使用するのだが…。

第5話はどんな展開なのでしょうか?

ドクターX2017 メインキャスト紹介

大門 未知子 役 米倉 涼子

神原名医紹介所のフリーランスの天才外科医。医師免許が不要な仕事は「一切いたしません!」の、趣味・特技が手術の女医。本作ではおなじみの主人公。

蛭間 重勝 役 西田 敏行

今シリーズでは東帝大学病院・知床 分院の院長から始まるが、東帝大学病院の院長へと返り咲く。
温和な見た目とは違い、逆らう者は切り捨てる冷血な男。

神原 晶 役 岸部 一徳

神原名医紹介所の所長で、大門未知子の師匠。しかし、過去に医師免許剥奪されている謎の男。
メロンと請求書を差し入れるシーンで毎回お馴染みです。
第3シリーズで未知子に命を救われました。

城之内 博美 役 内田 有紀

フリーランスの麻酔科医。シングルマザー。
第4シリーズでは完全除去不可能な局所進行膵ガンをオペで完全除去し、助けられた。

海老名 敬 役 遠藤 憲一

東帝大学病院の外科副部長。
院長達にひたすら尽くすが、いつも最後には大門に手を貸してしまうような憎めない男。

原 守 役 鈴木 浩介

東帝大学病人の外科医。
「帝都医科大学付属第三病院」時代、大門に協力したせいで地方の分院へ飛ばされる。
(前作)久保東子副院長に呼び戻され東帝大学病院で外科医をする。
患者の心に寄り添う医療を目指す暖かい男。

森本 光 役 田中 圭
猪又 孝 役 陣内 孝則
鳥井 高 役 段々 安則
内神田 景信 役 草刈 正雄

″ゆとり世代の新人医師″
西山 直之 役 永山 絢斗
有馬 亘 役 中林 大樹
黒川 慎司 役 上杉 柊平

″秘書″
中谷 惠子 役 是永 瞳
ソンタくん(ロボット) 声:岩崎 ひろし

スポンサーリンク



ドクターX2017第5話あらすじ(ネタバレ)

内神田は人工知能AIを他の病院でも導入するため、東帝大病院でAI・ヒポクラテスで華麗な症例を起こしてほしいと蛭間院長に話す。

そんな中、天才棋士・五反田が将棋ロボットと対局中に倒れ、搬送されてきた。
鳥井高(段田安則)教授はMRIの結果では、五反田の病名を発見できずにいた。

そしてAIには介意的な立場だと言っていた鳥井教授だったが、AI・ヒポクラテスを使用することに…。

緊急カンファレンスで鳥井は「私の診断はこうだ!!」とヒポクラテスを使用した結果を報告。
しかし納得できない大門は「意義あり!」しかし、大門もはっきりした病名は分からずにいた。

そして大門は五反田の病室へ
するとベッドの横で倒れているのを発見!
意識を取り戻すが「どうして僕はここに?」と一過性の意識障害を起こしていた。

翌日、鳥井はヒポクラテスの診断を五反田に話、同意書にサインを求めた。

同意書を蛭間院長に提出しに行くのだが、「メディアも注目している。だから完璧かつ鮮やかでなくては」と執刀医は鳥井ではなく大門に頼む。
しかし「いたしません!」の大門。
鳥井に「機械が言ったからって何で脳膿瘍なの?オペなめないでよ!」と。

その後大門は屋上へ
そこで五反田が将棋を打っているところに出くわす。
五反田の感覚の話を聞き理解し合う2人。

そして、五反田は大門に「僕のオペしてもらえませんか?あなたとなら勝負できそうです」と頼む。

その頃、神原晶(岸部一徳)は内神田と会ったいた。2人は共に東帝大病院で働いた旧友だった。
呼び出した要求は?と内神田に聞かれると、AIを広めるという欲望のために、うちの大門を利用しないで!と話す。

一方大門は、機械との卓球をしながら五反田の病名について考えていた。
そして何かわかった大門は五反田の病室へ。
病室には五反田の姿は無かった。
雑誌の勝負メシというページを見て、五反田の居場所を発見。

五反田は勝負前だからと勝負メシの豚トロを食べていた。
大門は腕を見せてと何かを発見。
そして生に近い状態で肉を食べる五反田に、最近海外に行った?とそこでも勝負メシ食べたか尋ねた。

翌日、蛭間院長と鳥井教授は術前記者会見を開いた。そこでヒポクラテスの診断結果脳膿瘍を発表…しかし、大門が既に手術を始めていた。

大門は「患者が当たりくじを引けばいいの!」と。
そして第一助手の西山直之(永山絢斗)も「間違った診断でオペされたら困ります」と大門に同意。

そこへ鳥井教授が来ると大門は「吸引して」と指示。
仕方なく手伝う鳥井に本当の診断を下す。

有鋼嚢虫…寄生虫が体の中に、
そしてそれが脳に影響を…と

大門は「私診断も失敗しないので!」と手術は無事成功。
勝ったよ!と語りかける大門。

そして数日後、再び将棋ロボットと対局する五反田…目を閉じ頭のなかを空っぽに…
そして見事勝利した。

スポンサーリンク



ドクターX2017第5話感想

人と打ち解けない大門が、同じ天才と分かち合って話す屋上でのシーンはよかったです。

将棋でも手術でも人間が機械に勝つ!いい結末でした。

記者会見での鳥井教授、正しいことを発表してくれてスカッとしましたが、またも隠ぺいされてしまうんですね…。
恐ろしいです…。

大門と五反田の分かち合って、大門が笑って話すシーン今回の一番の見どころでした。

(次回の見どころ)

次回は第6話
親友の城之内博美(内田有紀)と決裂。
そして妻を救いたい…夫の願いで
緊急夫婦同時オペをすることに‼
しかし、パートナー決裂し、大門はまさかの手術拒否?

決裂してしまった2人
2人の力でないと難しい手術…どうなってしまうのか?

第6話も見逃せません‼

以上ドクターX2017、第5話のあらすじ(ネタバレ)感想についてでした。