TBS系ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」の第5シリーズの放送がスタートしました。

「私、失敗しないので」の名台詞がまた帰ってきました。

フリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)。

今回はどんな物語を展開していくのでしょう?

ドクターX 2017 第1話 あらすじ

絶景の露天風呂へ旅行に来た大門未知子(米倉涼子)が乗ったバスで、走行中に運転手車田一久(松澤一之)が、心肺停止状態になってしまう。
慌ててバスを停めた大門は心肺蘇生法をするも快復しない。
そこに偶然通りかかった1台の車、謎の女性の助けを借り小さな病院へ向かった。
そこには昔大門に憧れ、医局を飛び出した医師、森本光(田中圭)がいた。 森本を助手に手術をするが小さな病院では根治させるためのオペはできず、大門は、近いうち大きな病院でまたオペをすると言い残し病院から消えてしまう。

そして東帝大学病院では、初の女性院長・志村まどか(大地真央)が着任し、大学病院を建て直すため動き始めていた。
そんな時、東帝大学病院に大門が乗り込んできた。その理由は旅先での患者、車田を勝手に転院させられ自分の患者を取られたからだった。
そしてあのとき偶然通りかかった謎の女性がまどか院長だと知る。院長は車田を転院させ、森本医師を病東帝大学病院へと連れてきていた。そして、大門を雇い車田の執刀をさせると言い出す。

しかし、車田の術前カンファレンスの時、急に大門を執刀医から外し、アメリカにいる心臓外科の世界的権威ジャケル・マクソン教授に、手術支援ロボットの遠隔操作で手術してもらうことを発表する。院長は何を考えているのか、東帝大学病院を建て直すための秘策なのか、、、?
 
そして大門の前には新たな患者が、、、。
トンカツ屋さんに食事に来た大門の目の前で男性が倒れる。
大門は東帝大病院へと運びいれるのだが、その相手は有名ジャーナリスト・一色辰雄(升毅)だった。
一色とまどか院長には隠された秘密があるのだが、、。
そして有名ジャーナリスト一色を特患だとして、ジャケル・マクソン教授のオペは車田から一色へと変えられてしまう。車田のオペは大門になり、一色は支援手術ロボットでの手術となった。

そして手術当日、手術中ロボットでの手術は再起不能となってしまう。他の医師では難しいオペで、このまま患者は死んでしまうのか?そんな中、代わりにまどか院長が執刀医として手術台に立つ。
しかし、院長でも不可能の手術でインオペに、、、そこへ大門が現れ執刀し、見事に手術を成功させた。

大門を認める院長、今回は院長と上手くやっていけるのか?という矢先、院長と一色との不倫がスクープされてしまう、、、院長は退任。そして代わりにやってきたのは蛭間重勝(西田敏行)だった。
また黒い闇に包まれてしまう東帝大学病院、、、
この先どうなってしまうのか?

スポンサーリンク



ドクターX 2017 第1話 感想

初の女性院長で、東帝大学病院を建て直すと始まった今回のシリーズ。
大物芸能人の大地真央さんが演じる院長役は、とても楽しみと思い観始めました。
でも、不倫という呆気ない終わり方に凄く残念でした。妻とのシーンは恐ろしかったですね。

でも今回も大門鮮やかな手術、周りを黙らせるあの目力は格好良かったですね。そして、あの「わたし失敗しないので」や契約書の確認シーン「○○いたしません!」は格好良かったです。

ドクターX 2017 まとめ 次回の見どころ

次回第2話では、前作同様に蛭間が院長になり、東帝大学病院がまたも黒い闇に包まれていきます。
そして、次回はゆとり世代の若手医師達がメインとなる話のようです。
大門との間で何が起きるのか、第2話も楽しみです。>