人気作家東野圭吾の小説「手紙」

テレビ東京系でドラマ化が決まり、2018年12月19日の放送が決まりました。

ストーリーはもちろんですが、そのキャストも注目を集めています。

主演の亀梨和也さん他、本田翼さん、佐藤隆太などビッグネームが登場します。

 

そして、今や人気若手女優の一人である、広瀬アリスさんもドラマに出演します。

今回「手紙」で広瀬アリスさんがどのような役を演じるのか、書いていきます。

 

スポンサードリンク



ドラマ「手紙」広瀬アリス演じる中条朝美とは?

 

ドラマ「手紙」で広瀬アリスさんが演じるのは、中条朝美と言う役。

主人公武島直貴(亀梨和也:演)が通う定時制高校の教師です。

 

この中条朝美は、超お嬢様。お父さんは一流企業の専務という設定です。

 

高校で一生懸命勉強する直貴の姿勢に惹かれやがて

直貴と恋に落ちます。2人は恋人になるのです。

2人の官憲は進み、やがて、結婚へと話が進むのですが・・・

 

しかし、直貴にはある秘密がありました。

 

という感じです。

 

教師と言う役で広瀬アリスさんは、直貴の年上役を演じることになります。

実際は当然ですが、亀梨和也さんの方が年上ですね。

その辺どう演じるのか楽しみです。

 

NHK朝の連続テレビ小説「わろてんか」のリリコ役で女優としての才能が開花した印章です。

今回演じる朝美も楽しみな感じです。

 

スポンサードリンク



ドラマ「手紙」広瀬アリス演じる中条朝美を取り巻く人々

中条朝美は令嬢として登場します。

ドラマの見どころとしては、直貴の秘密がバレ、結婚が破断していくところ。

直貴側から見ると、兄の事であと一歩の所でつかみかけた幸せが遠のいていく場面ですね。

 

朝美の父・中条浩臣役で榎木孝明さん。母・中条京子役に西田尚美さんがキャスティングされていきます。

最終的に父が結婚に反対していく訳です。

 

そして、もう一人、嘉島孝文役に中村倫也さん。

孝文は朝美の従兄(いとこ)で、許嫁。

結婚すれば中条家の遺産が手に入る立場です。

 

直貴と朝美が恋仲になるのとわりを食うのはこの孝文です。

彼が直貴の秘密を調べ、結婚を破断へと持っていきます。

 

・関連記事

ドラマ「手紙」中村倫也はどんな役?

 

スポンサードリンク



ドラマ「手紙」中条朝美の原作小説との違い

 

中条朝美はドラマと原作小説で、設定が若干異なります。

 

ドラマでは教師ですが、原作小説では大学の同級生という設定です。

 

恋人になり結婚へ・・・

 

という大筋の流れは変わりませんが、先生か同級生かというポイントが違います。

 

また、原作小説では、避妊具に穴を空け強引に結婚してしまおうと考える直貴の浅はかな場面も登場します。

幸せを何としてもつかみたいという一心が伝わります。

 

このシーンは映画では描かれておらず、ドラマではどんな展開になるのか興味のあるところです。

他の違いも知りたい方はこちらから

 

・関連記事

ドラマ「手紙」原作小説、映画との違いは?

 

手紙(映画)を無料で見たい方はこちらの記事から

 

 

今回広瀬アリスさんが演じる中条朝美は、直貴の先生として登場します。

年上女性をどう演じるのか、そしてどのように恋人になっていくのか?

 

実年齢では逆転しているだけに、演技力がポイントです。

教師に見えなかったらまずいですからね。

 

そこは広瀬アリスさんの演技に注目したいですね。