ドラマ「コード・ブルー」が月9枠で帰ってきました。

同作はフジテレビ系の大人気、
医療ドラマとして日本で初めて「ドクターヘリ」を
扱ったドラマとして話題を呼びました。

今回は連続ドラマとしては、
3作目のシーズン3にあたり、
旧作からのファンの中では、
期待と不安が織り交ざった話が多数出ていますね。

中でも一つ「脚本家」についての話があります。

脚本はドラマにおいて、
物語の骨子となる部分なので、
極めて重要ですね。

そのため脚本家についての話は、
ドラマを見る上でとても重要なポイントの一つです。

今回は、気になるコードブルー3の、
脚本家についてスポットをあててみます。

コードブルー3のメインキャストについて

コードブルーのファンにとって、
何より胸を撫でおろした話は、
このメインキャストが続投するということです。

藍沢耕作役 山下智久
白石恵役 新垣結衣
緋山美帆子役 戸田恵梨香
藤川一男役 浅利陽介
冴島はるか役 比嘉愛未

まずは前作までのドクターフェロー4人と、
フライトナースの冴島はるかが、
そのまま出演します。

これに胸を撫でおろした、
ファンの人は多いでしょう。

本作は当然、続編ということになるので、
前作までのフェロー達がどのようになるのか、
とても気になるところです。

加えて、
ドクターフェローとして

名取楓馬役 有岡大貴(Hey! Say! JUMP)
灰谷俊平役 成田凌
横峯あかり役 新木優子
雪村双葉役 馬場ふみか

の4名が出演します。

灰谷俊平役の成田凌さんは、
前々作の「逃げるは恥だが役に立つ」
「人は見た目が100パーセント」に続き、
連続ドラマ出演です。

前作では、ヒロイン桐谷美玲さんの
ヒーロー役を演じ、
今回は月9抜擢です。

人は見た目が100パーセントでは、
クールなイケメン美容師の役を演じたので、
今回はどんなキャラを演じるのか、
とても楽しみですね。

ベビーフェイスな有岡大貴さんとのバランスを考えると、
ちょっとキャラがどうなるのか、気になりますね。

二人ともクールでした。

新木優子さんも、前作「CRISIS」に続いての
連続ドラマ出演です。

クールなハッカーの役がとても印象的でしたので、
コードブルーに合っていると思います。

やはり、扱うテーマが重いのと、
新人という立場ながらも、
救急医療の場に直面するので、
どうしてもキャラとして、
クールなキャラが多くなると思います。

先輩フェローも
藤川一男(浅利陽介)以外は皆クール

どういうチームになるのか、
とても楽しみなところです。

成田さん 新木さんは演技派であるので、
しっかり固まるのではないでしょうか?

コードブルー3脚本家について

そして、コードブルー3の
脚本家についてですが、
前作の林宏司さんに代わり、
安達奈緒子さんが担当します。

これは大きな変化ですね。

他のスタッフについても紹介すると

脚本: 安達奈緒子
音楽: 佐藤直紀
オープニング:佐藤直紀「Code Blue」
主題歌: Mr.Children「HANABI」
プロデューサー :増本淳
演出; 西本記、葉山浩樹、田中亮

音楽の佐藤直紀さんや、
演出の西本記さんは前作に続き続投しています。

そのため、
この脚本家の交代が大きなポイントだと思います。

他は大方コードブルーファミリーが手掛けていると言っても
良さそうですね!

これまで手掛けていた作品

安達奈緒子さんについては、
色々な声が上がっています。

神奈川県出身で早稲田大学を卒業しています。

大学卒業後、日本脚本家連盟ライターズスクールに通い
脚本家を目指してきました。

その後就職しますが、
一般企業ではなく
海外ドキュメンタリー番組の日本語字幕を作る会社です。

ドラマ、映像コンテンツの世界に関わっていきたい、
とずっと夢を追い続けていたわけですね。

その後2003年に第15回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞したことがきっかけで、
デビューすることができます。

その後2004年フジテレビ系スペシャルドラマ
「冬空に月は輝く」で脚本家デビューします。

本格的に脚本家として、
作品に関わるようになったのは2010年ころからです。

それでは、これまでどのような作品を手掛けてきたのでしょうか。