後半戦の放送が始まったコウノドリ2。
今回は第7話のあらすじ、感想を書いていきます。

前回の報道された第6話では産科医として葛藤していた下屋(松岡茉優)が一人の妊婦の死をきっかけに一から自分を見つめなおし、

どんな患者も救える産科医になりたいと救命への異動を決めました。

産科には新メンバー倉橋(松本若菜)が増え、新生産科として動き始めたそんなとき、タイミ小松(吉田羊)は腹痛を訴え倒れてしまいます。

小松の容体はどうなったのでしょうか?

そしてシングルマザーでありながら産科医として復活した倉橋と救命に移った下屋はどう活躍するのでしょうか?

第7話のあらすじから紹介していきます。

ドラマ「コウノドリ2」第7話 あらすじ

下屋がいなくなった産科でいつも通り行われた朝礼が終わり、この日も忙しい一日が始まろうとしていたとき、小松が腹部に痛みを訴え倒れた。

目を覚ました小松は心配しているサクラ(綾野剛)と四宮(星野源)に自身が以前受けた検査の結果を打ち明ける。

一年前に小松は子宮筋腫と診断されていた。

しかし心配するほど大きなものではないということと、休日に病院に行くことも億劫だったため痛み止めの薬を飲んでしのいでいたという。

半ば無理矢理検査に踏み切ったサクラと四宮だが、小松の病状は想像していたよりも深刻だった。

一年前のエコー検査だけではわからなかったであろう子宮内膜症による子宮腺筋症と卵巣チョコレート嚢胞が見つかったのだ。

薬物療法の手もあるがガンになる可能性はなくならない。

最善は子宮と卵巣の全摘出しかない。

それを聞いた小松は動揺を見せないように至って明るく振る舞う。

「私から子宮がなくなっても、世界が平和ならそれでいいか」と笑って。

一方下屋は救命の壁にぶち当たっていた。

搬送されてきた男の子は重症で、その子を前に下屋は何もできなかったのだ。

点滴のルート一つとることが出来なかったことに落ち込んだ気持ちを、珍しく屋上にいた小松に相談する。

小松に起きていることを下屋知らない。

小松は自分の事よりも下屋の相談にのっていた。

同期会に参加した小松、同期の皆の結婚生活の話や子供の話を否応なしに耳にする。

その帰り道、休日で子供を連れていたソーシャルワーカーの向井(江口のりこ)に遭遇。

母になる人生とならない人生、何が違う?と突然聞く小松に向井は違和感を感じることになる。

産科の新メンバー倉橋もまた子供がいることで特別扱いをされる現状に不満を感じていた。

女手一つで子を育てることに肩の力が入りぎてしまい、人への頼り方を忘れてしまっていたのだ。

そんな倉橋にサクラは仲間を頼れというがなかなか納得しない。

そこで小松は倉橋の子の保育園へ自分が迎えに行くと言う。

仲間ならこういう協力だってできるはずだと。

サクラは小松を誘ってある店に来ていた。

小松のためだけのピアノを弾きながら自分の思いを伝えた。

小松に助けられた恩は忘れない、いつでも助けると。

手術を終えた小松の目に入ってきたのはジャムパンと焼きそば。

サクラと四宮の気持ちだった。

向井は独り身として生きていくことになるかもしれない不安を口にする小松に、

おばあちゃんになってもずっと友達、何も心配しなくていいと伝え、

小松は仲間の温かさに涙を流した。

小松が戻ってきた産科は明るかった。

産科に日常が戻ってきた一方で新生児科では不穏な空気が流れていた。

講演会などを成功させ自分に自身がつきすぎている白川の異変に気付いた今橋(大森南朋)は白川を呼び出しアドバイスをするも聞く耳を持たない。

どこか暴走しているように見える白石に今橋の不安は大きくなっていく。

BABYのライブには珍しい客が来ていた。四宮だ。

四宮は驚くサクラに神妙な面持ちで相談があると言い出す。

ドラマ「コウノドリ2」第7話 感想

今回小松の人生においてターニングポイントとなることが起きました。

もちろん病状や決断といった見どころもたくさんあったのですが、

やはり心に刺さったのはペルソナメンバーの絆がしっかりと形になって表現されていたところだと思います。

小松の手術の日、仕事も手につかず時計ばかり気にしてしまうサクラと四宮だったり、

向井と小松の友情だったり、

小松には何の壁もつくらずなつく下屋だったり、

小松という人間がどれだけ愛されているかを突き付けられた回でもありました。

自分の事は二の次で人の心配をする小松だからこそなんでしょうね。

下屋は救命と産科の違いにまだついていけずにいますが、

白川より安心かなと感じます。

今の白川は完全に周りが見えなくなってしまっているのが心配ですね。

ドラマ「コウノドリ2」第7話 まとめ

次回予告ではやはり白川がやらかしてしまうようです。

白川はどうなってしまうのか。

そして四宮についても物語が動いていきそうです。

ペルソナメンバーはこれからも一緒に働いていけるのでしょうか?

第8話も見逃せません。

以上、ドラマ「コウノドリ2」第7話のあらすじと感想についてでした。