現在放送されている大人気の金曜ドラマ「コウノドリ2」

第4話が放送されましたね。

前回の第3話では産後うつをリアルに伝え、

無痛分娩についても触れていました。

第4話では第一子を帝王切開で出産した妊婦が二人目を自然分娩にて出産する「トーラック」を希望する妊婦の秋野蓮を安めぐみさんが、

新生児科に我が子が入院しているときに夫婦で旅行にいってしまう夫婦を木下優樹菜さんとパーマ大佐さんが演じられます。

木下優樹菜さんは第二子をトーラックにて出産されたようなので今回ゲスト出演されたのでしょうか。

それでは「コウノドリ2」第4話のあらすじと感想を紹介していきます。

スポンサーリンク



「コウノドリ2」第4話 あらすじ

第一子を帝王切開で出産した妊婦の秋野蓮(安めぐみ)が鴻鳥(綾野剛)の元へ紹介されてきた。

蓮の自然分娩に対する決意は並々ならぬもので、

家庭の中で長女に対し声を荒げて怒ってしまうのも全て帝王切開にて出産したのが原因で我が子を愛せていないという考えに縛られていたためだった。

お腹を痛めて産道を通して出産してはじめて、良い母親になれるという。

一方ペルソナでは人員不足が深刻化していた。

産科や新生児科、麻酔科ともに少しの余裕もない状態だ。

そんななかでトーラック希望の妊婦の存在はあまりにも現状を圧迫させるものだった。

トーラックはただでさえリスクのある出産で、

陣痛促進剤なども使用できないためなかなかお産が進まなかったり、

1000人に5人の確率で子宮破裂のリスクがあったりと医師も勧めにくい出産ではあるが、

鴻鳥は妊婦の希望を最優先に考えるべきだと話した。

産科医に研修に来ている赤西吾郎(宮沢氷魚)は産科医としての責任感が圧倒的に欠けていた。

そんな吾郎に四宮(星野源)は蓮の出産をしっかりその目で見ろと言う。

NICUで我が子が治療を受けている母・青木朋子(木下優樹菜)は退院の日取りを気にしていた。

経過観察で問題がなければ2週間前後で退院できると言っていた矢先、

無呼吸発作を繰り返し危険な状態に陥る。

家族に連絡をとるが青木夫婦は旅行中。

後日悪びれもせずお見舞いに訪れた青木夫婦に白川(坂口健太郎)は夫婦としての時間ではなく、家族としての時間を大切にしてほしいと訴えた。

トーラックでの出産を希望する蓮の陣痛が始まり急遽入院することになった。

だが子宮口が思うように開かずお産が進まない。

陣痛促進剤を使うことはリスクが高すぎる不可能。

それでも“いいお母さんになるために自然分娩がしたい”と蓮は必死に耐える。

このまま耐え続けていても母体にも赤ちゃんにも良くないと、

鴻鳥は帝王切開に切り替える旨を伝えるが蓮はかたくなにそれを飲み込もうとしない。

「頑張るからね」と長女の手を握った蓮に「ママはもう頑張ってる」と泣く長女。

その姿を見た蓮は帝王切開での出産を受け入れた。

蓮の帝王切開で初めて出産の偉大さを実感した吾郎は「おめでとうございます」と声をかける。

その表情は以前とはまるで別人のようだった。

出産した蓮に鴻鳥は言った。

「ここまで頑張ってくれたお母さんに、赤ちゃんもきっと感謝している。大切なのはどう産んだかではなく、どう思って産もうとしたか。その思いはきっと赤ちゃんにも伝わっている」と。

蓮の二人の子供たちにとって蓮は、きっと最高にいいお母さんですよ、と。

スポンサーリンク



「コウノドリ2」第4話 感想

今回はトーラックにて出産に挑む妊婦と、

親としての意識が少し足りない無責任な両親のお話でした。

トーラックのリスクだったり、第3話でも出てきたなんの根拠もない“迷信”もまだまだあるんだなと感じました。

同様にトーラックについては、いろいろな感想がありますね。

というか、帝王切開に対する偏見がまだまだ多いのだと思います。

そして、蓮の旦那は、ナオトさんをある意味越えてしまいましたね・・・w

嫁の出産より屋形船・・・

そして以前四宮とカフェで密会していた妊婦の正体も明らかになりましたね。

昔の同僚だったようで四宮先生の体裁は守られました。

個人的には吾郎の成長が嬉しかったのと、

病院を託児所と同じような感覚で“預けているから大丈夫”と、本当に存在するのかと驚いてしまった夫婦がとても気になりました。

症状の軽い重い関係なく、そうやって病院側に丸投げしてしまう親が存在する一方で、

産後うつになってしまうほど頑張ってしまうお母さんもいる。

出産も育児もそして親も、”こうだ”ということができないほどさまざまということなのでしょうね。

次回は切迫早産で入院する妊婦が登場します。

よく聞くワードでありながら、最悪の事態にすら陥ることもある切迫早産。

どんな物語なんでしょうね。

来週も楽しみです。