坂口健太郎さん主演のドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」

主人公黒川拓が冤罪事件の真相を追求し、真実にたどりつく様がドラマの見どころです。

また、毎回多種多様なゲストが出演するのも「イノセンス」の魅力の一つです。

第8話には片岡鶴太郎さんと星野真里さんがゲスト出演します。

この片岡鶴太郎さんが冤罪事件の被害者に当たるわけですが、とってもリアルなのです。

本記事では、「イノセンス」8話にゲスト出演する片岡鶴太郎に関して書いていきます。

スポンサードリンク



 

「イノセンス」8話ゲストの片岡鶴太郎さんはどんな役?

今や俳優としてだけでなく、画家、そしてヨガの達人としても有名な片岡鶴太郎さん。各分野でも様々な才能を発揮していますよね。

 

ドラマ8話では、式根大充(きしねひろみつ)役として登場します。

 

簡単にどんなキャラクターなのかというと、式根は24年前に起きた毒物混入事件の犯人として死刑判決を受けています。死刑の執行までに長い獄中生活を送っているのです。

第一話でもありましたが、日本の警察では容疑者に対して執拗な尋問が繰り返されます。自白強要ともとられることもあります。式根も同様に長きにわたる尋問の末に自白し、死刑判決を受けたわけです。

 

また、式根は末期のガンで、余命も残りわずか。そんなキャラクター設定です。

 

末期がんと言う事で、式根自身はとても痩せています。片岡鶴太郎さんもとても痩せているので、外見的にもかなりリアリティがあると思います。片岡鶴太郎さん自身とても痩せていて頬もこけてますからね。

役者としての経験も多く、外見も痩せているので、適任だと思います。

 

片岡鶴太郎さんは病気?痩せすぎでは・・・?

片岡鶴太郎さんを見て、「痩せすぎでは?」「実は本当に病気なんじゃ?」と心配される方もいると思います。確かに頬とかこけすぎですし、体もかなり細いですからね。

 

でもそんなことは無いんです。片岡鶴太郎さんは健康です!

その理由ですが、片岡鶴太郎さんがヨガの達人であることも関係しています。

 

ヨガ実践者の中では、食事にかなり注意される方がいます。肉食は血液を汚すという考え方から、肉を食べないのです。片岡鶴太郎さんは著書の中でヨガを中心に生活が回っていたことを話されていました。

その中で肉は食べずに、菜食だけと話をしていました。いわゆるビーガン(ベジタリアン)ですね。

それに加えて、一日一食の実践者でもあります。一日一食しかも菜食というのが、片岡鶴太郎さんのあの外見を作っているのですね。

病気で痩せているわけではなく、ヨガと食事スタイルによって、痩せていると言うわけです。

ちなみに昔はこんなにぽっちゃりしていました。

 

食事とヨガで絞られた肉体で「イノセンス」に登場する余命僅かの受刑者と言う役はリアルだなと思います。

 

今回おそらく、外見をみてリアルを感じる視聴者は多いんじゃないでしょうか?俳優としてのキャリアも長いので、演技も含めて好演するのではないでしょうか?

・関連記事

「イノセンス」藤木直人の妹役は?

「イノセンス」主題歌が話題に!

 

 

スポンサードリンク