先日NHKドラマ「アシガール」の第4話が放送されました。

ドラマも早いもので4回目ですねえ。

最初は間違って戦国時代へと行ってしまった唯も、第3話ではいよいよ足軽として初陣を果たす(?)など着々と夢に向かって一歩前進していますね。生命力が強すぎな感がとてもありますw

しかし、その一方で初めて合戦に参加した現代の女子高生、唯はその過酷な戦場を目の当たりにし気を失ってしまいました。

果たして、第4話はどのような展開を見せるのでしょうか?

感想・あらすじ(一部ネタバレ)をまとめてみます。

ドラマ アシガール 第4話視聴率

まずは第1話の視聴率についてですが、放送直後と言うこともあり、まだわかっていません。

こちらは、わかり次第載せていきますので、少しお待ちくださいね。

スポンサーリンク



ドラマ アシガール キャスト

メインキャスト

メインキャストをまとめます。

速川唯(唯之助) 黒島結菜

本編の主人公 脚だけが速いちょっとダルめの女子高生
戦国時代にタイムリープして出会った若君に恋をする。

現代で羽木家が滅亡していることを知り、若君を救うため再び戦国時代に舞い戻る

羽木九八郎忠清(若君) 健太郎

黒川城主羽木忠高の嫡男。本ドラマのヒーロー。
クールでルックスもカッコいい美男子。
仲間想いで勇敢で非の打ちどころなし

羽木成之 松下優也

若君の兄。母は若君と違い側室であるため、寺に預けられていた。
正室の子である若君が嫡男で、複雑な感情を持つ

吉乃 ともさかりえ

唯が戦国時代にタイムリープしてお世話になるおふくろ様。
人としてできな女性で、名言も多し。

松丸阿湖 川栄李奈

松丸家のお姫さまで、若君の許嫁。
両家の同盟のために若君に嫁ごうとする。
性格はおっとり、まさにお姫さま。

キャスト 第4話から登場!

あやめ 森優作

女形の役者。今回、唯之助とともに忠清の閨に忍び込む。

ふき 中村静香

地元有力者・鐘ヶ江の娘。本来、忠清の元に行く予定だったが、唯之助の秘剣「でんでん丸」によって気絶させられる。

その他のキャスト

唯の父・速川覚 古舘寛治

唯の母・美香子 中島ひろ子

唯の弟・尊役 下田翔大

天野小平太 はんにゃ金田哲

天野信近 飯田基祐

羽木忠高 石黒賢

天野信茂 イッセー尾形

如古坊 本田大輔

木村政秀 正名僕蔵

千吉 竹井亮介 

悪丸 MAX

などです。

父・速川覚役の 古舘寛治さんは「逃げ恥」でゆりちゃん行きつけのBERのマスター役で登場していました。

ドラマ アシガール4話 みんなの感想 まとめ

アシガール第4話が終わっての、みんなの感想をまとめてみました。

同感ですね。
この辺の自然さがとってもうまいと思いました。

カッコいいと評判だった成之様も、実は何かを企てている、そんなシーンもあった4話でしたね。

この感想には笑いました。
唯が正式に天野家の家臣になってもらったこの赤い甲冑。

確かに真田丸、おんな城主直虎(井伊家)皆赤の甲冑ですね。

コストダウン?

若君さまに対しての好意的な感想ですね!

回を追うごとにファン確実に増えています!

スポンサーリンク



ドラマ アシガール4話の名シーン

それでは、私が思うアシガール第4話の名シーンについてまとめてみます。
一部あらすじとネタバレも含まれます。

あやめと潜入

第4話は、気絶した唯之助が目覚めるシーンから始まります。

戦は羽木軍の大勝利に沸き、周囲では宴が行われていました。

その夜、唯之助は芝居一座の女形役者、あやめと出会います。

女子が男装した唯之助と男性が女装したあやめ
ちょっとおもしろいです(笑)

唯之助は、若君忠清への思いをあやめに吐露するものの、あやめからは「身の程を知らない」と言われてしまいます。

それはそうです。この戦国の世では身分が者をいう世界なので。

しかし、唯は「本当にその人のことを想ったら、身の程とか、男とか女とか関係ないじゃないですか」と熱弁した。

それがあやめの心を打ったのでしょう。お互い同じ装うもの同士、心が通じやすかったのかもしれません。

あやめはそんな唯を気に入り、一緒に忠清の閨に忍び込むことになりました。

唯はホント、人の心をつかむのがうまいですね。

もちろん唯本人は「あやめに取り入ろう」とか、そういった気持ちは一切ないので、そこがよいのだと思います。

猪突猛進、まさに井本ややこさんですね。

ここで、そのままの格好ではまずいということで、ちゃんとした姫の格好をすることにします。

さすがは黒島結菜さん、ちゃんとした着物を着ると可愛いですね!

ちなみに原作ではこんな感じ

この後ドラマでは、ふき姫と入れ替わるために気絶させようとします。

一時はためらう唯ですが、

ふき姫が若君に取り入る趣旨の発言を裏で聞くと、

ためらいもなく「でんでん丸」で気絶させてしまいます(笑)

「御免」って感じでしょう。この辺は笑ってしまいました。

おお牧場はみどり

本来、忠清の閨に行く予定だった姫・ふきを秘剣「でんでん丸」にて気絶させ、入れ替わることに成功した唯。

若君のところに来ては見たものの、ノープランであった唯は、
忠清と戦の意義などについて語り合ったりした。しかも名前を「ふく」と間違える。

加えて、汗まみれの自分に気づく。
ノーシャワー、ノーシャンプー、ベリー汗まみれww

若君は「そうじゃ。せっかく参ったのだ。歌でも詠じてみるか?」と提案。

唯は「歌・・・でごじゃりますか? いや、それがしあの、はやりの歌など」と戸惑います。

そこで若君は「穏やかでおおらかで安らぐ歌がよいな」と続けます。

穏やかでおおらか。

唯之助は悩むが、「あっ」と思いつき、決意したように「では。失礼おばして」

そして堂々と、「おーまーきばーはーみーどーりー♪」と歌い、

しかも、「よくーしげったーもーのーだ♪ ホイ!!」と力強く熱唱して締めます

唯のチョイスは「おお牧場はみどり」現代人であれば、誰もが一度は音楽の時間に歌ったであろう名曲…

ちなみにこれチェコスロバキア民謡です。

おいおい、その歌じゃない。その歌じゃないぞ唯~、と視聴者の誰もが突っ込んだことでしょう(笑)

歌声に騒ぐ羽木家家臣たちに、唖然とする若君。

小平太が慌てて「なにやら奇天烈(キテレツ)な声が!? ご無事でございますか?」と駆け付けます。

キテレツな声とはすごい言われようですね。

まあ確かにおおらかで安らぐという意味では、間違っていないかもしれませんが。。。

驚くのが、この唯扮する「ふく姫」色気が全くない!全くないですね!!

黒島結菜さん、流石ですね。

ただ、その美貌と家柄もあり、上品な女性に慣れているであろう若君にとっては、そんな唯がとっても珍しく映ったようですね。

普通の女子と同じように接してその他大勢になるより、奇天烈な歌で印象に残したわけですから、唯にとっては一歩前進ですね!! やったー\(^o^)/

アシガールばかり見てると、黒島結菜さんって色気ないじゃん、って思いがちですがそんなことないんですよ。

これをみると、女優さんなんだ!って改めて思います。

若君がなじんできた!

第4話を迎えるにあたり、もう一つ印象に残ったことがあります。

それは、健太郎さん演じる若君が結構なじんできたことです。

ドラマが始まった当初はまあいろいろと違和感もあったわけですが、ここにきて大分違和感も取れてきたように思えますね。

唯と実際絡むことになったので、視聴者としても親しみがでてきたのではないでしょうか?

健太郎さん目が綺麗なので、カッコいいと思いますね。

ここにきて大分若君らしくなりましたね。

雰囲気がいいと思います。

まとめと次回のみどころ

唯と若君が急接近した第4話でしたが、話は戦国物らしく新たな戦へと突入していきます。

天野家に正式に雇用され、浮かれていた唯でしたが、
奪い返した小垣城を守るための新たな戦が始まります。

しかし、兵力の差は歴然としており、1000人の羽木軍に対して、高山軍は3倍の3000人。

戦力の差は明白で危機が迫っています。

唯之助はその状況を挽回するため、現代へ戻ることを決意。また弟の尊(下田翔大)に何らかの発明をしてもらうつもりだ。

唯之助「21世紀の科学の力でなんとかします。尊が」

弟任せかーいって感じがしますが、尊君になんとかしてもらいましょう!

次回第5話も楽しみですね。

以上ドラマ「アシガール」第4話のあらすじ(ネタバレ)・感想についてでした!