森本梢子さん原作の人気コミック「アシガール」が、
2017年9月25日からNHKで実写ドラマとして放映されます。

主演は今とっても勢いのある若手女優、黒島結菜さんと言う事で、
キャスティングも注目されています。

アシガールといえばヒーロー役である「若君」が、
とてもキーになるキャラクターですね。

カッコいいイケメンの若君を実写ドラマでは誰が演じるのか?

原作コミックのファンや、これから原作を読む人にもとっても注目な若君のキャスティングについて書いていきたいと思います。

アシガール 「若君」とは

アシガールは普通の女子高生である、速川唯(16)が弟の作ったタイムマシンで、戦国時代にタイムスリップしてしまうという、時空を超えたラブコメディです。

戦国時代に迷い込んだ唯は、黒羽城城主の羽木忠高に仕えるわけなのですが、その嫡男である羽木九八郎忠清こそが、「若君」です。

城主の嫡男(長男ではないけど後継ぎ)ということで、城の跡取りであり、「若君」と呼ばれている訳ですね。

そして、この若君ですが跡取りだとか、そういう以前にとにかく超が付くイケメンです。
長身でイケメンそして、優しいというまさに王子様という言葉がぴったりです。(実際嫡男なので王子に近いですね)

原作の若君を見てもわかりますが、色白の美男子という言葉がぴったりです。
女子が憧れる王子様といった感じでしょうかね。

唯が好きになってしまい、危険な戦場に出てまで会いに行きたくなってしまう気持ちもわかる気がします。

このイケメン王子の若君と、野生児に近い女子高生唯が
だんだんと男女の関係になっていくのが物語の見どころですね。

アシガール「若君」を演じるのは?

そんな若君ですので、原作アシガールの読者には、「若君」のファンがたくさんいました。

コミックの実写ドラマ化が決まると、
まず注目が集まるのがキャスティングですが、
この「アシガール」でももれなく注目が集まりました。

その注目された「若君」役は若手俳優の健太郎さんです。

もしかしたらご存じない方もいるかもしれないので、
プロフィールを紹介します。


*http://www.image-enter.co.jp/より引用*

名前:   健太郎
生年月日: 1997年6月30日
年齢:   20歳
身長:   178㎝
体重:   74㎏
出身地:  東京都
特技:   バスケットボール
事務所   イマージュエンターテイメント

14歳の時にボンイマージュに所億し、モデル活動をしていました。
MEN’S NON-NOやsmartといったファッション誌にてモデルとして活躍します。

その後はモデル業以外にも俳優業として活動の幅を広げ、
ドラマ昼顔ー平日午後3時の恋人たちーでドラマデビューを果たします。

その演技力が注目され、とらんじっとがーるずや学校のカイダンなど、次々と話題作に出演します。

まさに今勢いのある若手俳優の一人であると言えるでしょう!

そしてその勢いそのままに今回の「アシガール」では、ヒーロー若君役として大抜擢された訳ですね。

健太郎さんの俳優人生においても注目される作品だと思います。

原作と実写の違い

さて、人気・実力ともに上り調子の健太郎さんが演じると言う事で話題を集めた訳ですが、忘れていけないことがあります。

それは、原作のイメージとの比較になります。

これは純粋に作品を楽しむという意味ではやるべきでないのかもしれませんが、気にする人は多いと思うので、この点についても触れてみたいチオ思います。

原作の若君は、長身で美形のイケメン王子様です。

戦国時代の武士ではありますが、
ゴツゴツした武闘派キャラではなく、
クールで優しい王子様です。

俳優で行くと、三浦春馬さん、福士蒼汰さんや成田凌さんあたりでしょうか?

一方の健太郎さんもイケメン俳優ではあるのですが、一点注目すべきポンとがあります。

それは、体重74㎏というがっしりとしたスポーツマン体型である点です。
色黒で体育会系イケメンと言う事で、女子からすると間違いなく人気のあるタイプだと思いますが、
原作の若君かと言われると、少し違う気がしてしまいますね。

事実、健太郎さんもイケメンですが、
原作で描かれているモデル風のイケメンとはイメージが違うなって思います。

ただ、戦国の武者としてみれば、健太郎さんが演じる「若君」は強そうで、説得力がありそうです。

健太郎さんなら、合戦の場で馬にまたがり槍を振り回す勇ましい姿が想像できますね。

「アシガール」の、
主人公の唯が一目惚れしてしまい、戦場に出てまで会いに行く、

という前提だけを考えるのであれば、
強くて男らしい若君もアリなのでは、と思いますね。

どんな「若君」を演じるのか、とても楽しみですね。