アシガールには個性豊かな魅力あふれるキャラクターがたくさん登場します。

主人公の唯はもちろんですし、
若君は理想の王子様でカッコいいしとっても魅力的です。

そんなキャラクターの中に、奇念というキャラがいます。

ドラマ「アシガール」の公式サイトをみても、
Wikipediaを見てもこの奇念の名前は出てきません。

しかし、当サイトではこの奇念について注目してみたいと思います。

なぜ、主要人物と思えないこのキャラクターを注目するのか?
そして、この奇念とは何にものなのか?
ドラマに出てくるのかetc・・・

今回はこの奇念についての特集です。

奇念に注目する理由

まずは私が奇念に注目する理由をお話します。

この奇念については、原作者である森本梢子さんが意味深なコメントをしているのです。

そのコメントは原作コミック8巻のあとがきに記載があります。

「奇念はこのあと大事な役になりそうな予感?」

このフリなのか、なんともいえないコメントに、
奇念が重要な役割を担う??とも思えるコメントの記載があるわけです。

すごく気になります。

事実どうなのかは今後に注目するしかないのですが、
9巻以降「唯」との接点も増えるであろうことが予想されます。

作者の森本先生が注目している!

というのが一番の理由です。

スポンサーリンク



奇念とは?

6巻で阿湖を助けるために、阿湖と唯が入れ替わり、高山家に捕まってしまいます。

唯を助けるために、若君が阿湖の兄として高山家に行きます。

そして、無事唯を救出!

その後追ってにおわれてしまうのですが、寺に匿ってもらいます。

奇念は高山軍からの追撃から逃げ延びる際、唯達を助けてくれる寺の小僧さんです。

こちらですね。下っ端の小僧さんと言う感じですね。

和尚の名前が平念ですので、和尚さんの「念」という名前をとって、奇念です。
兄弟子は白念です。

ちなみにその後、兄弟子の白念が高山家に若君たちのことを密告してしまうのですが・・・
いい人そうに見えるのですけどね・・・

一方で奇念と和尚さんは唯達と一緒になって、山を越えるのを手伝うわけですね。

そんなこんなもあって、奇念は7巻以降に登場していくキャラクターです。

しかし、このルックスが特徴的で、
絵のタッチもなんだか適当ですね(笑)

イケメン若君とは対照的過ぎます(笑)

ただ、個人的には、このルックスもあいまって、
いいキャラしてると思いますね。

奇念は8巻の最後で修行のたびに出ることを唯に伝えます。

「これから修行にでて人のため世のためを学び、
いつか若君の役に立てる様になったらここに戻りたい」

こうして修行のたびに出るわけです。

奇念に関してはこんな書き方もされていて、
思うのは、森本先生のお気に入りのキャラではないかと思いますね。

そういうのもあって、奇念は
今後キーマンになるかもしれないキャラクターですね。

スポンサーリンク



ドラマで奇念を演じるキャストは

そんな奇念なので、ドラマ「アシガール」にも登場するのではないかと、
こっそり期待していますw

個人的には、8巻の内容でドラマが最終回を迎えると思っているので、
奇念の登場も恐らくあるかと思っています。

奇念のイメージからすると、
小僧さんなので、小さくて坊主感が感じられる人であればよいと思いますね。

主要なキャラクターではないのでキャストも発表されていませんので想像が膨らみます。

もちろん、ドラマでは出演しないという話もあるかもしれませんが、
そこは、森本先生お気に入りのキャラです。

何かしらの形で登場するのではないでしょうか?

今回は、アシガールのキャラクター奇念についての記事でした。

ドラマでの登場も楽しみですね。