森本梢子さん原作のアシガールですが、
同作品において注目されるキャラクターがいます。

それは、、、

若君です!!!

アシガールはジャンルとしては「ラブコメディ」に分類され、
主役速川唯が恋する相手役こそ「若君」です。

この若君がファンの間で、かっこいい!かっこよすぎる!

と賞賛の嵐なわけです。

おそらく、ドラマ化に伴い、
この「若君」について興味を持っている人も多いでしょう!

今回は若君が何故かっこいいのか
そこについてまとめてみました。

ルックスがかっこいい

まず、若君はルックスが飛び抜けてかっこいいのです。

顔は見てのとおりの超イケメンです。
まずはこのイケメンにやられてしまいますね。

甲冑姿や着物姿も様になっています。
馬に載る姿も、座る姿も、全て。

戦国時代の若様だから、国がちがえばれっきとした王子様ですからね。

服装も戦国スタイル(?)でもかっこいい若君なのですが、
実は現代にタイムスリップし、今風の服も着こなしています。
コミック4巻参照

これがまたよく似合う!
制服を着ればイケメン高校生ですし、普通にモデルですね。

これは、若君が長身であることも大きいと思います。

事実、現代にタイムスリップした折は、
看護師の人たちからめっちゃモテています。

これは人気がないわけが無いですね。

その内面がかっこいい

ルックス最強の若君ですが、
実はその人気はルックスだけにとどまりません。

事実この手の女性向けコミックで、
イケメンのヒーローは沢山登場します。

顔やルックスというのは、たいてい個人の好みというのも出ると思いますが、
若君に関しては、その内面を推す声も多いのです。

ちゃんと世の中の女子は内面も見ているのですよ。

若君は城主の嫡男ということで、跡取り息子です。

いすれは大勢の家来を率いる立場になります。

自分の判断ミスで家来が路頭に迷ったり、命を落としてしまう訳ですね。

大将になるには、その器が必要だといわれますが、
若君はいつも冷静沈着なのです。

こういう器の大きさは人間としてかっこいいですね。

ピンチになると人間は、本性が出るとよく言います。

表面を取り繕っていても、ぽろっと本心やその人の本性が露呈してしまいます。

若君はもちろんピンチの場面でも、狼狽なんかしませんよ。

むしろ、そんな時にきちっと相手に気を使えてしまうかっこいい男なのです。

コミック7巻では、唯がこんな風に語っています。

「私わかった。若君の笑顔がこんなに胸を打つのは、みんなを安心させて励ましたいという気持ちがこもっているからなんだ。」

ヤバくないですか、これ。

苦しいときに、そんな若君が周りの家来たちを安心させるために、
あえて笑顔を見せるという。

なんてできた若様なのでしょうか!!

ピンチのときに大将が笑顔を見せれば、周囲もおのずと安心してきます。

苦しいときに自分ではなく周りのことを考えられるというのは、
本当にかっこいいですね。

そしてそんな若君が・・・

そんな超イケメンの若君ですが、
実は女性に対しては「唯に一途」であるのがまた好感を得ているポイントです。

「女の趣味は珍妙」なんて言われちゃってますが、
明るい唯ちゃんだって魅力的ですけどね!

読者は唯に感情移入するでしょうから、
一途な若君はみんなが好感を持つポイントです。

その一方で若君はこんなセリフも

「まだ腹は決まらぬか」Sっぽい発言をする一方で
「毎夜会いにゆける」とかさらっと言っちゃいます。

こんなルックス、内面もしっかりした男性に言われてしまったら、
そりゃー落ちちゃいますよ!

そして、唯にだけ見せる自然な笑顔・・・・

もう説明の必要はないですねw

強くて、やさしくて、頼りになる、正真正銘の王子様です!

若君がかっこいいのが、よくわかりました!