人気コミック「アシガール」、とにかく若君人気が凄い!

原作を読めばその良さがわかりますが、
ルックス、内面ともに本当にカッコいいですね。

そんな若君の本名は羽木九八郎忠清といいます。

アシガールの登場人物を見て気がつく人もいるかと思いますが、

羽木成之 という登場人物がいます。

これって誰なんだろうと疑問に思う人もいるでしょう。

タイトルに書いてしまってますが、
若君のお兄さんです。ネタバレですねw

気を取り直して(?)今回は羽木成之について書いていきたいと思います。

羽木成之ってどんなキャラ

羽木成之は、若君忠清のお兄さんです。

目は口ほどに物を言うとありますが、
なんだか性格が悪そうと思うのは私だけでしょうか

若君のお兄さんであり、城主羽木忠高の長男です。

ん、若君のプロフィールを見ると、若君は羽木忠高の嫡男とありますね。

ここで嫡男について説明すると、正室が生んだ第一子を嫡子と呼び、
男の子の場合嫡男と呼ばれます。

戦国時代は、「家」を守ることが第一、血を絶やさないことが最も優先とされたので、
正室(本妻)以外にも側室として妻を囲っていました。

そんな感じなので、ひと昔話題になっていた大奥のような話が出てきます。

羽木成之は、若君より先に生まれているのですが、
側室の子供であったために、羽木家の跡取りは正室の子供である若君になったのです。

なので武家の習わしとはいえちょっと複雑な関係です。

羽木成之は、羽木忠高と側室である「お久」との間に生まれた子供です。

しかし、羽木忠高は二条の正室(若君の母)を向かい入れたため、
お久は城の外へと追い出されてしまうのです。。。

哀しい話ですね。

そこで成之を生むのですが、今度は母のお久が病死してしまいます。

幼少ながら一人になってしまった成之は、城で引き取られることもなく、
寺に預けられることとなります。

この辺の境遇を見ると、羽木成之のあの「目」の意味が分かってきますよね。

不遇な幼少期を送り、誰かを恨んでいる目です。

成之は本心を誰にも語ろうとはしません。

それもそのはずです。

その矛先は、あの若君に向けられているのですから
(ちょっとホラーっぽいですね。。)

城を追い出されてしまった理由は若君にあると思っている訳です。

若君はルックスもよく、家臣たちにも慕われています。

そんな若君を妬む気持ちも強いのでしょう。

男の嫉妬や妬みは怖いですねえ。

原作でも裏で様々な事を企てます。

実際の戦国の世でも兄弟同士での争いごとは避けられないことが多いです。

織田信長も弟の信行と争っていますし、
戦国の世の兄弟げんかは凄まじいものがあります。。。

スポンサーリンク



ドラマで羽木成之を演じる役者は?

ちょっと不気味なキャラクターである羽木成之をドラマで演じるのは、

ボーカル&ダンスグループ「Ⅹ4」の松下優也さんです。

簡単にプロフィールを紹介します。

名前:松下優也
生年月日:1990年5月24日
身長:180㎝
年齢:27歳
出身地:兵庫県西宮市

小学校6年生の12歳の時に、テレビの年末番組を見て歌手の道を志します。
年末番組というと、紅白やレコード大賞でしょうかね。

その後、ゴスペル音楽にボーカル活動をし、15歳の時に運命の出会いが。

そう、「ソウルミュージック」と出会います。

そして、ニューヨークに単身渡米を決意。
同時に高校へは行かず、音楽の勉強をすることを決意します。

「自分は音楽で生きていくんだ。」

わずか15歳の時にそのように決意したわけです。
普通は高校に進学するのが当たり前の中で、これはすごいことだと思います。

周囲の友達と同じように高校に進学して、というのが一般的な生き方の中で底をあえて違う道に行くというのは中々出来ない事です。

その後音楽を中心に活動していきます。

2005年にJin Nakamura氏(柴咲コウ・EXILEなどを手掛ける)に見出され念願のデビューに向け、正式に音楽作成をスタートさせます。

そして、2008年に夢を叶え念願のデビューへと至ったわけですね。

わずか15歳で自分の進路を決め、そして夢を叶えたのでとても生き方に軸のある人だと思いますね。

ただ、ここまで行くと、松下優也さんはミュージシャンであることは分かりますが、何故「アシガール」に出ているのかわかりませんよね。

実は音楽活動だけでは無く、2009年からは俳優活動もしています。
しかも舞台俳優として活躍をスタートさせており、役者としても叩き上げですね。

2011年からはテレビドラマにも出演。音楽活動に俳優活動とマルチに活躍の幅を広げます。

最近では、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」にも「岩佐栄輔 役」で出演しています。


*http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/より引用*

蓮佛 美沙子さん演じる「ゆり」の旦那(最終的に劇中では結婚)にもなる重要な役を演じ、演技に対しての評価が高いための抜擢でありました。

今回はNHKつながりでの「アシガール」への出演だと思いますが、
同時に役者としての実力を買われての出演だと言えますね。

私も松下優也さんをあまり知らなかったのですが
役者としてもその実力は高いようですね。

スポンサーリンク



まとめ

羽木成之はその側室の子というその生い立ちから、不遇ともいえる幼少時代を送っており、心に闇をもった人物であります。

ただ若君のお兄さんであるだけではなく、
実際「羽木家」を乗っ取ることを画策もするので、策士ともいえる人物です。

明るい展開のアシガールにおいても、闇を抱えた羽木成之の存在は異質でドラマでもどのような登場をするのかとても注目です。

役としては難しいキャラクターなので、実力のある松下優也さんが抜擢されたのでしょうね。