ドラマ「ぼくらの勇気 未満都市」が
2017年7月21日にスペシャルドラマとして復活します。

同作は1997年に連続ドラマとして放映された
「ぼくらの勇気 未満都市」の続編版として
公開されます。

同作は、主演のKinKi Kids,
デビュー20周年記念のイベントとして放映されます。

KinKi Kidsファンには楽しみな企画ですね。

今回は、1997年当時に出演していた、
キャストについて紹介していきたいと思います。

私もKinKi Kids世代なので、
とても懐かしいです。

それではいってみますね!

本編のあらすじ

1997年の本編は、千葉県の臨海幕原という海浜都市が舞台。
(幕張がモデルであったといわれています。名前も似てますね。)

同地区に大地震が発生したとのニュースが報じられ、日本はパニックに。
そんな中主人公ヤマト(堂本光一)は、
親友であるキイチ(小原裕貴)が臨海幕原にいると知り、
助けるために単身乗り込む。

一方タケル(堂本剛)は、災害ボランティアとして、
臨海幕原に向かう。

しかし、この大型地震は実はただの地震でないことを、タケルたちは知らない。

問題は災害だけではなく、「T幕原型」という新種の微生物に、
街が汚染されてしまうという、バイオハザード
であった。

日本政府は、その事実を国民に隠ぺいするため、
地震という見解を発表したのであった。

微生物は猛威を振るい、
全ての大人は倒れ、街は未成年だけとなってしまう。

政府はこれ以上の被害拡大を防ぐため、街を封鎖する。

そして、大人のいなくなった街の残された
子供たちが様々な問題に直面しながらも、
新しい秩序を作っていく。

というお話です。

バイオハザードが発生したというSF的な作品ですね。

結構斬新な内容だと思いました。

単純に今これが民法ドラマとして、
放映されるかと思うと少し疑問です。

1997年という時代だから作れた作品なのかもしれないですね。

メインキャスト紹介

堂本光一 ヤマト役

1979年1月1日 奈良県出身

言わずと知れた、KinKi Kidsのメンバー光一ですね。
王子様な見た目とは裏腹に、
ズボラな感じとかとっても良いですね。

現在は、舞台「SHOCK」シリーズなど、
幅広く活動しています。

ぼくらの勇気未満都市では、
主役のヤマトとして登場しています。

ヤマト

copy=”YES”SH905i
*https://matome.naver.jp/より引用*

本編においての主人公、18歳の高校生という設定。
ヤマト自身は物語の舞台である幕原にはおらず、
名古屋の進学校で勉強している。

大地震のニュースが政府から報道された際、
親友のキイチが気になり、単身で幕原に向かう。

その道中でタケル(堂本剛)と出会う。

性格は、熱血で正義感がとても強い反面、
意外に神経質な面を併せ持っている。
親友のキイチの談によれば、
几帳面でもあるという

仲間のために危険を顧みず薬の調達に向かったり、
怪我した人を放っておけないなど、
思いやりのある心を持っている。

そのため、仲間からの信頼を集め、
徐々にリーダーとなっていく。

ヤマトの活躍で無秩序であった、不法地帯の幕原は
秩序ある社会へと変わっていく。

物語の終盤では、隠蔽を行う政府に対し、
総大将として宣戦布告を行い、
激しい戦いをけん引した。

堂本剛 タケル役

1979年4月10日生まれ 奈良県出身
KinKi Kidsのメンバーで愛称「剛」

デビュー当初は、事務所の意向もあって、
男らしいキャラを演じさせられてましたが、
実はのほほんとした性格ですね。

(そのおかげでパニック障害になってしまいましたね)

「堂本和尚」などという愛称もありますね。

ストイックな光一とは違い、
ライブの練習などでも、
その場の雰囲気で練習したりと、
とてもマイペースですね。

剛しか着こなせない特徴的なファッションと、
ジャニーズで群を抜く歌唱力。

剛の歌声は別格ですね。

マルチな才能にあふれています。

タケル


*https://matome.naver.jp/より引用*

本作のもう一人の主人公で18歳

熱血漢で几帳面なヤマトとは違って、現実主義者。
幕原ではムードメーカー的な存在だった。

大地震が発生したと報じられた幕原には、
ボランティアとしてきた。
しかし、それはあくまで表面上の理由で、
本当は姉を探しに来ていたのだった。

あるとき、ユーリ(宝生舞)が女であると気づき、
彼女を好きになってしまう。
普段は感情の起伏を見せず、
怒ったり、悲しむ姿を見せることも少ないが、
ユーリの死を知った時は、驚くほどに激高した。

政府との最終決戦では、
作戦を練ったり、仲間の調整を行ったりと、
陰からヤマトを支える役割をしてきた。

リーダーのヤマトと共にタケルは参謀として戦う。

宝生舞 ユーリ役

1977年1月29日生まれ 大阪府豊中市出身

当時は若手女優として売り出し中でした。

堂本光一さんとは、「銀狼怪奇ファイル」で
共演していて、その印象が強く残っていますね。

そのほかにも「ショムニ」など女優業を行い、
2010年に「ボックス」を最後に引退されています。

1990年代後半を代表する若手女優の一人だと言えますね。

ユーリ


*http://takumegane.at.webry.infoより引用*

幕原にいる若者の一人。
集団の中で、唯一拳銃を携帯し、
周囲の人間から恐れられる。

拳銃をちらつかせ、食料や物資を強奪していたが、
実は自分のためではなく、
弱い者に配るために行っていた。

ぶっきらぼうに見えるが、根はやさしい。

「俺」という一人称を使い、
実際は女なのだが、周囲になめられないために
あえて男装している。

物語では、ヒロイン。

主人公ヤマトとたびたびぶつかるが、
その勇敢さと仲間思いの優しさに次第に惹かれていく。

その一方でタケルにも恋焦がれられるだが・・・

松本潤 モリ役

まつもと じゅん、1983年8月30日 – )

1983年8月30日生まれ 東京都出身

言わずと知れた、嵐の「松潤」です。

松潤にとって、この「ぼくらの勇気 未満都市」は
なんとドラマデビュー作でした。

「花より男子」などでアイドルだけではなく、
俳優としてもブレイクしている松潤ですが、
このドラマから俳優人生がスタートしたのですねえ。

モリ

ユーリ(宝生舞)と共に行動していた少年。

当初気弱で臆病な性格であったが、
ヤマト(堂本光一)達と行動を共にすることで、
次第に成長していく。

政府との最終決戦では、
最後までヤマトたちと戦い抜いた。

相葉雅紀 アキラ役

1982年12月24日生まれ 千葉県出身

嵐の相葉ちゃんです。
実は彼もこの作品がデビュー作。

今を時めく嵐のふたりが、出演しているなんて、
改めてこのドラマはすごいですね。
鳥肌が立ちます。

相葉さんはアキラ役で出演します。

アキラ

もともとリュウがリーダーとして仕切っていた、
不良グループに属していた。
いつもマコトと二人で行動を共にした

一時はヤマト達を恐喝しようともしたが、
次第にリュウに対して嫌気がさしていたアキラは、
いつしかヤマト達と行動を共にするようになる。

最終決戦では、ヤマト達と最後まで行動を共にした。

小原裕貴 キイチ役

1980年5月21日生まれ 神奈川県出身

元ジャニーズジュニア。
今では知らない人が多いと思いますが、
それもそのはず、2000年にジャニーズを引退しています。

ジャニーズをというか、芸能界をですね。

その後、亜細亜大学を卒業し、
某広告代理店で営業マンとして活躍しています。

キイチ

ヤマトの親友ではあったが、幕原で再開した時はその暴力が支配する秩序の中、
ひどく荒んでいた。
しかし、ヤマトと再会をすることで、
もとの自分を取り戻していく

矢田亜希子 スズコ役

1978年12月23日生まれ 神奈川県出身

矢田亜希子さんは当時上り調子でした。
この作品をきっかけにどんどん上に行き、「やまとなでしこ」の若葉ちゃんでブレイクした感がありますね。押尾さんとの件があるまでは、清純派女優として、大人気だったのですが。

本作ではスズコ役で登場します。スズコはヤマトの彼女なのですが、物語のヒロインはユーリです。

スズコ
当初ヤマトが幕原にいると知り、静観していたが、ヤマトが生きていると信じ幕原へと向かう。
最初は独自の秩序ができた幕原になじめず、
外の世界(普通の日本)の話をすることが多かったが、
次第に仲間に溶け込んでいく。

ユーリがヤマトに気持ちを向けられなかったのは、
スズコという彼女がいたからでしょうね。

まとめ

以上、1997年放映の「ぼくらの勇気未満都市」
に出演したキャストについてまとめてみました。

改めて思うのは、出演していたメンバーが豪華だということですね。

KinKi Kidsのふたりだけでなく、松本潤さんや相葉雅紀さんも出演しており、多彩なキャストが出演していたのだと改めて思いました。

また、ストーリーも
「大人がすべていなくなった新しい秩序の世界」
ということで、
スケールがとても大きいです。

最後は政府と戦いますからね。

2017年7月21日放映のスペシャル版も楽しみです。

ぼくらの勇気未満都市、動画を視聴する方法

この「ぼくらの勇気未満都市」を見たくなったという人はいらっしゃるのではないでしょうか?

でも、1997年の作品、レンタル店にはさすがにないだろうし、
かと言ってもDVDを買うほど・・・

そんなことでお悩みの方には、
Huluを紹介したいと思います。

月額固定で「933円」で40000本のコンテンツが見放題です。



2週間無料で視聴可能な
トライアル期間もあります。

無料の動画サイトだと

・探す手間がかかる、
・動画の配信レートが安定しない
・画質が悪い
・ウイルス感染のリスク

といった問題があります。
特にウイルス感染は怖いですよね。

その点Huluであれば、
これらの心配は一切ありません!

しかもトライアル期間も2週間あります。

「ぼくらの勇気 未満都市」は
Huluで視聴されてはいかがでしょうか。