ドラマ『あなたのことはそれほど』の
第4話のネタバレ・感想を書いていきたいと思います。

視聴率とメインキャスト

#4 視聴率 9.9%

○主な登場人物○
渡辺美都(旧姓:三好)ー波瑠
渡辺涼太ー東出昌大
有島光軌ー鈴木伸之
有島麗華(旧姓:戸川)ー仲里依紗

あなたのことはそれほど 第4話のネタバレ

涼太は飲み会(光軌との密会)から帰って来ない美都が気になり、玄関からエレベーター前で光軌と電話で話しているのを覗き見ます。それを見ていた悦子はそろそろ自分の家に帰ると言います。
光軌はマンションに越してきた主婦の横山に美都と電話で話しているのを見られます。

翌日、美都は勤め先の眼科に悦子を連れて行き、院長は美都と悦子とランチに誘います。ランチを食べながら結婚の良さは何かという話をします。院長は「他人には言えない悪口を言える事、心の黒~い所を見せられる事」と言います。
悦子はランチ後、そのまま横浜に戻ると言い「涼太は優しくていい人で、怖い人かもしれない」と言い残します。

美都は、涼太は普通のいい人で、いい人過ぎて本当の話ができないと思っています。本当の所には自分の黒~い所が入ってしまうから。光軌は、美都の黒い部分も含めて抱き寄せてくれた、と思うのです。

光軌は会社で後輩が先日美都と会っているの見たと言われますが、上手い事かわします。

悦子が横浜に戻り、美都と涼太は自宅でのんびりテレビを見ています。
美都は涼太になぜ怒らないのかと尋ねます。涼太は悪口を言っても解決しないし、人を憎むのは疲れると言い寝室へ。涼太は美都の誕生日の事を考えているようです。

美都と光軌はいつものバーで会い、光軌が日曜日に麗華が帰ってくるから頻繁に会えなくなると告げます。
光軌は美都に、俺と会えない時用の趣味を持てと言います。
美都が光軌に趣味があるのか聞くと、光軌は「美都。いい趣味でしょ?」と殺し文句を言います。

麗華が里帰りから帰ってくると横山に話しかけられ、横山は光軌が電話で美都と食事に行く約束をしていたのを聞いてたので「今度旦那さんとお食事ですか?よく電話されてたから。」と麗華に聞き、麗華は曖昧に頷き、家に帰ります。

涼太が会社を出ると雨が降っています。大きなため息をついていると小田原が出て来て、今から現場に行くのに雨だと言うと、涼太は、お疲れ頑張れと声をかけました。小田原は涼太に「お前も頑張れよ」と意味深に言います。
涼太は小雨の中、傘をささずに家に帰ります。家では美都がメールを見て明日、光軌に会えるのを楽しみにしています。帰宅した涼太に楽しそうに話しかけ、その様子を見た涼太は「嬉しそうだね、何かあった?」と聞きますが、美都は涼太の作ったスープが激うまだったからと言います。
光軌から子どもが熱を出したから明日は微妙とメールが入り、美都はがっくりです。
涼太がご飯美味しいねと美都に話しかけても、気の無い返事で明らかに様子が違います。

美都は眼科の同僚から陶芸をしてると聞きます。同僚は陶芸の先生がイケメンで通っているようですが、美都の場合出会い目的ではなく「秘密の恋の暴走回避」の趣味なのです。
美都は、陶芸体験の看板を見つけ、陶芸教室に通うことにします。

美都は家で涼太に陶芸教室に通うと言い、涼太はカレー皿作ってと頼みます。美都は今のカレー皿だと涼ちゃんには少し小さいもんねと言い、涼太は「みっちゃんは僕を太らせたいの?柴犬がいいんでしょ?」と言いますが、鈍い美都は「涼ちゃんなら秋田犬になってもいい」なんて言います。

美都は光軌にも趣味ができた事を報告し、趣味は何でしょう?と光軌にクイズを出します。

美都は陶芸教室でろくろを回しながら、ふと「私、涼ちゃんのこと柴犬って言った事あったっけ?」と思いますが、深くは考えません。

美都の作ったカレー皿でカレーを食べる涼太。美都に19日の結婚記念日と誕生日のリクエストを聞きます。
美都は柴犬が笑ったような顔で自分を見る涼太が好きだなぁと思います。

陶芸教室で美都は涼太からのリクエストで蕎麦猪口を作っていると、先生が「有島さん久しぶりだね~」と言い、麗華が赤ちゃんを連れて自分の作品を取りにやって来ます。
美都は光軌の奥さんと分かり「可愛いですね。お父さん似ですか?」と声をかけます。美都の目は笑っておらず、赤ちゃんを可愛いと思っているようには見えません。
そこで光軌から趣味の答えを教えてくれとメールが来て、陶芸だと教えます。

美都は光軌と会うためにいつものバーで待っています。光軌は来ると、子どもの熱が奥さんにも移ったから早く帰らせてくれと言い、美都は自分ばかり会いたいみたいだとふてくされ顔です。光軌は趣味だからと美都の二の腕を触ります。
バーを出て美都と光軌が2人で歩いているのを小田原が見かけます。

翌朝、光軌は麗華の頬にキスして仕事に出ます。普段はしない事に麗華は驚き「やっぱり麗華はイヤ?」と光軌が言い、首を横に振りますが「麗華は」という所に引っかかります。
光軌は美都に誕生日のお祝いしようとメールし、誕生日前日に約束をします。美都は楽しみでたまらず、ハイテンションで涼太に陶芸教室の人達が誕生日を祝ってくれると話します。涼太は美都があまりに楽しそうなので「誰さんなの?香子さんは元気なの?」などと色々聞きます。

18日、涼太は小田原に飲みに行かないかと誘われますが、美都にお祝いのプレゼントを買いに行くからと断ります。小田原は「嘘の下手な奥さんによろしく」と言います。
美都はレストランで光軌の到着を待ちますが、光軌から子どもが熱を出して行けないと電話が入ります。ドタキャンされ、美都は「命に関わらないんだったら有島くんがいたって変わらない」と心無い事を言います。

涼太はプレゼントを選びに行き、帰りがけに香子に探りを入れようと偶然を装い、香子に声をかけます。香子は突然の事に驚き、涼太からの「体調もういいですか?温泉楽しかったですか?」と聞かれ、曖昧に返事をします。

結婚記念日と美都の誕生日当日、美都のリクエストで美都と涼太は素敵なレストランでシャンパンでお祝いをスタート。
美都は「やっぱり涼ちゃんと結婚して良かった。悪口言えなくても有島くんに会えなくても、私が笑顔でいられるのは涼ちゃんのおかげだ」と思います。
美都と涼太は料理を楽しみます。
涼太は美都に「綺麗だよ。結婚してくれてありがとう」と言います。そして「もしかしたらすごく好きな人じゃなかったかもしれないけど…2番目に好きな人と結婚するのが良いって言われたんでしょ?」と涼太は言い、美都はただの占いだよ?と言います。
涼太は「幸せなんだ」と言いながら涙を流します。美都はその様子に心配しますが「小心者の柴犬だから本当の事を聞けないんだ」と涼太が言い、美都は「涼ちゃんの事を柴犬って言った事あった?」と聞きます。

涼太は「無いよ。携帯でしか。しかも僕宛じゃない」と言い、美都は「なんで見たの?」と。

涼太は「君が(有島の)名前を呼んだから」「(携帯の)履歴は消してあるけど、君は大胆で、ずさんで、嘘が下手だ。」と言います。
涼太は「携帯を見る自分の浅ましさに、君の狡さに耐えられなくて確かめるのを止めてた」と言います。
美都は「確かめるって何を?」と聞き、涼太は「時々夜遅くかえるね?早く帰るとぼんやりしてる。帰りが遅くなる前日は機嫌が良くて、翌日は優しい。子どもはいらないって怒った日もあったよね?温泉の話も香子さんに聞いたよ?」と今までの疑問をぶちまけます。
「安心して?僕はまだ大丈夫。(有島の)番号を登録した。電話したらどんな人間が出るのか確かめられる。でも電話したら僕はどうなるのかわからなくて怖い。」と涼太は言います。美都は怒って当然だ、と言います。
「みっちゃん、僕はこの先どうあろうと、今の君がどうあろうと、ずっと君を愛し続けるよ。変わらずに愛し続ける事ができると誓うよ。」と涼太は言います。

「これが僕のプレゼントです」と涼太は不気味な笑顔で言いました。

サプライズプレゼント…私の夫は全然普通なんかじゃなかった…

《第5話に続く》

あなたのことはそれほど 第4話感想

最後のレストランでの2人の会話がぞわぞわしましたね。涼太の目が怖くて。あんな顔でずっと愛することができるよ、なんて言われたら、ゾッとします…
麗華に会った時の美都の目も全然笑ってなくて怖かったですけど。
美都は美都で光軌にいくら会いたいとはいえ、子どもの病気をほっとけっていうのはどんだけ自己チューなのかと思いましたね。
4話の予告で涼太が温泉の話をしているシーンが流れたので、涼太と光軌が顔を合わせるのかと思ってましたが、香子に会ってるシーンでしたね。早とちりしてました。

来週は、美都が麗華に会いに行くようでしたが、どうなるんでしょうか?美都は涼太の笑顔に不信感を抱き始めるようですし、視聴率が3話、4話と上がってきているので、来週もぞわぞわする展開を期待したいですね。