NHK朝の連続テレビ小説「半分、青い。」
「東京・胸騒ぎ編」が終わると、物語は「人生・怒涛編」に入っていきます。

鈴愛はそこで結婚するのですが、相手は誰なのでしょうか。

注目したいのは、森山涼次(間宮祥太朗 演)という「人生・怒涛編」の新キャラクターです。

私は、鈴愛は森山涼次と結婚するのではないかと予想しています。

鈴愛が森山涼次と結婚するであろう理由と、森山涼次について書いていきます。

「半分、青い。」鈴愛は森山涼次と結婚するのか?

まずは、森山涼次についてですが、鈴愛がマンガ家としてデビューするものの、夢に破れてしまう「人生・怒涛編」での新キャラクターです。

森山涼次は映画会社「クールフラット」の助監督で、尊敬する映画監督「元住吉祥平」(斉藤工 演)の元に居候しています。

3才の時に両親を交通事故で亡くし、叔母である“3オバ”こと藤村3姉妹に溺愛されて育ちました。
涼次は、爽やかで嫌味が無い好青年、そして、とっても優しいんです。
人の心を癒すことのできる、天性の優しさを持っています。

めっちゃ、良さそうじゃないですか。仮に結婚したのなら鈴愛も幸せそうですね・・・

だがしかし、涼次にはもう一つの一面があります。

「性格的に飽きっぽいため、何をやっても長続きしないのです。」

優しいけど何をやっても続かず、中途半端。
これが涼次のキャラクターです。

「一日一日の積み重ねが大切」

成功するために重要な事として、シアトルマリナーズのイチロー選手がいった名言ですが、裏を返せば続けなければ成功しないと言う事です。

涼次は継続が全くできない”だめんず”なのです。

この”だめんず”森山涼次を演じるのは、間宮祥太朗さんです。

プロフィール

名前:間宮祥太朗
本名 : 馬渡 祥太朗
生年月日: 1993年6月11日(24歳)
出身:神奈川県横浜市
身長: 179cm
血液型: O型
デビュー :2008年
趣味:ギター、音楽鑑賞、映画
*2018年5月現在*

*http://tristone.co.jp/actors/mamiya/より引用*

中学生の時に「ハナチュー」の人気読者モデルとして活動します。
(ハナチューはティーン向けのファッション誌)

その後2008年に「スクラップ・ティーチャー」というドラマに出演し、同作品が俳優としてのデビュー作になります。

2010年映画「Stand up boys」で初の映画出演、「ハーパー・リーガン」で初の舞台出演を果たします。

2013年の舞台「銀河英雄伝説」にて初の主演を果たします。


*http://tristone.co.jp/blog/mamiya/より引用*

宝塚っぽいですね。

その後「水球ヤンキース」や「弱くても勝てます」など連続ドラマに出演し。

2016年には「ニーチェ先生」にてドラマ初主演を演じます。

2017年の連続ドラマ「お前はまだグンマを知らない」で初の連ドラ主演を演じます。
着実にステップアップしている売り出し中の若手俳優です。

本名は馬渡と書いて、「まわたり」と読みます。
結構レアな名前です。

さて、このイケメン若手俳優の間宮祥太朗さん演じる森山涼次が、鈴愛の結婚相手だろうと予想する訳ですが、続いてその理由を書いていきます。

 

スポンサーリンク



 

「半分、青い。」森山涼次が結婚相手だという理由

それでは気になる「結婚相手である理由です」が、まずは「人生・怒涛編」の鈴愛がどうなるかがヒントになります。

ネタバレ要素も含むのでご了承ください。

鈴愛は漫画家という夢に挫折し、東京でとある男性と結婚してその男性との間に、
可愛い娘を授かります。

しかし、結婚した男は夢ばかり追いかけている人。

夢を追っている訳で夢は叶っていません。

 

これポイントです。

 

当然夢追い人の給料は少ない訳で、物価の高い東京では親子3人が

生活するにはとても足りないのです。

 

そうすると、稼ぎ手の旦那がこんな状態ですから、家計は火の車・・・
鈴愛はそれでも娘のために何とか節約して頑張りますが、旦那からは「突然夢を追うため」と離婚を言い渡されてしまいます。

 

これだけ書いているだけでも、かなりのクソ男だと怒りがこみ上げてきます。(鈴愛はいい子ですからね)

 

その「ダメ男」要素に適している人物ふが誰なのかというと、東京編までは該当者はいないのです。

 

「人生・怒涛編」では”だめんず”が登場するとの事で、新キャラクターの森山涼次こそ、ストーリー的に鈴愛が結婚してしまう相手なのではないかと思うのです。

 

もう一度振り返りましょう。

 

爽やかで、嫌味が無く、とっても優しい反面、飽きっぽく長続きしない。。。

 

森山涼次しかおらんでしょう!

 

鈴愛は漫画家という夢を挫折し、かなり傷心だと思います。

 

そんな中、爽やかイケメンが優しく接してきたら・・・

 

鈴愛も頼りたくなっても仕方ありませんね。

 

律は清(さや 古畑星夏)と付き合っているので、遠慮もあるでしょうし・・・

 

という訳で、鈴愛は森山涼次と結婚して、森山鈴愛になるものと思います。

 

どんな”だめんず”か、ドラマ本編を注目したいです。

スポンサーリンク



 

「半分、青い。」森山涼次が結婚相手だという理由その2

あらすじと森山涼次のキャラクターから、鈴愛の初婚の相手であると予想しましたが、結婚相手だと言う理由がもう一つあります。

それは、「人生・怒涛編」の新キャラクターに森山家の親族が登場する点です。

これはかなり決定的なポイントだと思います。

結婚すると当然その当人(夫・妻)だけではなく、親族も絡んでくるのは必然です。

これがなかなかドラマ的にはネタ(親族トラブル・嫁姑問題など)になってきます。

姑に意地悪される嫁は、ある種定番なところがありますから。

涼次は母親を既に無くしているので、通称”3オバ”こと3人のオバが姑代わりかもしれませんね。

 

藤村光江(ふじむら・みつえ)演 キムラ緑子

藤村三姉妹の1人で、藤村家の次女。大阪に若い頃嫁いだが、夫の浮気がきっかけで離婚。
大阪に一時いたことがあってか、怪しい関西弁で話す。
その後東京の実家に出戻って、甥っ子の涼次を母親代わりにに育てる。
涼次の母は光江の姉にあたる。

現在は100円ショップ「大納言」のオーナーをしているが、元は亡き父が始めたオーダーメイドの帽子屋だった。
店を100円ショップにしてしまった事を悔いている。

喜怒哀楽が激しい性格

藤村麦(ふじむら・むぎ)演 麻生祐未

藤村家三女。
性格はマイペース。しかし、現実主義なところがあり、言いたいことははっきり言う。
いわゆる「野鳥オタク」。その知識は豊富で近所のカルチャースクールで講師をすることもある。

姉光江の影響で、結婚には悲観的。

藤村めあり(ふじむら・めあり)演 須藤理彩

藤村家四女。かつては水商売をしていたが、その後結婚した。しかし、現在は実家に戻ってきている。東京の世田谷に住んでいたが夫とは数年前に別居した。

現在は家からほとんど出ない。ちなみに「引きこもり」ではなく、インターネットで株主投資で生計を立てておるためである。

田辺一郎(たなべ・いちろう)演 嶋田久作

藤村光江がオーナーの「100円ショップ大納言」の雇われ店長。

光江とはの小学校の同窓生。

とまあ、涼次の育ての親・光江他、個性豊かな親族も多数登場します。

鈴愛はかなーーり、濃い家と結婚することになるわけです。

キャラクターのプロフィールを見ていると、鈴愛が結婚してから苦労する姿が想像できます。。。

スポンサーリンク



まとめ

「半分、青い。」は「人生・怒涛編」を迎え、鈴愛は結婚・出産・離婚という人生の大イベントに直面します。

その中で、結婚相手は森山涼次になりそうですね。

後先考えない鈴愛なので、優しくされて勢いで結婚してしまうのでしょうか。

あらすじを読んでいると、かなり苦労させられそうで心配ですが、持ち前の明るさで乗り越えて欲しいです!

これまでそちらかというと、アップテンポできたドラマですが、この重たそうな内容がどんな感じで描かれるのか、ドラマ本編がとても楽しみですね!

これまで、律を始め周囲を振り回してきた鈴愛ですが、流石に今度は逆に「振り回され」そうです。